スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2009年08月04日

花咲ける青少年 第17話

「届かぬ想い」

立人、激怒!

屋敷を飛び出した先で誘拐されたルマティを救出するために、強引な手に出て負傷した立人。
危機を乗り切るため、3億ドルという法外な金額、自ら身代金を払うと交渉に出ました。
兄貴分の方は叩き上げらしく立人の甘言に耳を貸すことをしませんでしたが、若い方のブライアンは心が揺れたようで、まずは立人の狙い通り。
兄貴分がその場を離れている隙に、更に悪魔の囁きをし、結果、海上での引き渡し間際、ブライアンが兄貴を裏切ったことでルマティを逃がすことに成功。
その後、騙されたことに激怒したブライアンに銃口を向けられピンチにはなりましたが、救援部隊がブライアンの肩を狙撃したことで難を逃れました。

無事救助され、ルマティに労わりの言葉をかける立人でしたが、今回のことで罪悪感を抱いているルマティは「俺には命をかけてまで守ってもらうような価値なんてないんだ!!」と立人の手を振り払い、そこで、これまで冷静な仮面を被っていた立人の溜まり溜まった不満と憤りが爆発。
ルマティと二人になるよう部下に言い置いて、犯人に閉じ込められていた家に入ると、ルマティを平手打ちし、バーンズワースがルマティを匿ったのは純粋な善意であり、失われた命は戻ってはこないこと、ラギネイの石油はいずれ枯渇し、今どうにかしないとこの先内乱が発生して国は滅びること、その時、不満は王室に向けられるだろうこと、今、ラギネイに必要なのは強力な指導者であること、真実なだけに耳に痛いお説教炸裂。
立人としては自分自身の生い立ちもあるし、ルマティを認めているだけに、ルマティ自身が自分自身の器から目をそらせているのが我慢ならなかったんですね。
ルマティはそろそろ自分の立場を自覚し、ブラコンを卒業して大人になるべき。

次回は花鹿とナジェイラの女の戦いがありそうです。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
スポンサーサイト

Posted at 17:50:39 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:9

2009年07月22日

花咲ける青少年 第15話

「月下の巫女」

人の心って難しいんだね。

ルマティが陥れられたことがきっかけで、ラギネイの政権争いに首を突っ込むことになった花鹿達。
ユージィンは王位継承権第3位のイズマル王子に探りを入れに行った帰り、王位継承権第4位のナジェイラに呼びつけられましたが、彼女は自分を楽しませてくれるなら誰が王位についてもかまわない、自分本位な高飛車女でした。
ナジェイラは花鹿にも興味を持っている様子。
気まぐれだし、感情の起伏が激しいし、他者を見下しているのがありありと分かる態度だし、どう考えてもお近づきになりたくないタイプですね。

一方、ユージィンの身を案じて大使に会いに行った花鹿は、そこでローゼンタールとバーンズワースの関係を聞き、カールの父がバーンズワースを憎んでいると知ることに。
自分の名を聞いた途端、カールの態度が豹変した理由も分かりました。

バーンズワースとは敵対関係にあるけれど、花鹿に対して個人的な恨みがあるわけではないカールは、エレベーターで気絶したところを介抱してくれた花鹿への恩を返すために、ユージィンがナジェイラの元へ連れて行かれたまま帰ってこないことを聞いて、ナジェイラの部屋に。
どうやらナジェイラはカールのことが苦手らしく、カールが部屋の前で声をかけると逃げて行ったようで、ユージィンは無事花鹿の元へ帰れました。
ローゼンタールとしては、利発な王も、毒そのものの王女もいらず、ナジェイラをあまりつけあがらせるのもよくないと考えているようですね。

そして、ルマティ。
外へ出たいという欲求を、立人に正論で言いくるめられたものの、余計に意固地になってしまったようで。
立人はルマティの成長を促そうとしているのですが、ポーカーフェイスで意地悪い態度を取られたら、ただでさえ余裕がなく、未だ精神的に大人になりきれていないルマティに立人の真意を察するのは難しいでしょうね。
しばらく大人しくして油断させたところで屋敷から抜け出す算段のようですが、それはイズマルを傀儡の王に企てるカールの望むところ。
次回は勝手な行動に出たルマティがピンチになりそうです。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:55:24 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:5

2009年07月15日

花咲ける青少年 第14話

「ぬくもり」

カールとの出会い!

王位継承権第3位のイズマル王子をたらしこみに行ったユージィンを心配して、念のため、大使館に連絡を入れに行くことにした花鹿。
忘れ物を取りに一人で部屋に戻る際、ホテルのエレベーターでカールと出会いました!
序盤から登場してたのに、花鹿とカールが実際に会うまでには結構かかったなぁ~。

二人が軽く言葉を交わしている最中、エレベーターが突然電気が落ちて停止してしまったことが原因で、呼吸困難に陥り意識を失ったカールを介抱するため、自分の部屋に連れ帰った花鹿。
子供の頃に井戸に閉じ込められた経験から閉所恐怖症になり、それを克服出来ないでいることを恥じているカールですが、無理に震えをとめなくてもいいじゃないかと手を握り締めてくれたり、恐い夢から救ってくれたり、天然マイナスイオンを撒き散らしている花鹿に救われたような気持ちで、すぐに好感を抱いた様子。
ただ、そのすぐ後に花鹿が敵対企業バーンズワースの一人娘だということを知って、壁を作ってしまいましたが……。
でもまあ、借りは返すと言ってるし、花鹿個人に嫌悪感を抱いた様子もないし、今後に期待。
花鹿の相手としては立人をプッシュしてますが、単独キャラとしてカールは大好きですvv

一方、ノエイがラギネイに戻る決意をセズンに話しているのを盗み聞きしたルマティは、何か考えている様子。
国のことやソマンドのことで気が気じゃないルマティとしては、立人の目を盗んで一人でラギネイに戻ろうとする、くらいのことはやらかしそうですね。

そして、自分の武器を存分に利用してイズマルをたらしこみに行ったユージィン。
あっけなくイズマルを陥落させ、次に会う約束を取り付けた帰り、イズマルの住む屋敷の真の主であり、王位継承権第4位のナジェイラと強引に対面させられることになりました。
イズマルと違って、一筋縄ではいかなさそうなナジェイラ。
何が目的なのか気になります。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:37:39 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:7

2009年07月07日

花咲ける青少年 第13話

「太陽の国」

花鹿一向、いざラギネイへ!

ラギネイ国王の死と自らが反逆罪に問われていることにショックを受けているルマティに代わり、ユージィンと寅之助と一緒にラギネイに探りに行くことにした花鹿。
ルマティのアメリカ亡命については、ハリーが裏から手を回してくれたようです。

さて、ラギネイへやってきた花鹿一行ですが、国王の死とルマティの件でものものしい警戒態勢が取られており、半鎖国状態。
アメリカの大統領補佐官にも顔が効くバーンズワースの一人娘ってことが強みで入国出来、安全もある程度保障されているようですが、一筋縄ではいかなそう。
花鹿の出生の秘密を知った留守番組の立人は、世が世なら今のラギネイ国王継承権第一位は花鹿に気付いているようですが、万が一にもその事実がラギネイの人間にバレたら大事です。

ルマティを陥れたソマンドですが、ますますルマティの存在に怯え、引きこもり、クインザなしでは精神を保っていられないほどの弱りよう。
そんなソマンドを励まし、甘い言葉を囁く裏で、自分の思い通りに国を動かそうとしているクインザですが、ソマンドの名を借りてわざと国を陥れ、膿を出し切り、綺麗になったラギネイにソマンドがただ一人主君と崇めるルマティを招こうとしているんですかね。

一方で、バーンズワースの敵対企業であるローゼンタールの息子カールもラギネイに。
ラギネイの政権争いを煽って、ラギネイを舞台にバーンズワースとローゼンタールの戦いが始めるつもりのようですが、企業家としてのカールは格好良いですね。
ヘタレで弱い一面のあるカールが私は大好きなので、早く花鹿と会ってください。

ソマンドとルマティが前面に出ていますが、ラギネイには王位継承権第三位のイズマルと第四位のナジェイラがおり、花鹿のためにイズマルをたらしこんでくることにしたユージィン。
ノリノリなのが頼もしい!
ユージィンが本気で色目をつかえば、きっとイズマルもイチコロですね♪

次回は花鹿とカールの出会いです。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:48:29 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:7

2009年06月25日

花咲ける青少年 第12話

「ヒトリ」

クインザ、強引に巻き込みやがった……。

前回でマハティ編は終了。
フレドの言葉から、立人はハリーがマハティの息子、つまり花鹿とルマティがいとこだといことに気付きました。
政権争いで厄介なことになっている今のラギネイに関わるのは危険なのですが、とりあえずは平和な日常。

花鹿は遊びに行ったアパートでまたしても女性関係でトラブルを起こしていたユージィンを引き取り、連れ帰った屋敷でにこやかな表面上のやりとりとは裏腹に、心の中で悪態をつきあっている立人とユージィンが面白い。
犬猿の仲の二人だけど、相変わらず息が合ってます。

ルマティも花鹿に会いに来て、天然同士の二人がきゃっきゃうふふとズレた思考回路で夜遅くまでおしゃべりしていてそのまま同じベッドで朝を迎えて立人に叱られたり、超強気なプロポーズをしたルマティが、実はまだ恋愛感情がどんなものなのかイマイチ分かってなくて、二人揃って、いつかそんな感情が芽生える日が来るのが楽しみとかなんとか……。
花鹿を巡るライバルではあるはずなのに、立人もユージィンもルマティに対しては好意的なのも面白い。
まあ、精神的にお子ちゃまな現在のルマティには危機感を抱かないってのもあるのかもしれないけど……。

一方、ルマティを即位させるためにクインザが暗躍。
ラギネイに戻った後、あっという間にソマンドの心を掴んだようで、ノエイにソマンドからの言葉を伝えたり、ルマティに何があっても自分の忠誠を信じて欲しいと思わせぶりなことを切実に訴えて一人で先に国に戻ったり……。
しかも、クインザが屋敷を後にしてすぐ、ラギネイ国王が死去し、ルマティが反逆罪で国外退去を命じられているとの情報が立人に……。
これはもう、クインザの作為を考えずにはいられません。

花鹿もバーンズワースも問答無用でラギネイの政権争いに巻き込まれてしまいましたが、この時点でクインザが花鹿の出生について知らないってことも、後の不安の種になりそう。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 19:44:14 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:4

2009年06月09日

花咲ける青少年 第10話

「クロス・デイズ」

立人は大事な私の兄だ。夫になんかできないよ!

今回はマハティ編。
ルマティの祖父マハティと、花鹿の祖父母であるキャサリンとフレドリック・バーンズワースの出会いの話。
国際会議出席のためニューヨークを訪れたマハティが暗殺者に襲われ逃亡中のところを、仮装パーティの参加者だと勘違いしたキャサリンが強引にバーに連れて行ったのがきっかけだったようです。
この時、フレドはキャサリンの友人。
マハティですが、ルマティ以上に王子様らしいタカピーな性格であり、白人嫌いの女嫌いだったようですね。そして、フレドの目から見てもすごいカリスマの持ち主。
花鹿の父であるハリーの出生に触れることはタブーとされていたし、今回、フレドが久々に会った花鹿を見て「よく似てきたものだ、まるで魔法のようだ」と呟いたり、ルマティのことを聞いて驚愕したことからも、マハティとキャサリンの関係については次回に持ち越しのようですがハリーの出生の秘密は見当がつくというもの。

個人的に、フレドから立人は夫候補じゃないのかと聞かれた花鹿が、兄のように慕っている立人を夫になどできないと言ったシーンにニヤニヤしました。
今の花鹿にとっては、夫よりも兄のほうがよっぽど近しい人物のようで、まだまだ立人の逆転劇は起こりえそう。
頑張れ、立人!


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:58:12 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:6

2009年06月01日

花咲ける青少年 第9話

「変わらないもの」

久々の日本!

今回はドタバタコメディーでした。
日本で落ち合うことになっていた花鹿とユージィンでしたが、一足早く日本に来ていたユージィンが花鹿が友人だと話していた由依に興味を持って、わざわざ校門前で待機までした由依に会いに行き、そのまま由依宅へ。

超絶美形のユージィンのキラキラっぷりに由依の母も弟も動揺しまくり。
特に由依ママは、その後、ユージィンを追って花鹿・寅之助・立人までもがやってきたことによって、浮かれてお洒落するまでに。
寅之助のうっかり失言も、立人とユージィンの大人げないいがみ合いも相変わらずで笑わせてもらいました。
ユージィン達のきらきらっぷりにドキドキしながらも、花鹿との再会を一番喜んでいる由依も良いですね。
花鹿から手紙が来ないことを不安に思っていた由依でしたが、花鹿は花鹿でバーンズワースの名を知った由依が自分を見る目が変わっていないか不安に思っており、今回、再会して互いの気持ちを伝えあったことで、更に強い絆で結ばれた感じ。
由依パパもすごく良い人で、善良な一般人代表な由依一家には癒されました。

次回は過去編。
花鹿の祖母の話がありそうです。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:53:35 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:1

2009年05月25日

花咲ける青少年 第8話

「プロミス」

友達の約束だ。

ルマティを元気付けようと、バナナのカップケーキを作って届けにきた花鹿。
しかし、クインザに笑顔で門前払いされて、ルマティに会うことができませんでした。
しかも、ルマティを次期王にしようと決意を固めているクインザは、ルマティがラギネイ以外の女性と恋愛関係になることを良しとせず、万一のことがないようにと、カップケーキを捨てた挙句、ルマティに花鹿が心配してやってきたことすら伝える気がないほどの徹底ぶり。
セズンに対しての「大人になれ」発言とか恐すぎです。
ルマティへの忠誠心は絶対だけど、行き過ぎてどこまでも冷酷になりそうだからなぁ~。
立人は立人で、懲りずに花鹿に危害を加えようとしたブリジッドを今度こそ一刀両断で切り捨ててましたが……。

ひたすら恐いクインザと、黒さすら萌えな立人をよそに、花鹿とルマティの子供組はなんとも微笑ましい。
どんな時も味方だと、友達の約束としてキスを送りあう二人が可愛い。
飛行機の中で花鹿にもらったペンダントを嬉しそうに見つめ、従者に対して、友達と学友は違う!と言い切ったり、今後に期待。

次回は再び日本。
ユージィンと立人が火花を散らす姿が見れそうで楽しみですvv


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 18:05:56 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:9

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。