スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2006年10月26日

イノセント・ヴィーナス 第12話

「世界」

じ、仁が…っ(ガクリ)。

泣いても笑っても最終回。
仁VS丈ですが、結局のところ、「丈に出来て、自分に出来ないはずがない!」と驕っていた仁の自滅で決着がついてしまいました。
リミッターを解除しての発狂死。
救いがあるとすれば、丈に看取られて死ねたくらい。
あれだけひどい言われようされて、それでも恐慌状態に陥った仁をグラディエイターの外に引っ張り出したり、息を引き取った仁に涙を流す丈はやっぱり良い奴だよなぁ~。
でも、仁が丈と連れ立った行動するようになった理由は、今回の仁の話でなんとなく分かったけど、結局、丈がいつも仁に従っていた理由は何だったんだろう?

仁は早々に退場してしまいましたが、まだ黒幕ドレイクが残っています。
レニーと共に施設に侵入した虎二はすごく格好良かったんですけど、100km圏内にある機器すべてをコントロール出来るグラディエイターに乗っているドレイクには敵いませんでしたね。
途中で丈と交代するも、丈も歯が立たず。
結局、ドレイクを破滅に導いたのもグラディエイターそのもの。
仁同様、精神に異常が出て発狂。
おまけに、ドレイクがグラディエイターの外に逃げたあとも、ドレイクが乗っていたグラディエイターによる暴走は止まらず、被害は大きくなるばかり。
丈が直接乗り込んでアクセスしてみても駄目で、グラディエイターの暴走を止めたのは、セブンズチルドレンに対する沙那の想いでした。
トラブルメーカーの沙那でしたが、最後に良いとこ持っていけて良かったね。

その後。
ドレイクが死に、ファントムはなくなったけど、フリーダムステイツの問題は残っており、虎二とレニーは復興活動を行うらしい。
沙那は虎二達に引き取られることになったようですが、丈だけ一人で旅立つことを決め、沙那が丈についていかなかったのはちょっと意外でした。
沙那って好きな人にくっついていくタイプだと思ったんだけどなぁ~。
ま、それはともかく、最後が丈の笑顔で締めくくられていたのは良かったです。
無表情だった丈が、いつの間にかこんな笑顔が浮かべられるようになっていたと思うと、感慨深いですよ。

仁が死んでしまったことは残念でしたが、1クール楽しませてもらいました。


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國
スポンサーサイト

Posted at 20:47:03 | イノセント・ヴィーナス | コメント:2 | トラックバック:13

2006年10月19日

イノセント・ヴィーナス 第11話

「美神」

次回、最終回!!

虎二のフンドシ姿という衝撃的なサービスシーンから始まった今回のイノセント・ヴィーナス。
仁によって、沙那に真実が語られました。

グラディエイターは人の神経組織を組み込むことで機械的技術の限界を超え、力を導き出すもの。
セブンスチルドレンはグラディエイターに入れられるためだけに造られたクローン。
沙那だけがグラディエイターを増産できる鍵であること。
沙那の父は、沙那達にそんな残酷な運命を背負わせたくなくてブラックボックスにすべて封じ込めたこと。

グラディエイターに乗れるのは人間らしい感情のない者だけであり、自分もファントムも丈も同類だと仁は言いましたが、沙那は「違う!」と即座に否定しましたね。
すっかり丈の味方です。

その後、やっぱりというか部隊がやってきて砲撃を開始し、丈が迎え撃ってる間に仁は逃げ出すことに成功。
沙那は自分と一緒に育った第3世代のセブンスチルドレンを助けたくて、危険だからと反対する丈がいない隙にごらと共に施設へ行き仁に掴まるわけですが、仁にもピンチがやってきました。

仁がいない間にブラックボックスの解析に成功したドレイクが、沙那と逃亡用に用意していたヘリを押さえた上で不必要になった仁に処刑宣言。
グラディエイターのすべてを見極めるまでは死ぬに死ねない仁は、自分が丈と戦うこと、場合によってはリミッターを解除してもいいことを条件に、その場での処刑を回避。
前回、限界を超えた丈を見たのは仁だけで、ドレイクもその能力に興味を惹かれたから取引に応じたわけですが、なかなか際どい綱渡りですね。

それにしても、仁はどうしてそこまでグラディエイターのすべてを見極めることに執着してるんだろう?
そして、本当に黒いままEDを迎えるのか否か、激しく気になります。
今回も良い奴だった丈には、ぜひとも幸せなラストを迎えて欲しいな。


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國

Posted at 20:32:05 | イノセント・ヴィーナス | コメント:0 | トラックバック:12

2006年10月12日

イノセント・ヴィーナス 第10話

「決意」

丈が良い奴過ぎて、あやうく惚れかけました!!

虎二が打倒ロゴスを誓い、いよいよ本腰を入れる決意をした頃、沙那は「仁の口から真実を聞きたい」と仁との再会を望み、丈がその願いを叶えるため動き出すことに!!

虎二とレニーですが、すっかり元の鞘に納まった感じですね。
完全に虎二側の人間となり、協力を惜しまないレニーに、虎二のことが好きだったであろうおりょうさんは複雑な様子。
怒りの矛先は虎二に向かいましたが、これもモテる男の性ですね。

反対しても行くんだろうと、虎二は丈と沙那が仁の元に行くことを許してくれ、護衛としておりょうさんもつけてくれました。
ごらも付いてきましたが、役に立つのかな?
流石に沙那を連れて直接ロゴスに乗り込むのは危険だから、丈が一人で仁を捕らえに行くことになりましたが、丈の行動は仁にはお見通しだったようで、ファントム部隊と激しい戦闘。
仁の黒っぷりに拍車がかかっており、悪人面全開の仁が逆に清々しい。
リキにしたような仕掛けを丈のグラディエーターに施して、「狂い死にしたくなければ沙那の居場所を言いな!」作戦に出たわけですが、ここで逆に丈が沙那との約束を守りたい一心で子供達の神経と同調し、思いもよらないような圧倒的な能力を引き出すことに成功。
丈、あんたって奴は……(涙)!!
仁はそんな丈に驚きつつも凄いと狂ったように喜んでましたが、身を守るってことが頭から抜け落ちていたため、あっさり丈に捕まってしまいました。
(今回の仁が夜神月に見えて仕方ない…)

丈が仁を連れて脱出するのには、ファントム隊員であるスティーブが協力。
上官は信用ならないし、沙那の真実を知りたいという気持ち、丈の我が身を顧みず沙那の願いを叶えようとする姿に何か感じるところがあったんでしょう。
殺されてしまいましたが、いつかそのことがレニーにも伝わって、少しでも悲しんでもらえるといいね。

でもって、沙那の前に連れてこられた仁。
真実は残酷だと忠告しても真実が知りたいと望む沙那に本当のことを告げる気になったのか、それとも兵がやってくるまで時間稼ぎをするつもりなのか、とにかく何かを語ろうとしたところで今回は終わり。

仁、このまま悪役として敵対したまま終わるのかな?
黒仁は楽しくて大好きですけど、もう一回大どんでん返しが起こるのも見てみたい。


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國

Posted at 21:51:32 | イノセント・ヴィーナス | コメント:0 | トラックバック:11

2006年10月05日

イノセント・ヴィーナス 第9話

「救済」

丈×沙那と虎二×レニーが熱い!!

仁がブラック化し、ファントムに返り咲いてドレイクと協力&腹の探りあいをしている間に、丈×沙那と虎二×レニーが良い感じになってきました。
黒仁は最後までにもう一回くらい大どんでん返しがあっても良いと思うのですが、黒くなって生き生きしている仁を見るのは楽しいですvv

さて、まずは丈×沙那。
虎二の助けが入って、救出された丈ですが、仁に刺された傷が深く、重傷。
沙那も最愛の仁の裏切りのショックが激しく、瞳にも光がなかったのですが、軍からの攻撃でいしんがピンチの時、丈が傷だらけの身体で自分を助けてくれたことで、一番最初に仁と丈に救い出された時のことを思い出したようです。
今まで仁に心を奪われていて忘れていたようですが、丈はあの時も、身体をはって沙那を助けてくれていたみたいですね。
背中のひどい傷も、沙那を助けた時に負ったもののようで、それを思い出した沙那は丈にきゅんときたようです。
寡黙で無愛想だけど、心根はとても優しい丈、良い男です!

そして、虎二×レニー。
丈達救出の際、一緒にいしんにお持ち帰りされたレニーですが、ファントムは失態を犯したものをいつまでも置いてくれるような組織じゃないようで、たとえ解放されてもファントムに戻れなくなってしまいました。
そんなレ二ーに、心持ち次第では自分達の元に留まっても良いと言う虎二。
ツンデレなレニーは当然反発しますが、過去、虎二がファントムを去った時も、本当は無理やりでも自分も一緒に連れ出して欲しかったんじゃないかな。
いしんがピンチな時、戦闘艇に乗って、一人で囮になろうとしたレニー。
それを追いかけてきて、一緒に囮になってやる、借りはゆっくり返す、と虎二。
結局、いしんは沈没してしまいましたが、レニーの心の壁、大分薄くなったんじゃないでしょうか?


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國

Posted at 17:55:44 | イノセント・ヴィーナス | コメント:0 | トラックバック:12

2006年09月29日

イノセント・ヴィーナス 第8話

「喪失」

黒仁降臨!!

きっと黒いに違いないと疑ってきた仁ですが、ここにきて黒さ爆発!
真っ黒キャラに転身しました。
黒仁を夢見てきた私としては、この展開は痛いけど萌え!

ファントムの研究施設に沙那を助けにいくため、「いしん」に囮になってもらうよう頼む仁に司馬は一応OKを出しましたが、司馬は仁のことは信用していないようですね。
その理由として、グラディエイターに乗って平気なことがあります。
グラディエイターって、実験で死んだ子供の神経組織と搭乗者がリンクして動くらしいのですが、その時、子供の感じた痛みや恐怖が搭乗者にも伝わってくるようで、昔、グラディエイターに乗ったことのある司馬は二度と乗りたくないらしく、グラディエイターに乗っても平気なのは心に欠陥がある奴だけだと思っているようです。
なので、グラディエイターに乗って涙を流す丈のことは信頼してるみたいで、沙那のことも丈の方に頼んでいました。

ちなみに、グラディエイターのために犠牲になった子供達は、みんな、沙那と一緒に実験道具とされて子供達で、沙那だけが特別で、沙那を母体にすることでグラディエイターを量産できるから、軍は執拗に沙那を欲しがるらしいです。
司馬が阻止したいのはまさに、それ。

そんな沙那を救い出すために研究施設に忍び込んだ仁と丈でしたが、早々に発見され、精神異常を起こしたままのリキが二人の前に立ちはだかることに!!
恐怖を忘れたリキはべらぼうに強かったのですが、それが逆に肉体を追い詰めて自滅。
今度こそ、死亡。
結果が分かっていて、データを取るために出撃させたドレイクは鬼ですね。
でも、その後の仁はもっと鬼でした。

結局、捕まってドレイクの前に引き出された仁と丈は、同じく捕まっている沙那と再会できましたが、ここでドレイクが衝撃の事実を口にします。
それ即ち、沙那の父を殺したのは仁だってこと。
沙那と丈に事実を知られた仁は、善人の仮面を脱ぎ捨てて豹変。
ドレイクに取引をもちかけ、あろうことか、沙那と丈に用済み発言!!
とどめに丈の腹部を刺しやがりました!!
これまで仁のことを一途に想ってきた沙那と丈のショックを受けた顔が痛ましい。
今回のサブタイトル『喪失』って、沙那と丈の仁に対する絶大な信頼のことですよね。

これから仁に裏切られた丈がどう動くのが激しく気になりつつも、黒仁にときめきを感じずにはいられません。
次回は司馬が沙那救出のために動いてくれそうな感じです。
こっちも楽しみvv


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國

Posted at 17:43:45 | イノセント・ヴィーナス | コメント:2 | トラックバック:7

2006年09月22日

イノセント・ヴィーナス 第7話

「策謀」

丈が仁に逆らった!!

虎二の指揮により、国防軍艦隊を退けて薩摩にたどり着く事が出来た仁達。
「あの男に任せておけばいい」なんて、いつの間にやら丈は虎二のことを信頼していたようです。

仁は調律の狂いと沙那の体調異変についての謎を調べたくてならないようで、嫌がる素振りを見せた沙那に頼み込んで、前回の再現を!!
やっぱりというか、今回も途中で沙那が苦しみだしたのですが、それでもやめようとしない仁を見て、初めて丈がもうやめた方がいいと仁に逆らいました!!
丈が仁に逆らうなんて今までなかったのでびっくりです!!
でも、「うるさいっ!」と手を払いのけられ、睨まれて、反抗はそこで終了。
丈のへたれさに萌えつつ、仁の黒さにときめきました。
結局、その後すぐに沙那が倒れて、どっちにしても実験はそこで中断されたんですけどね。
その後、丈にだっこされて病院に行く途中、「仁のためなら、沙那、頑張るから」なんて健気な言葉を苦しい呼吸の間で呟く沙那のいじらしさにきゅんときたvv

一方、ロゴス側ではレニーが2度目の虎二暗殺にやってきて、またもや失敗。
私怨なら撃ってもいいぞって虎二は言ってましたが、レニーに虎二は撃てそうにないですね。
虎二をみすみす見逃してしまったレニーですが、どさくさにまぎれて、沙那を攫うことには成功。
一連の騒ぎの黒幕はドレイク。
次回は沙那奪還話になるのかな?

今回、沙那に対して珍しく鬼畜だった仁。
やっぱり、こっちが本性かなと思わないでもなかったり。


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國

Posted at 17:56:19 | イノセント・ヴィーナス | コメント:2 | トラックバック:7

2006年09月14日

イノセント・ヴィーナス 第6話

「暴走」

でこピタ萌えっ!!

連弾中、沙那が突然倒れてしまった原因ですが、仁が密かに調べる限り、やっぱり意図的に狂わされていたと思われる調律にあるようですね。
誰がどのような目的でそんなことをしたのか気になりますが、仁が自分が調べたことを千倉に隠した理由も気になります。

でもまあ、それはおいといて、思っていたより早く意識を取り戻した沙那。
気を失っている間もずっと仁の名前ばかり呼んでいたっていうのだから、本当に可愛い子です。
そして、そんな沙那にでこピタで熱をはかり、にっこり笑顔の仁。
美形と可愛い子ちゃんでとっても絵になるvv
…それにしても仁って、最初はてっきり沙那のこと利用するために沙那に優しくしてるんだと思ってたのですが、だんだん生粋のロリコンな気がしてきた。

ラブラブな仁&沙那ですが、いつまでも微笑ましい時間は続かず、ファントムの襲撃。
丈と友達になれそうだと思っていた青年も、千倉もお亡くなりに!!
ファントムはファントムで、団員の知らない間に全員のグラディエーターに厄介なものを埋め込まれており、メンバーの一人、リキが戦闘中、発狂し、意識不明の重体。
司令官のドレイクは、「お前等の替えなどいくらでもいる」と非情な発言をするし、ファントム内も大変そう。

ファントムの襲撃により、多くの死者が出てしまいましたが、ひとつ良いこともありました。
しばらく出番がないと思っていた虎二の復活!!
頼りの千倉が死んでしまったので、今度は虎二の故郷、薩摩に皆で行くことに。
しょっぱなから戦闘で前途多難ですが、次回は虎二の活躍が見られそうで楽しみ。


イノセント・ヴィーナス 1



TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1



Noble Roar 妖精帝國

Posted at 17:07:33 | イノセント・ヴィーナス | コメント:0 | トラックバック:9

2006年08月25日

イノセント・ヴィーナス 第5話

「連弾」

ピアノの弾ける美形って良いねvv

千倉周三の元へやってきた仁達ですが、千倉のところにいる若者達と丈が早々に対立。
丈の方は仁に被害さえなければあまり気にしていないようですが、相手の方はかなり丈に対して反感を持ってるっぽい。
それでも、リーダーらしき青年が丈のことを気に入ったようなので、そのうち、丈と仲良くなるかも。

丈が長時間、一人で暇を潰している一方、仁&沙那は千倉とお話。
千倉って、沙那の母方の祖父だったんですね!
仁は沙那の父親と知り合いで、千倉のことも、沙那の祖父だと最初から知っていたようです。
何も知らなかった沙那はショックだったようですが、そこは仁大好きっ子だから大丈夫。
仁から父親がどうなったか聞いてショックを受けたようですが、仁のために何かしたいと、本当に健気vv

そして、仁の目的もやっと明らかに。
善良な政治家だった、自殺した父親の仇を取ることが彼の目的で、沙那のこともその経緯でロゴスから救出することになったようです。

サブタイトルの「連弾」ですが、仁と沙那の連弾でした。
美形と美少女の連弾……すごく絵になります!!
ピアノが大好きな沙那ですが音感がすごく良いですね。
これも、沙那の『力』なのでしょうか?
仁とピアノを弾いている途中で異変が起こり、倒れてしまいましたが、大丈夫なのかなぁ~。


Noble Roar 妖精帝國


TVアニメ「イノセント・ヴィーナス」ドラマCD Vol.1

Posted at 17:38:30 | イノセント・ヴィーナス | コメント:0 | トラックバック:9

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。