fc2ブログ
2005年12月14日

地獄少女 第11話

「ちぎれた糸」

つぐみちゃん、おかえり!
一、なんかヤバイ?


今回の依頼者は、息子である自分がドラックをやっていたというでっちあげの記事を雑誌で書かれたことがきっかけで、政治家である父が収賄で捕まり、家族がバラバラになってしまった雅哉。
標的は、記事を書いた稲垣。
でも、一番目立っていたのは柴田一でした。
一と稲垣は記者仲間として昔一緒に働いていたようですが、仲は良くないみたいですね。
一がスクープ写真を本人に売りつけていることで、でっちあげでもいいから売れる記事を書けと脅したり、稲垣、嫌な男です!

稲垣から雅哉の父親についての記事を書くよう稲垣から依頼されていた一と雅哉が早い段階で出会ったことが、今回の見所。
雅哉が稲垣に復讐しようとしていること、今、雅哉には殺人を依頼するほどの金がないことから、雅哉の依頼主が地獄少女だと推測!
復讐すれば自分も地獄行きになることをためらい、自分自身で復讐を果たそうとしたものの、空手有段者である稲垣にあっさり返り討ちにされた雅哉に、「糸は解くな! 復讐は何も生まない。稲垣のしたことは自分が暴いて記事にしてやる!」と言った一は格好よかったです。
ま、結局「今更そんなことしても、失った家族が帰ってくるわけじゃない」と雅哉が糸を解き、稲垣は地獄に流されちゃいましたけどね。
一目連や骨女に邪魔と思われたり、あいちゃんのことを「お前は間違ってる!」と言ってみたり、ただでさえスクープ写真を高値で売りつけ恨みを買ってそうなのに、一の身が心配です。
一がもし死んじゃったら、可愛いつぐみちゃんは家族をすべて失ってしまうことになりますからね!(←ここが重要)
今回もまた、あいちゃんのことを思い出したり、予知ビジョンを見たりしたつぐみちゃん。
絶対あいちゃんと何らかの関係があると思うのですが、いつになったらそこらへんが明かされるのかな?

そういえば、今回、おばあちゃんが出てこなかったような……。
ま、別にいいんですけどね。


地獄少女 1

Posted at 18:37:29 | 地獄少女 | コメント:6 | トラックバック:31

2005年12月07日

地獄少女 第10話

「トモダチ」

後味悪っ!

今回は友情がテーマの話でした。
仲の良かった詩織が急に自分を避けるようになり、おまけに自分をストーカー扱いしたことでクラスでも浮いてしまったみなみが復讐を果たそうと地獄通信にアクセス。
実際には、みなみ自身、30分に一度のメールとか、詩織が他のクラスメイトと仲良くしていると嫉妬丸出しの表情をしたりとか独占欲が強すぎて、いくら友達とは言えど、取りようによっちゃストーカーと言われても仕方ない態度をとってるわけなのですが、本人に悪気はないので被害者意識だけが増すんですよね。
詩織の態度にも確かに問題はあったけど、これだけで地獄に流されるのは流石に不憫だと思っていたら、続きがありました。

みなみが学校に持ってきていた藁人形を見て、そこまでしてみなみが自分に復讐したいのかと思った詩織がこっそり藁人形を奪って、境内で「ストーカーストーカー」叫びながら釘打ちまくり!
五寸釘ですらないところがノーマナー極まりない!
藁人形(輪入道)にとってはいい迷惑です!
一目連と骨女は釘を取ってあげようとするものの、そのまま放っておけとあいちゃん(酷)。

元は友達同士だった二人がすっかり憎み合うことになってしまったわけですが、藁人形をなくしてしまったショックでみなみが学校を休んでいる間に、詩織は最近出来た友達から爪弾きにされ、メールで「会いたい」「もう一度、友達になって欲しい」とみなみに懇願。
本当は詩織に未練たらたらだったみなみは涙を流し、境内で仲直りし、一件落着。
もう藁人形はいらないよね、って思ったのも束の間、みなみから藁人形が普通の藁人形ではないことを聞いた詩織は、自分達を裏切ったクラスメイト達にこの藁人形で復讐してやろうとみなみに持ちかけ、紐を解こうとしたところをみなみが制止!
詩織を地獄送りにしたくないみなみは、「紐を解くなら私が…」って言うんだけど、紐を解けば自分が死んだあと、地獄行き。
ためらってるとまたしても詩織が逆上。
みなみが藁人形を使うリスクを話しても、「本当の友達ならやってくれるよね」と嫌がるみなみに無理やり紐を解かせてしまい、そんな詩織に「私たち、本当に友達なの?」と疑問を抱いたみなみによって、地獄行きは詩織決定。
藁人形を持った詩織を追いかけてきた柴田一が駆けつけたときには、詩織は既に消えていました。
もう一人の子はどこに行ったとの質問に、「多分、地獄。でもいいの。いずれ私も行くから。あっちでも友達でいてね、詩織」と呟くみなみ。

地獄通信にアクセスしてあいちゃんがやってきた時に、そのまま糸を解いてたほうがよっぽどすっきりっつーか、『友達』という名のエゴとエゴのぶつかりあいに、心底ぞっとしました。

で、つぐみちゃん、どこ?


地獄少女 1

Posted at 14:35:38 | 地獄少女 | コメント:0 | トラックバック:32

2005年11月30日

地獄少女 第9話

「甘い罠」

今回は依頼者があいとの契約に至るまでの過程が、ちょっと微妙でした。

由香と弘美は仲良し姉妹。
両親(父親だけ?)は他界しているようですが、親子3人の長年の夢、ケーキショップを開くことがついに叶うことに!
妹の由香は店がオープンする前に弘美の作ったケーキを持って弘美の恩師でもある有名パティシエ森崎に食べてもらい、森崎からは二人の店を自分が出演している番組で紹介してくれると約束してもらったのですが、当日の番組で森崎が弘美の自信作であるケーキを自分の作品として発表。
ちょうどその日がオープンだった弘美は、生中継中に盗作者として発表されてしまい、店の評判はがた落ち。
当然、お客も来なくてあっという間に店は閉店に追い込まれ、借金だけが残ることに!
しかも、森崎が弘美に嫌がらせをした理由というのが、一方的に想いを寄せたものの弘美に振り向いてもらえなかったというくだらないもの。
森崎に怒りをぶつけにいっていた由香は美人姉妹だし、「なんならいいところを紹介してもいいんだよ」まで言われてぶちきれ、あいからもらった藁人形の紐を解くことに!!
由香の怒りはもっともだし、復讐したいという気持ちは分かりますが、あいとの契約は自分にも跳ね返ってくるもの。
それも、死後永遠に苦しみを味わい続けるというきつい代償なわけで、あっさり紐を解く前に、もっと他の方法で森崎に復讐することは出来なかったのでしょうか?
たとえば、せっかく森崎の元に乗り込んだんだから、森崎との会話をテープに録音してそれを公開し、同じ目に合わせるとかなんとか。
森崎への復讐を終えた後、「もう一度絶対にお店を開くんだ!」とどこまでも前向きな由香を見ていると、地獄通信に頼らなくてもいつかは立ち直れたんじゃないかって気がして、ちょっと微妙でした。

前回からレギュラー入りした柴田一&つぐみ親子。
一は先の事件を気にして取材に行くものの断られたり、今回も一歩遅れで現場に行ってみる程度でしたが、つぐみはまたもやあい達に反応していました。
やっぱりつぐみって、あいと何かしら関係があるんでしょうかね?
つぐみ、今回もとってもラブリーでしたvv
そして、由香の姉の弘美も美人で好み。

次回は絵が微妙な感じ。
次回予告だけだといいんだけど。


地獄少女 1

Posted at 19:22:34 | 地獄少女 | コメント:0 | トラックバック:33

2005年11月23日

地獄少女 第8話

「静寂の交わり」

つぐみちゃん、可愛い~~~っっvv

今回はそれに尽きるかと。
復讐自体はパターン通りって感じですね。

今回の依頼者は千絵。
親友の祐子が以前勤めていたバイト先のバーガーショップの店長に突き落とされて昏睡状態となり、その恨みを晴らすためにあいを呼び出した、と。
祐子は店長のことが好きで、その店長が店の金を横領していることに気付いて罪を償うよう説得するつもりが、逆に店長に殺されてしまったようです。
千絵は祐子が心配で、その時、こっそり近くに控えており、ビルから落下する祐子と、祐子が落ちたと思われる場所に店長の姿を見たことから犯人が店長であると確信。
警察に届けるのが一番なんですが、それくらいじゃ生ぬるかったのか、とにかく地獄通信にアクセス。
恨みを晴らしたら自分も地獄行きってことで悩んでましたが、店長から直接話を聞いた上、千絵まで殺されかけたことから糸を解いてしまいました。
その後は、速やかに店長が地獄に流されジ・エンド。
千絵も可愛かったんですが、今回はつぐみの可愛さに魂を持っていかれたので、千絵は依頼者でありながら少々影が薄かったです。

今回は新キャラの柴田一&つぐみ親子に要チェックでしたね。
一の方は芸能人のスクープ写真を取ってお金を巻き上げたり、地獄少女を記事にしようとしたり、結構汚い仕事をしてたりするのですが、行き付けの喫茶店のマスターから、たまには娘にサービスして遊園地にでも連れて行ってやればと言われて、ませてるし喜ばないだろうなぁ~と思いながらも遊園地に誘ったりする優しいお父さんな一面もある人物です。
奥さんの姿が見えなかったので、離婚したか死別したか。
地獄通信や地獄少女に興味津々で、今日は店長が復讐のためショールームに引きずり込まれるところや、ちゃんとじゃないもののあいちゃんの姿まで見てしまいました!

そして、可愛過ぎるつぐみちゃん。
幼い少女ですが、しっかり者の霊感少女って感じですね。
あいちゃんの姿もばっちり見たし、バーガーショップの店長が復讐されることまで予知してました。
おまけに、あいちゃんには「なつかしい」とか思われたようだし、いったい何者!?
レギュラー入りに大いに期待してますが、公式ページに名前だけはずっと載ってたので、まずレギュラー入りしてくれるでしょうvv
おさげ姿も可愛いですが、髪もおろした姿もまた可愛いvv
一から遊園地に誘われたときの笑顔にノックダウンです!
遊園地の約束、ちゃんと守ってもらえてるといいね。


地獄少女 1

Posted at 20:48:36 | 地獄少女 | コメント:4 | トラックバック:27

2005年11月16日

地獄少女 第7話

「ひびわれた仮面」

なんだ、この性悪ーっっ!!
ってか、その前に紅先生って何だよ!
笑いがとまらないくらいガラスの仮面なお話でした。

今回の依頼者は紅彩香。
紅演劇研究所のオーナー、紅翠の養女で、厳しすぎる演技指導をする紅先生を恨み、地獄送りにせんがため地獄通信にアクセス。
といっても、ガラスの仮面で奇人・月影先生の数々のきちがいじみた特訓とそれに耐えるマヤを見ていたら、紅先生のレッスンなんて全然生温いですけどね。
これくらいで地獄通信にアクセスするなんて、紅先生は後継者を選びを間違えましたよ。

アイから藁人形をもらった彩香は案の定、自分に被害が及ぶと分かった途端、復讐を躊躇。
ま、そこまでは普通なのですが、問題はそのあと。

彩香は昔、施設にいたようで、その頃の顔見知りの男二人がお金をたかりに来たことで、わざわざ自分が地獄に落ちるというリスクを冒さなくても、この男達を使って紅先生に復讐してやろうと決意。
この男達が、最初、彩香の持っていた藁人形を奪ったときは、彩香と一緒にこの男達が遊び半分で糸を解かないかとドキドキしましたが、彩香も性悪なら、この男達も阿呆丸出しです。
ふざけた仮面をつけて、月影先生、もとい、紅先生の家に土足で踏み入り、恐喝。
紅先生も空手かなんかたしなんでいるようで、男のうち一人は投げ飛ばしてましたが、もう一人はナイフを持っていて、流石にこれにはびびっていると、紅先生を助けに入る彩香!
真に迫った(わざとらしい)演技で、施設時代の仲間に脅されていたけれど、これを機会にちゃんと警察に届けるとかなんとか、思ってもないことを告げます。
こっそり様子をうかがっていた一目連&骨女は勿論、紅先生もそれが嘘だって分かってたみたいですけどね。
なかなか賢しい女ですね。

さて、一目連達から報告を受けたあいちゃん!
帽子を深くかぶり、変装(?)して、紅親子の関係の聞き込み調査!
変装姿のあいちゃんが、これまたラブリーvv
着物・セーラー服もいいけど、今度のあいちゃんもめっちゃ可愛いよ!
それはともかく、紅先生は次の公演「女流探偵」を終えたら引退して、演技の才能を見込んで養女にした彩香にあとを任せるつもりとの情報ゲット。
彩香は真面目で威張らないとのことで、劇団員達からも人気があるようです。

だがしかし!
ここで紅先生が「女流探偵」での相手役に彩香ではなく、TVにも出演したりしている薫子(紅先生の大ファンのとってもプリティーな少女ですvv)を選んだことで、彩香、激怒!!
「このアマぁ~~~っっ(憤怒)!!」とか、恐過ぎ! これを鬼の形相って言うんですね。
その日、訓練が終わった後、紅先生に今回の配役について納得できないと抗議するのですが、受け入れられなかったことで、更に憎しみは増すことに。
ってか、口で言ってることと、心の中で思っていることの差が面白い。
先日の仮面の男二人組のことについても、紅先生は彩香の仕業だと気付いていたようで、下手な芝居はやめなさいと再三言うのですが、演技をやめず、自分の演技は完璧だから、見抜かれたとしたらそれはあの馬鹿共が裏切ってちくったからだと断定するくらい、自分の演技に自信を持ってるようです。
そして、怒りの矛先が先に訪れたのは、紅先生ではなく、自分が演じるはずの役を奪った薫子!
演技は彩香より下手かもしれませんが、彩香より遙かに可愛い薫子になんてことしてくれるんだ、このヤロー!!

プリティーで可憐な薫子は、彩香と彩香が雇った二人の男のせいで、あやしげな液体を飲まされ、声を潰されてしまいました!!
あんまりです(泣)!
声が出なきゃ、もう演劇を続けていけないじゃないですか!
性悪彩香にプリティー薫子の夢を潰す権利なんてないやいっっ!

彩香むかつく、彩香むかつくと思ってたら、紅先生がやってくれました!
薫子が声を失ったことで代役に彩香を立てることをせず、公演自体を中止、劇団解散、養子縁組解消!!
窓の外の木の上に腰掛けて、変装あいちゃんがこっそり様子をうかがってましたが、ここにきてまだ三文芝居で取り繕うとする彩香にびしっと言うべきことを言ってくれます。
しかも、なんだかんだで彩香の才能をとても大切に思ってくれていて、彩香が罪を償って演劇に真剣に取り組んでくれるのなら、他の良い劇団に話をつけてあげるとか、救いの手も差し伸べてくれるんですよね。
紅先生は演劇に厳しいだけで良い人なのに、根っから性根の腐った彩香は紅先生の財産と名声を手に入れたいだけで、本当に演劇を愛しているわけではないから、「(紅先生の)財産等が手に入らないのならままごとごっこを続けても意味ない」とまで言いやがりました!
紅先生、可哀想!
おまけに、逆恨みも最高潮の彩香は、自分が地獄に落ちることになっても、今すぐ紅先生を亡き者にすれば、少なくとも財産だけは手に入ると、藁人形の糸を解くことを決意。
鬼だ!!

でも、残念でした♪

彩香が糸を解く前に、既に藁人形の糸は解かれてました。
糸を解いたのは、薫子。
彩香によって声を奪われた薫子はカーテンを閉めきり、昼なのに暗い部屋で一人しくしく泣いてて、めっちゃ可哀想!
彩香を地獄に送っても、奪われた声は返ってこないもんなぁ~。
彩香はここでも地獄通信に先にアクセスをしたのは自分だと、文句たらたらですが、問答無用。
復讐開始です。
今度は演劇モノだけあって、復讐も演劇関連でした。
監督役の一目連とか観客役の骨女とか楽しみすぎ!
最後には歌舞伎にまで発展するし、今回の復讐劇、めっちゃ笑わせてもらいました。
腕をもぎとられるシーンまで「やーめーてー(歌舞伎風)」。
ま、いつまでも劇をやっててもしょうがないので、「役のあなたではなく、本物のあなたの言葉を聞きたい」という骨女達に、地獄に流されたくないばかりにここでもしおらしいふりをする彩香。
でも、追い詰められてついに本音をさらけだした彩香。
せっかく演技の勉強をしてきたんだから、人を騙すだけ騙してやる!とか平気でのたまいます。
本音を語る時まで演劇ちっくなのは、役者だからでしょうか?
結局、あいちゃんに問答無用で地獄送りにされてしまいましたが、その時のことを「迫真の演技だった。あなたの今までで最高の」とあいちゃんに言われて、地獄に流されながらもわずかに笑みを浮かべてました。
依頼主がすりかわるのも初めてなら、地獄に流される者が笑みを浮かべるのも初めてですね。

そして、薫子。
ベッドに身体を投げ出し、放心状態でも可愛いよ。
胸元がやらしいよ!

依頼主の性格が元から最悪だったり、途中で依頼主が切り替わったり、意外性があって面白かったです。

地獄少女 1

Posted at 18:15:07 | 地獄少女 | コメント:4 | トラックバック:29

2005年11月09日

地獄少女 第6話

「昼下がりの窓」

一目連が盛りのついた雌犬に襲われたーーっっ(絶叫)!!

前回の中年オヤジの比じゃないです!
一目連ファンとして、この女だけは断固として許せません!
一目連だってノリノリだったじゃん、なんてことはスルーです、スルー!
もうホント、戸高奈美子、あれくらいで地獄に流されるなんて生ぬるいです。
ってか、なんで地獄に流される身でいい思いしてるんですか!?
相手なんて輪入道でいいじゃないですか?
あああ~~~一目連が、一目連が~~~っっ(滝涙)!!

激しく動揺中ですが、とりあえず感想を。

田舎から社宅に越してきたばかりの遥たち、安田一家。
ある日、母子で仲良く買い物から帰る途中で、母恵子が、ワンマン支店長を操る奥方、戸高奈美子の浮気現場を目撃したことで、家族ぐるみで嫌がらせを受けることに!
娘の遥は、学校で奈美子の娘ユリアと、奈美子の腰ぎんちゃくみたいな糸目ノッポと、チビデブの娘と思われる(ってか、3人とも親に良く似すぎです。特に糸目ノッポとチビデブ!)で些細なことで嫌がらせされ、旦那は支店長から言いがかりを付けられ、奈美子に至っては強姦現場の写真を取られた上に、若い男をとっかえひっかえしているという噂をバラまかれ、ついには自殺をはかるところまで思いつめ、もう最悪!
恵子のせいで一家がバラバラだと怒りに燃えた遙は、母のためにも復讐を果たそうと、地獄通信へアクセス。
その後、戸高一家の家族仲良さそうなシーンを見せ付けられ、余計に憎しみが増したところで、ストーカーアイが現われ、お決まりのセリフ。
その後、アイによって、一家に何が起こったのか見せられた遙。
その場では糸を解きませんでしたが、両親の喧嘩(ってか、一方的に父親が最低!)を目撃して、自分達家族をめちゃくちゃにした奈美子に、自分は地獄に落ちる事になっても復讐することを決意!
糸を解きます。
ってか、奈美子も相当ムカつく女ですが、遙の父は復讐シーンを見るまでは奈美子以上にムカつきました。
自分の仕事のことばかりで、恵子が相当つらい思いをしているのに、恵子の話はまるで聞かず、奈美子の方が本当は悪いことは分かってそうなものなのに、奈美子に睨まれてしまった恵子を責めて責めて責めまくり、なんとか一命を取り留めたものの、相当追い詰められ自殺未遂で病院送りになったばかりの恵子に手を上げるなんて、許せません!

その後は、恒例のあいちゃんの禊シーンを堪能した後、復讐の時間が始まります。
詳しくは語りませんが、一目連が年増女相手に身を犠牲にして、奈美子を追い詰めることに成功。
いつも偉そうな奈美子でしたが、夫からの叱責や、娘の涙には弱かったようです。
社宅の人からも嘲笑され、それはそれでザマーミロなのですが、一目連相手にしたことを思えば、まだまだ生ぬるい!(←安田家にしたことに対してじゃないんかいっ!?)

奈美子は地獄に落とされ、奈美子の娘ユリアはいじめを受けるようになり、母の恵子には笑顔が戻り、遙にとってはそれは幸せな時間なのかもしれないけれど、いつかは遙も地獄行き。
それに、遙父の性格が激しく問題ありなことは変わらないし、恵子もあの事件が元で性格が歪んだっぽいし、遙に意地悪したとはいえ、ユリアも流石にこれは可哀想。

地獄少女に気分爽快なラストはありえないってことかな。
ってか、今回は一目連に関するショックがあまりにデカ過ぎました。
思っていた以上に、一目連のこと大好きだったみたいです。

地獄少女 1

Posted at 18:58:27 | 地獄少女 | コメント:8 | トラックバック:25

2005年11月02日

地獄少女 第5話

「高い塔の女」

今回の地獄少女はいつもと一味違ってました。
あいちゃん萌え~とか、被害者の女の子萌え~とか、一目連も可愛い♪とか思ってこれまで見てきましたが、流石に毎回同じパターンだとつらいものがあります。
でも、今回は違う!

どこが違ってたかというと……。
まず、初っ端からあいちゃんの愉快な仲間たちが普通に働いてます!

骨女
今回の加害者、里穂が設立したベンチャー会社「デッドライン」の新米OL。
主に噂話担当。

輪入道
「デッドライン」の警備員。
隠しカメラで覗きしまくり!

一目連
「デッドライン」系列の店のバイト。
バイト先の店長(中年男)に貞操の危機にあわされかける(嘘)

何故この3人が働いていたかというと、なんと「地獄通信」にいたずらで依頼をしてくる者がいて、真実を知るための潜入調査だったようです!
そもそもいたずら依頼があることからして異例ですが、今回はそればかりではありません。
PCに詳しくない里穂に変わって、裏で株を操作したり、地獄通信へのアクセスまでさせられていた少女、美沙里。
彼女は理穂の遠い親戚とのことでしたが、実は赤の他人。
昔、万引きをしていたことをネタに強請られ、学校にすらろくに通わせてもらえないまま汚い仕事を手伝わされている被害者かと思えば、実は、昔、里穂に父を殺された恨みから、復讐をはたすためにわざと理穂に利用されているふりをしつつ、里穂に復讐を果たす機会をうかがっていた!
おまけに、やっと里穂が殺人依頼をしている証拠を掴み、それを公表して里穂に復讐を果たせるかと喜んだのも束の間、実は美沙里の方が踊らされていて、逆に里穂に依頼された暗殺者によって殺されかける!
そして、殺される間際に地獄通信にアクセスし、あいから説明を受けた美沙里。
いつもなら躊躇うところを、これっぽっちも迷わず紐を解き、復讐を果たす。
人を人とも思わない非道ぶりで自分のためなら誰の命を奪っても笑ってすませていた里穂がこういう人間になったきっかけが、昔、一緒に会社を立ち上げた恋人と友人に裏切られたことから衝動でその二人を殺し、「どんな手を使っても人生のゲームに勝つ。他の人間すべてを犠牲にしても!」という考えに至ったのもちょっとした衝撃ではありましたが、今回一番の衝撃は、復讐を果たしたかわりに死後、地獄に落とされ永遠の苦しみを味わうことになった美沙里が、かつて里穂が「でも、(地獄へ行くのは)何十年も先の話よ。人生なんてしょせんゲーム! ゲームオーバーまで楽しんだ人間の勝ちなのよ!」と美沙里に向かって言ったことを思い出し「そっか。そうよね。このゲーム、思う存分楽しませてもらうわ」と呟いてほくそえんだところ!
背筋がぞわっとしました!
きっと美沙里は第二の理穂になって、これから先、たくさんの人間を踏み台にして人生のゲームを勝ち上がっていくのでしょう。
そして、美沙里によって不幸になった人間が美沙里を恨み、憎み、美沙里を地獄に流して欲しいと思うはず!

これまで以上に爽やかじゃない終わり方ですが、こういうラストもありだと思います。
今までパターン化しまくっていただけに先の展開が読めず、楽しませてもらいました。

Posted at 22:53:29 | 地獄少女 | コメント:4 | トラックバック:25

2005年10月26日

地獄少女 第4話

「聞こえぬ叫び声」

話自体はパターン化していますが、やっぱり地獄通信の依頼者が女の子(しかもツインテール)だと、それだけで華があっていいですね。
しかも、今回は可愛い犬も出てきて、獣医の本篠にはムカつきましたが、動物達にも萌え萌えしてました。

さて。
今回は、両親を早くに亡くし、両親の忘れ形見でもあるたった一人の家族である犬のキャンディを有名獣医師・本篠の元に連れて行ったものの、控え室で心からキャンディを心配している間、本篠がくだらない電話をしていたがために処置が大幅に遅れ、結局キャンディが死んでしまったことをアシストの関本さんから聞かされた純子の話でした。

本篠はキャンディのことだけでなく、他のペットに関しても、有名人や政治家など重要な相手のペットに関してはそれなりの処置をするけれど、一般の人のペットに関してはかなりずさんに扱っていたようですね。
ペット達は完全に金儲けの道具です。
獣医でありながら、動物に対しての愛情なんてこれっぽっちもありません。

地獄通信に本篠の名前を書いて送信し、あいから説明を聞いた純子は、恨みは晴らしたいけれど、死後永遠の苦しみを味わうことが恐くて、一度は関本さんと協力して本篠の悪事の証拠を握り、それをマスコミに流して恨みを晴らそうとしましたが、これといった証拠も見つからないまま、病院に忍び込んでいた現場を逆に本篠に見咎められます。

純子は本篠に恨みをぶつけますが、本篠は反省する様子もなく、それどころか治療中のペットのところまで行き、「自分に対して言いたいことがあるならば何か言ってみろ!」と動物達に聞き、動物達が鳴き声をあげても「何を言っているのかよく分からないな。ちゃんと分かるように言ってみろ!」と馬鹿にしたように笑います。
動物の言葉が人間に分かるはずないですからね。
しかも純子が何よりも大切にしていたキャンディを汚い犬だとか、病院が汚れるから早く死んでくれて良かっただとか罵って、キレた純子はついに藁人形の赤い糸をほどくことに!
ってか、普通にムカつきますよ。

さて、こっから先のお仕置きはいつもの通り、まったく恐くはなく、寧ろ愉快なものでした。
車で走っている途中、飛び出してきた骨女を避けるために事故った本篠を一目連と輪入道がひどく手荒に救急車で運び、本篠は病院に運ばれるのですが、本篠が足の骨が折れて苦しんでいるのに、骨女も一目連も輪入道も野球の話で盛り上がり、まったく相手にしてくれません。
やっと診察してくれるかと思ったら、「何を言っているのか分からないな」と言って、麻酔もなしにいきなり関係ないところを切断しようとします。
自分が動物に対してやってきたことをそのまま返されたわけですが、「自分のやったことを詫びる気になったか?」と問われても、本篠もまたこれまでの地獄送りの者同様、反省の色がまったくないため、「いっぺん、死んでみる?」ってことで、地獄に流されてしまいました。

恨みを晴らしたあと、関本さんは地元に帰ることになり、純子の胸には契約の痣が。
恒例の胸ちらがなかったのが残念ですが、純子がまだ12~3歳の少女っぽかったから、見せる谷間もほとんどないだろうし仕方ないかな。
とりあえず、純子が両親やキャンディとは会えないけど、もうちょっと頑張ってみる、と前向きな気持ちで笑顔を浮かべていたので良しとします。

Posted at 20:20:11 | 地獄少女 | コメント:0 | トラックバック:28

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる