fc2ブログ
2008年12月08日

地獄少女 三鼎 第10話

「鏡の中の金魚」

営業マンの口車に乗せられちゃ駄目だろう……。

今回は、着物の営業マンの口車に乗せられて何着も着物を買うようになった母にうんざりして素っ気無く振舞う父に、ますます女として見られていないのではという気持ちを募らせ、更に言われるがままに新しい着物を買う母を見て、あの斉藤という営業マンさえいなければ!と地獄少女と仮契約をすました少年、和也の話。

結果としては母親の愚かな行為を助長しただけだったわけですが、和也が父に素っ気無くされて寂しそうな母のために、アルバイトで稼いだお金をこっそり母親の財布に忍ばせる行為からしても、昔から駄目駄目な母親だったら父親の方により同情がいくだろうから、あの営業マンがくるまでは母親も普通に家事をこなして、いたずらに出費を重ねることもなかったんでしょう。
そして、和也が入れたお金を、態度は冷たくても、本当は自分が綺麗でいることを喜んでいると勘違いして、夫が入れたものだと母親が思ったことからも、最初は夫も妻の着物姿を褒め、出費に関してもたまの贅沢として認めていたんだと思います。裕福な家らしいし。

正直、あんなスキンシップ過剰なよく口の回る営業マン、私ならうっとうしいとしか感じず、相手にする気にもなりませんが、営業マンが何を言ってきたって、いつまでも綺麗であることに固執するあまり、家事をほったらかしにして、限度を超えた買い物を続けるのは妻として失格でしょう。
父の態度が、更に母の不安を煽って負のサイクルを作り出したわけだから、父も母がここまでになる前にちゃんとした時間を作って互いの気持ちを話し合うべきだったかと。

結果、母をカモとして売れない着物を高く売りつけていることを携帯で同僚と思われる者に話していた営業マンの姿を見て、死後、地獄行きのリスクを思ってなかなか心が決まらないでいた和也もついに糸を引くことになったわけですが、根本的問題は何も解決していないわけだから、当然、後釜の営業マンがやってくるわけで、母の態度も変わらず。

地獄コントは普通かな。
前回、最後までセリフを言わせてもらえなかったあいちゃんが、今度は最後まで言わせてもらえて良かった。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 17:46:19 | 地獄少女 三鼎 | コメント:0 | トラックバック:16

2008年12月01日

地獄少女 三鼎 第9話

「はぐれ稲荷」

大学生が救われねぇーっ!!

こっくりさんがよく当たることから、こっくりちゃんとあだ名され、脱空気出来た楓。
はじめはなくし物を探すのを手伝う程度の他愛もない内容だったのが、先生を呪ってくれという依頼を受け、それが成功したことが原因で、今度はストーカー大学生を呪い殺して欲しいという依頼を受けることに……。

空気扱いされていた昔に戻りたくないがために、エスカレートしていく依頼を安請け合いして、ついにはこっくりさんの力で大学生殺害が出来ないがために、地獄通信にまで手を染めた愚かな少女の話でした。

結局、何の代償もなく、本来、自分が地獄通信を使って地獄送りしようとしていた大学生を、楓を挑発することで消すことが出来たちずるの一人勝ち。
最後は脅迫まがいだったとはいえ、本来なら恨みの対象でない相手を、なかなか呪い殺せないがために逆恨みして、自分自身が死後地獄行きになることと引き換えに地獄流しした挙句、更なる殺しの依頼を受けることになり、袋小路に追い詰められた楓は自業自得。
一番の被害者は、本当はストーカーではなく、ただキモいというだけの理由で地獄に流されてしまった大学生でした。
そりゃ、ちずるも、代償を払ってまで自分自身で大学生を地獄に流したいとは思わないでしょう。
多分、興味本位で地獄通信にアクセスしたものの、代償を知って、それならや~めたって思ってたところで、気に食わなかった楓がやけにもてはやされるようになったから、大学生を呪い殺せればそれでいいし、うまくいかなくても楓を糾弾する口実になるって程度の気持ちで楓に声をかけたんだろうな。

とはいえ、最後はすっかり病んでしまった楓。
地獄少女への依頼はもう出来ないけど、ちずるがこの調子で更に追い詰めていったら、いつか本当にこっくりさん、もしくは自らの手でちずるを殺す日が来るかも。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 17:45:37 | 地獄少女 三鼎 | コメント:0 | トラックバック:12

2008年11月25日

地獄少女 三鼎 第8話

「隣」

犬耳あいちゃんvv

今回はペット禁止のマンションで隠れて愛犬モモを飼っていたブルジョワのみおいが、無邪気な悪意でお隣の新谷みちるの神経を度重なり逆撫でした結果、みちるから嫌がらせを受けるようになる話。

たまたまはぐれていたモモを見付けて、首輪についていた住所を見てみおいに届けたことでみおいと知り合ったゆずきでさえ、みおいの発言による空気の悪さに居心地が悪くなったのに、自分の言葉がプライドの高いみちるにどんな感情を与えるかまるで分かっていないのだから困りもの。

初めは軽い仕返しだったのが、みちるがあまりに鈍感で仕返しの意図にも気付かないために、みちるのいやがらせは犯罪行為にまでエスカレートしていき、愛犬にまで被害が及んだため、ついにみおいはみちるに対して憎しみを抱くようになるわけですが、みちるがみおいに対していやがらせをするようになったきっかけを作ったのはみおいの無邪気な悪意が発端なので自業自得といえ、どっちもどっちだなぁ~と。

みちるに犬に危険な食べ物を故意に食べさせられ、重症に陥ったモモのために取り寄せたトイレシートをみおいが危険をおかしてまで取りに行こうとしたのは、みちるに対する反発心というか、寧ろ意地になってたのかな?
大半は拾い終わってたわけだし、普通ならトイレシート一枚のためにあそこまで無理はしないと思うので。

みおいがマンションから転落しかかった時、モモが藁人形を加えてやってきたシーンは、愛らしい顔してそこまでみちるに復讐したかったか、モモ!と思ってしまいましたが、犬のすることだし、それは穿ちすぎかな。

今回のお仕置きは犬にちなんだコント。
イヌレンジャーってなんだよ!?
みんな結構ノリノリで、みちるを地獄に流す時、犬耳だったあいちゃんに萌えましたvv

結局、モモもみおいも命に別状はなかったようですが、みおいの性格だとこれからもトラブルが発生しそう。
お嬢様育ちのようだし、これまで周囲にみおいの失言を注意してくれる人がいなかったのがみおいに無邪気な悪意を振りまくような性格にしたんでしょうけど、自分が他人を傷付けていることに彼女自身が気付かなければ、いつかみおい自身が地獄に流されることもありそう。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 17:55:48 | 地獄少女 三鼎 | コメント:0 | トラックバック:15

2008年11月17日

地獄少女 三鼎 第7話

「うそつき」

ヤンデレの子はヤンデレ?

今回は東京から転校してきた犬尾の家庭の事情を知ったクラスメイトの鷲巣が、おせっかいという名の心配をする話。
心配だけならともかく、ずかずかと他人の家庭の事情に首を突っ込んでくるのが鼻についていたら、お約束な展開でした。

田舎は噂が広がりやすいってことで、夫に捨てられ故郷に戻ってきた母親が、家事いっさいを息子に押し付けてぐうたらな生活を送りつつ、世間体を気にした嘘を息子に強要し、暴力を振るったり、他所の男とキスしたりとやりたい放題だったのも相当なものですが、仮にも血の繋がった母子。
なんだかんだで、何らかの情があったのかもしれません。

で、無邪気な悪意で犬尾家を掻き乱す鷲巣に白羽の矢が当たることに。
確かに母親に嘘を強要され、いいように使われている犬尾に対して心配もしていたのでしょうが、その好意は独りよがりの無責任であり、偽善者な自分に酔っているというか、口では何を言っていても、結局、傍観者の立場で人の不幸を楽しんでいると解釈されるもの。
今回の地獄コントは、まさにそんな鷲巣にふさわしいものでした。
ただ、あいちゃんが決めセリフのみで、コントに参加してくれなかったのが残念。

一方、鷲巣を地獄に流した犬尾はいよいよ本格的に壊れてしまったようで、ようやく母親もそのことに気付いたようですが、まさに救いようがない展開でした。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 17:45:54 | 地獄少女 三鼎 | コメント:0 | トラックバック:18

2008年11月10日

地獄少女 三鼎 第6話

「わたしのセンセイ」

あいちゃんに何てことするんだっ!?

地獄通信のターゲットにされて、これも自分の美貌故、とナルシスト全開で喜んでいた一目蓮でしたが、依頼者の意中の相手は骨女でした。
自分は骨女と付き合っていると勘違いされて恨みを買っていただけと知った時の一目連が、なんか可愛くて笑える。
でも、骨女のさばさばして、姉貴肌なところに女生徒が憧れる気持ちはよく分かります。

4藁がターゲットに指定された場合、地獄に流されるかどうかの答えは否。
最初の依頼者である芹沢の依頼は、あいちゃんによってエラーで返されていました。
ただ、それでは話が終わらないってことで、同じく骨女に憧れ、何かにつけ芹沢に骨女との中を見せつけたりつっかかってきていた綺羅に、一目連を地獄に流す依頼のこともあって芹沢を気に掛けた骨女が芹沢に優しく接したのがきっかけで、芹沢の腹黒さはヒートアップ。
思わせぶりなことで骨女との仲を見せつける作戦は策士だなぁ~とは思いますが、やり過ぎたために綺羅の怒りを買って、地獄に流されてしまいました。

それにしても、今回の地獄コント。
骨女争奪レースですが、大人しい顔して、勝つためには本当に手段を選ばない女ですね、芹沢って。
4藁だけにあきたらず、あいちゃんまで、普通の人間だったら明らかに即死だろって高さからあいちゃんを付き落とすなんて!!
決め文句の時も、地獄行きの舟を漕ぐ時も痛そうだったんですけど。

一方、芹沢を地獄に流してすっきりした綺羅はといえば、今度は輪入道に憧れるように。
自分を特別扱いしてくれる大人なら、相手は誰でも良かったって、真理だなぁ、と。
とはいえ、綺羅も芹沢とやってることは変わらないし、因果応報でいつか地獄に流されることになるかも。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 18:09:13 | 地獄少女 三鼎 | コメント:2 | トラックバック:18

2008年11月04日

地獄少女 三鼎 第5話

「うつせみ」

お仕置きコントは?

今回はモンスターペアレントがテーマ。
怒ったところを見たことがないくらい優しい新山先生が、ちょっとした事件の誤解(?)が元で、孫の利々香を溺愛している婆さんに嫌がらせの域の苦情を受け、追い詰められていく話。

深夜の無言電話から始まり、学校への抗議、糾弾のビラ配り、悪意ある一方的内容の電話……教師仲間は婆さんの方に問題があることを理解しており、一致団結して苦境を乗り切ろうとしてくれており、孤立無援ってわけではないとはいえ、今の社会では責任だけは重く、立場は弱い教師。
生徒達に悪影響を及ぼさないためにも、正面切って婆さんと対立するわけにもいかず、ほとぼりが冷めて嵐がさるのを待つのが精一杯で本当のことも満足に言えない状況に鬱積していく一方。
一度は地獄通信にアクセスするのを思い留まるも、興奮した婆さんを落ち着かせるにはこうするしかなかったという言い訳で、婆さんに新山先生を悪者にした嘘を吐き、あまつさえ、「先生は先生だから、大人だから大丈夫ですよね」とのたまう利々香に絶望し、あいちゃんの説明を最後まで聞くこともなく、速攻利々香を地獄に流してしまいました。
先生だから、大人だからって、同じ人間なんだし、傷付かないわけないのに、そんな当たり前のことさえ分からないような教育をされてきたんですかね。現代社会では利々香みたいな考えの子供がたくさんいそうなところがまたつらい。
利々香を流すことで、利々香を溺愛していた婆さんへの復讐にも繋がり、三鼎が始まって以降の地獄流しでは一番理解出来る内容。
とはいえ、聖職者である教師でありながら、責任を放棄して生徒を地獄流ししたことはやはり問題。
一番残念だったのは、地獄少女を見る上で一番楽しみにしているお仕置きコントがなかったことですけど。

次回は教師に恋した生徒が、教師に自分だけ見てもらいたいがために地獄少女に依頼する話?
恋する相手はやっぱり一目連かな?


地獄少女 三鼎 一

Posted at 18:47:54 | 地獄少女 三鼎 | コメント:1 | トラックバック:15

2008年10月29日

地獄少女 三鼎 第4話

「兄貴」

なんだかなぁ~。

タイトルからしてBL臭が漂っていましたが、残念ながら依頼主も兄貴も私の好みとはちょっと外れていたため萌えることはありませんでした。
関係性としては、恋愛ではなく憧れ。

いじめを受けていた猛は、颯爽と現れて自分を助けてくれ、強いだけでなく、優しく、格好良く、真面目で頭も良い仁志田にどんどん傾倒し、自らも仁志田の励ましもあって良い意味で変わるのですが、検事になりたいと夢を語っていた仁志田が、バスでの事件の際、被害者を助けるどころか脅えるだけで何も出来ず、あまつさえ、何も出来なかったことに対して言い訳までしたことで失望し、仁志田を地獄に流し、自らも元のいじめられっこに戻り、「僕がちょっと変わったところで社会は何も変わりませんから……」とか、やりきれない。
猛が変わったところで社会は変わらないかもしれませんが、少なくとも猛は仁志田と知り会って自分を変えたことで、自分がいじめの対象になることからは脱することが出来てたんだから、失望した仁志田とは付き合いを絶つにしても、元の卑屈ないじめられっこに戻る必要はないのでは?
それに、猛に神聖視させといて失望させてしまった仁志田には確かに非はあるけど、実際、猛をはじめ、バスに乗っていた人全員同罪だったわけで、挽回の機会もなく、問答無用で地獄流しには同情します。
地獄コントも、裸太鼓というサブタイにふさわしい男臭い内容でしたがイマイチパンチに欠け、あいちゃん達にもやるきなさ気だったし。

今回は事件そのものより、はっきり顔を出さなかった保険医の先生の方が気になりました。
なんとなく、つぐみが大人になった姿みたいな気がするのですが、実際のところどうなのでしょう。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 18:11:08 | 地獄少女 三鼎 | コメント:0 | トラックバック:19

2008年10月21日

地獄少女 三鼎 第3話

「腐った果実」

努力は才能のない人が縋る最後の希望なの。

自分が死んだ後も自分の歌が歌い継がれていくような伝説の歌手になるのが夢の人気アイドル・ジュン。
今でこそ夢を抱いて生きる彼女でしたが、昔は性格が悪く、養成所時代、同期の昌子をいじめていた。
というわけで、過去、散々いじめられた上に、ジュンと違って憧れの歌手になることすら出来なかった昌子がジュンに復讐しようとする話でした。

結局、ジュンは過去のことは反省しており、昌子に対して土下座までしてみせた。
ただ、最初、ジュンが反省したら~と思っていた昌子が、ジュンがあっさり謝罪したことで、ジュンに自分を売り込んでデビューさせるよう要求を追加したことに対しては、昌子の歌唱力があまりにひどいことを知っていたため、才能がない者は例えデビュー出来てもやっていけないので口添えは出来ないと一刀両断。
それに怒った昌子は、強請用に使おうとしていたジュンの写真を出版社に渡そうとしたけど、事前にそれを察知したジュンの事務所の人間が、300万円と引き換えに強引に写真を奪ったようで、過去、自分をいじめた同期でありながら自分だけ成功したジュンに対する妬み、歌手になる夢を諦めなければならないという絶望を抱えたままジュンのコンサートにやってきていた昌子は、ジュンが過去の罪をファンの前で告白してファンから許される姿を見て、ついに藁人形の糸を引く、と。

たとえ相手が反省し、誠意を見せたとしても、そう簡単に恨みは尽きるものじゃない。
昌子はまだ若くて精神的に未熟だから尚更。
ジュンを憎みつつも、自分の部屋にポスターを貼ったり、コンサートに行ったり、元は自分と同じ土俵に立ちながらも成功しているジュンに対して夢の代理人みたいな認識も心のどっかにはあったんだろうけど、なんとも残念な結果となってしまいました。
ジュンが地獄に流されても、ジュンはファンの中で伝説となり、自分が死後地獄行きになるのと引き換えにしてまで復讐を果たしたのに、昌子の憂いは晴れないままで、このまま昌子は絶望したまま生きるか、自殺でもしそうです。

今回のお仕置きコントですが、地獄コンサートって、もしかしてあいちゃんの趣味ですか?
そのわりには、歌いだす前に「カーン」となってしまいましたが(苦笑)。


地獄少女 三鼎 一

Posted at 08:08:30 | 地獄少女 三鼎 | コメント:0 | トラックバック:19

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる