スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年10月29日

トリニティ・ブラッド 第24話

「The Crown Of Thorns II . The Road Of Oath」

原作未読なのが致命的だったのか、最終回が終わっても謎がいっぱいですっきりしません。

結局、カインはどうして人類の敵であり、アベルはカインを滅ぼすまで戦い続けなければならないんでしょう?
人類の敵であるはずのカインが天使っぽい外見で、アベルの戦闘モードが悪魔っぽいのはなんで?
火星移民計画とか、実験体とか、アベルを蘇えらせた液体の正体だとか、イザークは結局どうなったのーとか、エステルのアベルへの想いは結局どういったもので、どのような形に落ち着いたの?とか、カインはアベルのことをどう思ってるの?とか、最後の最後まで謎だらけ。
トリブラ原作が既に完結済みだとか、せめて完結する予定があるのなら買って読む気にもなりますが、原作者様の死によって最早完結することがありえないと分かっている作品を購入するのは流石にためらいが……。

そんなわけで、トリブラも今回で最終回を迎えてしまいました。
最後まで謎は一杯でしたが、映像美は流石といった感じ。
イザークとAxメンバーやペテロ、アルビオンの人たちの戦いは、激しい攻防の末、イザーク、予想外の敗北。
イオンは途中でどこかに消えて、エステルはシスターケイトの勧めでアベルの元へ行き、そこでトレスがアベルの棺にカテリーナ様から預かってきた液体をかけたのを見たあと、カインと再会することに。

トレスはやはりカインの敵ではなかったのか、あっけなくやられちゃいましたね。
カインとアベルは元は二人で一つの存在、完全同系遺伝子体(?)だったらしく、カインは再びアベルとひとつになることを望んでいるようです。
そうすればカインは完全体を手に入れられるし、アベルももうくよくよ悩まなくていい、というのがカインの主張です。

何も必要としない者。
それ故にすべてを必要としている者。
…それがカイン。

でも、エステルはそんなこと認められなくて、カインをアベルに近寄らせまいとするのですが、そこでアベル復活!
トレスがかけた液体の影響だとは思いますが、結局、液体の正体が詳しく語られないままなんですけど!?
悪魔みたいないでたちで、そのまま空高く飛んでいったアベルを、自らも天使みたいな羽をはやして(でも、顔は狂悪)追っかけるカイン。
置いてけぼりのエステル。
アベルVSカインの戦いは、流石にすごい激しさですね。
でもって、ちびアベル・ちびカイン・ちびセス等の過去がちょっとだけ明らかに。
昔のアベルはかなり人生に絶望してるっつーか、後ろ向きっつーか…。
カインはいつも笑顔だし、過去の回想を見る限りじゃ特別悪人にも見えないのですが、セスがカインに怯えてるっぽいのはなんで?
それに、あの赤い髪の美人さんって誰?
母親? 恋人? お姉さん?

カインとアベルの戦いを見ただけで、「あなたは永遠に戦い続けるのですね」とエステルが悟るのもなんか唐突な感じがしますが、とりあえず、アベルはカインの羽をもぎ、アベルもカインに撃たれて、二人揃って空から落ちていき、とりあえず戦闘終了。

そして、いきなり場面がかわって、エステルの王位授与式。
エステル、めっちゃ美人です!
新しい世界、皆が一緒に暮らしていける世界のために、エステルはこれから頑張っていくのでしょう。

そしてアベル。
やっぱり生きてました。
今回、戦闘中に姿を見せなかったイオンは、アベルと共に世界の敵であるカインを滅ぼす旅についていくようです。
やっぱりカインも生きてたんですね。
イオン、男前度が上がってました!
だけど、アベル×エステルもイオン×エステルも中途半端なまま終わっちゃたのがめちゃくちゃ心残りかも。
続編ってないのかな?


トリニティ・ブラッド chapter.3 コレクターズエディション
スポンサーサイト

Posted at 16:36:42 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:5

2005年10月22日

トリニティ・ブラッド 第23話

「The Crown Of Thorns I . City In The Mist」

顔色ひとつ変えずに大量殺人とかするわりに、エステルのことは無視したり、カインの考えはよく分からないのですが、いよいよ物語りも佳境に入ったって感じですね。
目の前でアベルを殺されたエステルの悲しみに満ちた泣き声が胸に痛い。
まわりの皆がアベルの死を悼みつつも動き出しても、丘の上の教会でアベルの眠る棺の前で泣き崩れたままのエステル。
自分がカインとの戦いの邪魔をしたからアベルは死んだのだと、何も出来なかったと……アベルを殺したのは自分だと自分を責め続けるエステルでしたが、エステルの慟哭は責任云々よりも愛する人の死って意味が大きかったのではないかと思います。
ところで、カテリーナ様が赤い髪の女性が眠る棺から取り出し、トレスに託したものって何?
アベルに関係するものなのでしょうか?

アレッサンドロは今回自分が見聞きしたものを無駄にしないためにも、自分が何をすべきかカテリーナ様に相談したいとのことで、カテリーナ様もそんな弟の成長がとても嬉しい様子。
ヴァージルはゲットーを封鎖し、『星』を迎えに。

イザークはカインの部下みたいで、カインの時間稼ぎのためにアルビオンを空から破壊。
「古びた世界を白き炎によって更新する」とか言ってる顔がヤバイ。
たちまち町はパニックです。
ペテロやAxメンバー達は、イザークの攻撃からアルビオンを守るべく、それぞれに出来ることをやろうとしているようですが、どこまでやれるのかな?

さて、エステルの元に来たヴァージル。
そこで語られるエステルの出生の秘密。
エステルはアルビオンの正当な王位継承者だったようです。
アルビオンのために力を貸して欲しいと請われたエステルですが、アベルのことで何も出来なかったエステルは悲しみにくれるばかりで返事が出来ません。
が、「私、あなたの味方です」と、以前アベルが自分にくれた言葉を思い出し、心を決めたよう。
アベルのためにも自分の出来る限ることをやろうと決めたエステルの表情はすごく綺麗でした。
ヘリに乗って民衆の前に現われて演説をはじめたエステルは、一皮も二皮もむけましたね。
すごく神々しい。

イザークに対抗するために、新たに大きな戦艦が出てきたり、次回最終話ですが、どんな結末が待っているのか、乞うご期待!ですね。


トリニティ・ブラッド chapter.3 コレクターズエディション

Posted at 14:44:31 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:3

2005年10月15日

トリニティ・ブラッド 第22話

「THE THRONE OF ROSES III.LORD OF ABYSS」

とりあえず、エステルが無事脱出できて良かったねと安心してる間にも、今回のテロの首謀者、ヴァネッサに捕まりピンチな教皇アレク。
相変わらず、おどおどしていて弱っちいのですが、それでも、ヴァンパイアの少女とのやりとりが彼を成長させたのか、彼らの攻撃的なやり方では、何も伝わらないと思う。
自分はヴァネッサ達がこれまでゲットーに閉じ込められていたことも知らなかった。
でも、彼らのことを知りたい。話を聞きたい、とおずおずとヴァネッサに語りかけます。
見直したよ、アレク!
はっとするヴァネッサですが、そこに、とっても熱い男、ペテロが出てきて、いきなりヴァネッサに向かって攻撃!
せっかく、和解出来そうな感じだったんだから、もう少し待とうよ……なんて言葉は当然通じません。
アレク救出のためにも、ひたすらヴァネッサを攻撃するべし。攻撃するべし。攻撃するべし!
ヴァネッサも立ち向かうのですが、流石にペテロ達二人がかりで攻撃されたらかなわなくて、まさに絶体絶命のピンチの時、アレクの制止の声が!

閉じ込められ、行き場がなくてどうしようもなかったヴァネッサ達の話を聞いてと、泣きながら訴えるアレクに、情に脆い男、ペテロは武器をおさめます。
「ここに一人が男がいる。その彼が、某を騎士と見込んでお願いしてくれたのに、それを拒むのなら、最早某は騎士でも神の道を歩む者でもない!」
自分を殺さなかったアレク、そしてペテロに疑問を感じつつも、ヴァネッサの気持ちは少しずつ変化してきたようです。

一方、Axメンバーもなんとか無事だったようで、良かったです。

ヴァネッサは兄から、「反乱を起こして何かが変わったのか?」とお叱りを受け、「わずかだが、真実を見抜ける世代が生まれつつある」と聞かされアレク達のことを思い出すのですが、そこに無差別破壊を行う兵士が多数入ってきたいるとの情報が!!
自分がなんとかしなければと思ったのでしょうか?
その場を駆け出します。
兄のほうは侵入者に対して、何か心当たりがあるようですね。

そして、アベルの兄、カイン登場!
笑顔だけ見たら、やっぱりアベルに似ているのですが、それにしても、なんだ、このめちゃくちゃな強さ!
まだ本調子ではないようですが、それでもメアリさんを含む多数の兵士を一気に片付けてしまいます。
負傷したメアリにかわって、エステルがカインの後を追うのですが、お願いだから、あんまり無茶なことはしないでください!
エステルにもしものことがあったら、つらすぎます!
…って、「通過し書く保有者と認めます」って、エステルってやっぱり何か特別な人?

さてと。
ペテロ達の前にも現われた覆面兵士達。
ペテロはアレクを守って闘おうとするのですが、そこに現われたカインが一瞬で覆面兵士達を皆殺し!
強すぎるよ、カイン!
でもって、いったいぜんたい、何がしたいの!?

アベルは毎度のことながら余計なことをしようとしているディートリッヒを止めようと、ナノマシンを80パーセント限定起動。
ヴァンパイアの血を喰ったからか、今までよりずっとパワーアップしたアベルはディートリッヒを凌駕。
「特にあなたを背後から操っている者は蘇らせてはならない」と言ったところで、アベルとカイン、運命の再会です!
カインはアベルと会えて楽しそうな声。
ディートリッヒはカインを崇拝していたようですが、カイン自らの手によってあっさり討たれてしまいます。
もうホント、カインの目的っていったいなんなの!?
カインだけは自分の手で討たなければならないと思っているアベルはカインを殺そうとするのですが、間が悪いことに、カインの後ろからエステルが!!

エステルに、カインを殺そうとしている今の自分の姿を見せたくなかったんでしょうね。
攻撃の手が止まってしまったアベルに「君のそういうところが好きさ」と言って、あっさりアベルを倒すカイン。
目の前でカインに胸を貫かれて倒れたアベルに、能登声でエステルの絶叫!
アベル×エステル的には萌えるんですが、ちょっと待ってください。
アベルは重傷だけど無事なんですか?
本当に死んじゃったんですか!?
エステルとイオンとセスさえいれば、萌えは堪能できる私ですが、やっぱりアベルが死んじゃうと話にならないと思うんですが、どうなんですか!?

あ、でも、何考えてるか分からないし、危険人物であることは重々承知ですが、今回を見る限り、カインのことは、私は嫌いじゃないです。


トリニティ・ブラッド chapter.3 コレクターズエディション

Posted at 03:07:43 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:3

2005年10月08日

トリニティ・ブラッド 第20話・第21話

先週の感想がまだだったので、2週連続で感想です。


第20話「THE THRONE OF ROSES ・.KINGDOM OF THE NORTH」

バッキンガム宮殿でのアルビオン前女王の葬儀にヴァチカンの代表として参列する教皇とエステル。
相変わらず教皇は頼りなく、子供っぽいです。
逆に、エステルはとてもしっかりしてきました。
二人は技術力の高さを見せるために王都の地下施設ゲットーに案内されるのですが、そこで長い間地下に監禁され、技術力を奉仕し続けてきたヴァンパイア達の独立を求めた反乱に巻き込まれます。
教皇の姉であるカテリーナ様は教皇を助けたいのですが、ヴァンパイア嫌いの兄のほうは教皇を殉教者として祀り上げる気満々!
カテリーナ様は秘密裏にペテロ達に教皇&エステル救出の協力を要請し、それを受けたペテロ達と共に二人の救出に向かうアベル達ってところでED。
ちょっとだけ出て来たヘスが可愛かったですvv


第21話「THE THRONE OF ROSES II.THE REFUGE」


独立声明を出すテログループ。
メトセラ(ヴァンパイア)を力で押さえつけ、彼らの力を借りて発展を続けてきたことが世間に知られれば国際的に避難を浴びるかもしれない。
それを恐れたアルビオン当局は、自分達で対処しようと動き出します。
一方、秘密の入り口から地下に潜り込んだアベルらは、散り散りに教皇たちを捜索。

エステルと離れ離れになって逃げる途中、教皇はメトセラの子供に拾われます。
テロを起こしたのは一部の強硬派で、子供が連れてきた施設の人たちはアレッサンドロが教皇だと知っていても好意的で、匿ってくれるようです。
教皇がメトセラの子らに救われたことを知らないエステルは必死に教皇を探すのですが、そこで蜘蛛の糸にかかった蝶のように磔に合い、ディートリッヒと再会。
ディートリッヒはまたヤバげなことを企んでるようです。
ところで、エステルって名前、「星」って意味があるようですね。
前回から出て来た「希望の星」って言葉が気になります。

さて、教皇ですが、なんだかんだでメトセラの子と仲良しになり、その子の秘密の場所に特別に案内してもらうのですが、そこでテログループに捕らえられてしまいます。
いきなりピンチですね。

教皇を捜していたレオンは、かつて「ネバーランド」で知り合った子供たちと再会。
子供たちに助けられるのですが、今度は逆に子供たちが何者かに現われ、ピンチに。
それを助けようとするレオン。

磔になったエステルの元にも、謎の覆面男達が現われ、エステルを襲おうとするのですが、すんでのところをアベルが助け、教皇はA’xメンバーが助けるから、エステルは避難するようにとエレベーターへ。

次回はいよいよアベルとカインが出会うようです。
因縁の対決ですね。


トリニティ・ブラッド chapter.3 コレクターズエディション

Posted at 17:32:14 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:1

2005年09月25日

トリニティ・ブラッド 第16~19話

気が付くと、1ヶ月も観るのを溜めてしまっていたトリブラ。
一気に観たので、さくさくっと感想行きます。


第16話 「THE NIGHT LORDS II.TWILIGHT OF THE CAPITAL」

イオンの潔白をはらすため、アベル&アストは宮廷へ。
イオン&エステルは町に行き、お茶売り娘の可愛い子ちゃん、セスと会います。
イオンとエステルはすっかりペアになってしまってますね。
二人とも可愛いので目の保養です。
が、案内された店で敵襲にあい。エステルは重傷。
エステル、女の子なのに!!


第17話 「THE NIGHT LORDS III.THE ISLAND OF HER DARLING CHILDREN」

セスに助けられて、エステルは無事でした。
セスは医学士とのこと。
セス、可愛いなぁ~、セス!
でもって、イオン×エステルが良い感じ…とか思ってたら、イオンの前に死んだはずのラドゥが現われ、皇帝暗殺計画を語り、おまけにエステルに対する疑念を植えつけます。
もしかして、エステルに対する焼き餅? ぎすぎすした関係ではありますが、ラドゥ×イオン健在ですね。
アベルとアストが暗殺計画を阻止するために行動を開始している間に、エステルとイオンは意思疎通がうまく出来なくて仲違い。
イオンを追ったエステルは途中でセスと会うのですが、敵に発見され、エステルを逃がしたセスは崖から落とされた?
いやいや、こんなことでプリティなセスに何かあったなんて信じませんから。


第18話 「THE NIGHT LORDS IV.THE PALACE OF JADE」

ラドゥの挑発に乗り、肯定暗殺未遂で捕らえられるイオン&エステル。
ラドゥはディートリッヒに操られていたようですね。
本気でイオンのことを裏切っていたわけではない様子。
結局、意識を保てませんでしたが、イオンを逃がそうとしたラドゥ萌え! 
一方のアベル&アストは皇帝暗殺を阻止しようとするも、皇帝がいたはずのモルドバ廟邸が爆発し、皇帝崩御?
え? そんな、あっけなく?
拘束されたイオン&エステルの元にはラドゥが。
アベル&アストの元にも刺客が現われバトル。
本性を現したディートリッヒによって、ラドゥが既に死に、ディートリッヒによって操られたことを知ったイオンは逆上してディートリッヒに向かうも、逆に特殊な弾丸で撃たれて吸血衝動にかられ、自分がエステルを殺してしまう前にエステルに対して自分を殺せと言い、ディートリッヒもまたエステルに武器を与えて立ち去ります。
でも、エステルもまたイオンのことを殺せるはずもなく、涙々。
分かっていたことですが、ディートリッヒってホント、やることえげつない……。


第19話 「THE NIGHT LORDS ・.A START OF PILGRIMAGE」

イオンのせいじゃないからと、自ら血を捧げようとするエステル。
エステルのうなじ、色っぽいvv
エステルを傷付けたくないからと、逆に自らに剣を突き立てようとするイオン。
まさに涙の絶頂のとき、いつもは使えないアベルが、とっても使える男としてやってくれました。
剣の先を銃で撃ち抜き、血清(?)らしきものまで持ってきてくれました。

ラドゥ(ディートリッヒ)の元にはアストが。
イオン&エステルも現われ、陛下を虐げたことを訴えようとしますが、ラドゥは尚もイオン達を犯人に仕立て上げようとします。
が、そこで爆死したはずの陛下が現われ、ラドゥを糾弾!
しかも、その陛下が実は影武者で、イオンの祖母、モルドバ公であり、ラドゥが崖から落として殺したはずのヘスこそが陛下であったことが発覚!
ヘス、可愛いよ、ヘス!
イオン&エステルもびっくりですね。
ヘスはラドゥを信頼していたと言いますが、ラドゥはヘスが誰も信じていないといい、ヘスに指輪で攻撃をしかけますが、わざとはずし、自分の方がやられてしまいます。
「母を愛さぬ子がおりましょうや」が切ない。

一人、別行動をしていたアベルのピンチを、通りすがりの美少女(笑)として救出したヘスは、アベルの妹で、しかも900年ぶりの再会らしい。
昔みたいにここで兄弟で仲良く暮らそうと誘うヘス。
でも、自分は罪人で自分自身がそれを許せないとそれを断るアベル。
ヘスからカインが生きていたことを聞かされます。


OP ドレス(bloody trinity mix) BUCK-TICK



ED Broken Wings 種 ともこ

Posted at 14:15:39 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:0

2005年08月21日

トリニティ・ブラッド 第15話

「THE NIGHT LORDS I. THE RETURN OF ENVOY」


イオン×エステル!
イオンはすっかりエステルラブですねvv でも、せっかくプロポーズまがいのセリフまで言ったのに、アベルがドジして、エステルの気を逸らしてしまい、うやむやに!
もしかして、わざとですか? わざと、イオン×エステルの邪魔してる!? 今までエステル→アベルだと思ってたけど、ここにきてやっとアベル→エステル?
と、今回随分ほのぼのした話だなぁ~と思っていたら、イオンが祖母の家に帰ってきたら、そこでは家中の者が殺されていて、おまけにそれがイオンの仕業ということになり、たちまちイオンは追われる立場に!?
アベル・エステル・イオンの3人はアストさんのところへ。
陛下からの勅命もあり、アストはアベルたちを匿うことにしました。
イオンにしてもアストにしても陛下への忠誠はすごく厚いですが、陛下っていったいどんな人物なんでしょう?

そして、陛下に会いに行ったアベルは「あなたは本当に皇帝陛下なのですか?」と質問。
アベルは何か知ってそうです。ってか、陛下の関係者? そんな気がしました。


OP ドレス(bloody trinity mix) BUCK-TICK



ED Broken Wings 種 ともこ

Posted at 21:26:35 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:0

2005年08月05日

トリニティ・ブラッド 第14話

「THE IBLIS III. A MARK OF SINNER」

イオン&エステルに萌え萌えしつつ、今回も感想行きます。

異端審問局の空からの無差別攻撃に驚くカテリーナ。
ペテロ・アベル・エステル・イオンもまたその異常性を知り、一時休戦して協力し合うことにしました。

ディートリッヒはラドゥにバックアップと警告を。
バックアップはともかく、警告はちょっと過激過ぎ!
ディートリッヒはラドゥがイオンが好きだから殺せなかったことを見抜いていたみたいですね。
ラドゥ×イオン、復活!
イオンに銃を向けたはいいけど、なかなか撃たないと思ったら、あれは撃たなかったんじゃなく、撃てなかったんですね。
そりゃあ、あんなに可愛いイオンを本気で殺すなんてラドゥにできるはずありませんよねvv

カテリーナのもとへ車で急ぐアベルたち、4人。
運転手はエステル! しかも、めちゃくちゃ荒っぽい運転にイオンもアベルもたじたじ。
エステル、殺気立ってるし、もしかして無免許運転?
大通りに出ると、そこにはラドゥが!

イオン「何故、こんなことをする!?」
ラドゥ「テランとの対話など認めない。きみにはテランの攻撃で死んでもらわなければならない」

ラドゥはイオンに向けて大砲(?)を撃ちまくりますが、それを庇うペテロ。
ペテロまでイオンの可愛さにやられたか!?(違)
でも、結局イオンも撃たれて、大量の血を流して倒れます。
そんなイオンに涙で駆け寄り、抱きしめるエステル。
ラドゥはエステルをも殺そうとしますが、そこでアベルが変身!
イオンの血を吸って、凶悪モード!
ラドゥはアベルに発砲しますが、アベルには全然通じません。
どころか、「お前は餌だ。これからお前を喰う」って!(愕然)

焦るラドゥ。
容赦ないアベルの攻撃。
ラドゥに「化け物」といわれるほどの強さと凶悪さで、ラドゥを倒します。
いや、もう、全然正義の味方じゃないし。

少し気を失っていたエステル。
目を覚まし、最初に気付いたのはすっかり姿の変わってしまったアベル。
のわりには、そのことには全然驚いているそぶりがないんですけど、アベルがイオンを次のターゲットとして狙っていることを察したのか「やめて!」と叫びます。
エステルの叫びで正気にかえるアベル。
己のやらかしたことに気付いて、ショックで泣き叫びました。

日が変わって。
カテリーナとイオンの会見。
イオンはすっかり落ち着いて、精神的に大人になったって感じです。

そしてアベル×エステル。
アベルはエステルに、先日のことを詫び、そして変身した姿のことを「あれは私の罪の刻印」と告白します。
二人とも表情は固いですが、それでもエステルの瞳にアベルへの嫌悪は見られませんでした。
アベルは本当の姿(?)を見られたわけだし、これからどんどんこの二人が深い付き合いになっていくといいな。


OP ドレス(bloody trinity mix) BUCK-TICK



ED Broken Wings 種 ともこ

Posted at 23:27:11 | トリニティ・ブラッド | コメント:2 | トラックバック:2

2005年08月05日

トリニティ・ブラッド 第13話

「THE IBLIS II. BETRAYAL BLAZE」


一週遅れですが、早速感想行きます。
って、いきなりOPの歌詞変わってるし!?
どうせなら映像も変えてくれたらもっと嬉しかったんだけど、欲張りすぎか。


初っ端らからラドゥ×イオンがいちゃいちゃして見せ付けてくれますvv
アベルにすげなくされてばかりのエステルは、そんな二人のラブラブっぷりが羨ましそう。

でも、ラドゥは「舟を取ってくる」と言ってイオンをエステルに託し、今度はイオンとエステルの可愛い子ちゃんズが二人きりになります。
目の保養ですね。
イオンはラドゥ相手だと尻尾ふりふりの子犬みたいなのに、人間であるエステル相手には尻尾を逆立てた猫みたいです。
あまりに反抗的なイオンにエステルもムカっときて、二人は喧嘩に。
でも、お互い言い合ってすっきりしたのか、仲直りして、笑いあったりなんかしちゃったりして、めちゃくちゃ可愛いんですが!

そこに戻ってきたラドゥ。
でも、彼は帝国の裏切り者でした。
誰より信頼していた親友の裏切りに涙うるうるのイオン。
事態は緊迫していましたが、そこに舟に乗ってアベル登場。
なんか、いきなりゆるゆる~っとした雰囲気になっちゃったんですが、アベルは早速ラドゥに銃で撃たれてしまい、イオンとエステルはまたもやピンチ。
かと思ったら、異端審問会が現われ、いきなりラドゥを攻撃。
帝国を裏切ったラドゥであっても、血をいっぱい流して倒れるところを見たら、何度も名前を叫んで泣いちゃうイオン。
好きなんだね、ラドゥのことが!
でもって、アベル。
ラドゥに撃たれたのかと思いましたが、大丈夫だった様子。
異端審問間から逃れるべく、エステルたちに舟に乗るよう言います。

「逃がさん!」とペテロ。
部下の制止も振り切って、アベルたちの舟に乗り込みます。
相変わらず、熱い! 暑苦しい!
そんなペテロに「うるさい!」と一喝のエステル!
イオンをカテリーナに会わせようとするアベルたちは、ペテロに時間をくれといって、ペテロに協力を求めます。

イオンの手当てをするエステル。
ラドゥの裏切りですっかり憔悴しきってしまったイオンは、「ここにいてくれ。一人になりたくないのだ」と大嫌いなはずの人間であるエステルに懇願!
いやーっ、もう可愛すぎですから! バンバンッ(机を叩く音)!
イオン×エステルでもエステル×イオンでもどっちでもいいや! 萌え!

ラドゥはイオンの乳兄弟だったようですね。
ラドゥのためになら命すら差し出せるくらい大好きだったのに、彼の気持ちを分かってやれなかった自分を責めるイオンに、「今は私がそばにいる」とイオンの白い手を握り締めるエステル。
「バンパイアと人間がいがみ合わない世界をつくること」エステルは夢を語ります。
そんなエステルに微笑むイオン。
もう、すっかり仲良しですねvv
二人の仲良しっぷりに、アベルもきょとんとしてしまうくらいです。

ラドゥ。
かなりヤバげだから死んだかとも思いましたが、生きてました。
そして、彼の元に現われる、ディートリッヒ。
どうやら二人は仲間のようです。

さて、続きを見なきゃ!


OP ドレス(bloody trinity mix) BUCK-TICK



ED Broken Wings 種 ともこ

Posted at 22:34:50 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:0

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。