スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年07月02日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話

「雷鳴の闇」



議長&レイ、黒っ!




ナニコレ、ナニコレー! 何勝手に、事実を捏造しまくっちゃってんですか、あんたたちは!
やめてよー。シンキラがどんどん遠のいていくー!
それに、シンの成長イベントを阻害するのはやめてください。あと、1クールっきゃないんですよ。シンもころりと騙されたり、逆恨みはいい加減卒業して!
議長の傀儡街道まっしぐらで、最終的に使い捨てされてぼろぼろになって、失意の中でEDとか、Zのカミーユみたいに精神崩壊オチは勘弁してください。まだシン成長の期待は捨ててないんですよ。


…というわけで、議長・レイ・シンには厳しめです。そしてキラ贔屓。
シンには愛があるけど、議長&レイは本当にすみません。受け付けられません。この二人は、二人だけでラブってればいいと思う。






では、アバンから(1回しか見てないので、見逃してるところは多々あるだろうけど)。

レイ発砲。
(アスランのくせに)メイリンを格好良く庇い、素晴らしい銃技を披露、めっちゃ男前な顔でメイリンに手を差し伸べるアスランと、その手を取るメイリン。
わけが分からないまま、いきなり逃走犯を追うことになって、しかも、それがアスランだとレイから知らされて動揺するシン。
いろいろアスシン回想シーンが出てましたけど、シンの今までのアスランに対する態度を思うと、違和感ありすぎです。
アスランがフリーダムにボコられてから、あんだけアスランのことけちょんけちょんに貶して、不遜な態度取りまくりだったのに、なんだかんだで、まだアスランのことを尊敬(?)する気持ちは残っていたとでも言うんでしょうか?
なにはともあれ、デスティニー&レジェンドっていう新機体の最初の戦闘が、2対1でグフ追撃なんてあんまりショボ過ぎて、憐れになってしまいました。きっと、キラの駆るストフリは、ジャジャーンと華麗なBGMと共に、神懸かりに、まさに救世主の名に相応しいゴージャスな舞台に舞い降りるんだろうな。運命の主役がシンなんて嘘だよ。どっからどう見ても、正統派主人公な扱いを受けてるのはキラだもん。


Aパート。
地球軍の上を飛んでいく機体を見て、キサカさんが駆け出します! 今回はキサカさんグッジョブ! 多分、スパイとして地球軍に潜り込んでいたんだろうけど、本当に彼がいて良かった。

で、議長。セリフ忘れてしまったんですけど、胡散臭いどころか、どれだけ面の皮が厚いんだってくらい平然と、事実を隠蔽して好き勝手言ってましたね。
レイも勝手に議長に都合のいいように事実を捻じ曲げて伝え、メイリンまでスパイ扱いってか、アスランとグルになってザフトに敵対しているっぽいように言うなんて!
てっきり、メイリンはアスランの人質にされたとかって、やっぱり嘘申告して、アスランを完全に悪者にするのかと思ってたら、それ以上に黒くてびっくりです。なんだこりゃー(ちゃぶ台ひっくり返し)!
前回から一気にメイリンラブに目覚めたのに、レイの発言を聞いてショックな顔を浮かべるメイリンが可哀相過ぎでした。きっと、メイリンにとってレイは無口だけど格好良い、ちょっと憧れてる人だったはずなのに、レイにとっては議長の敵に協力した者もまた敵で、あっさり切り捨てられる存在なんですね。

でも、メイリンが『情報のエキスパート』って設定にはウハウハしました。
やっぱり好きキャラの優秀さを公式で発表してもらえると嬉しいですねvv
早くもアスメイよりキラメイに心惹かれていたのですが、ここでますますキラメイが現実的になりました。いや、キラにはラクスがいますが、それは別として、ハッキングとか得意な者同士、きっと趣味が合うから兄と妹みたいに仲良くできると思うんですよね。一緒に甘~いお菓子とか食べながら、ほのぼのと会話する可愛い子ちゃん二人が見たいなぁ~。

でもって、簡単にメイリンごとアスラン撃墜を許可する議長。
自分の思い通りに動かず、なおかつ偽ラクスの件を知っているアスランは議長にとって邪魔でしかなく、そりゃあ死んでくれたほうが後腐れなくていいでしょうが、あんまりです。黒過ぎだよ、もう! ミーアを連れ出そうとしたことまで、アスランの立場を悪くするのに利用してましたしね。
陰で議長の話を盗み聞きし、震えているミーアが可愛かったです。この子、本当に普通の子だよね。ただし、彼女には最悪の未来しか想像できないのが悲しい。

そして、シン!
アスランに続いてメイリンまで、ってことで、戸惑うのはいいのですが、簡単にレイに言いくるめられるなよ!
そして、「なんで!?」とか言いながら撃つなよ!ステラの時の変わり身の早さはどうした!? ステラだって敵としてデストロイに乗り、街を破壊しまくってたのに(ステラは可愛くて好きだけど、ただの逃走犯よりこっちのほうがずっとやってること酷いのに)あの時は、いきなり攻撃をやめるどころか、同じくデストロイをとめようと闘っていたフリーダム相手に攻撃をしかけ、あげくの果ては逆恨み街道まっしぐらだったのに、なに、この違い!

ここでやっと、アスランがシンに「議長の言葉は確かに耳に心地よいかもしれない。だが…」とか「踊らされている、お前も!」とかって、以前の自分自身のように盲目的に議長を信じているシンに一石を投じようとしますが、またしても、レイがアスランとシンの会話に割って入り、邪魔なことこの上ない。
シンは戸惑ったまま、それでも「逃げるなよ。投降しろ。裏切るな。基地へ戻れ」と、アスランの言葉は届かないまでも、アスラン&メイリンを撃ちたくなくて妥協策を提案しますが、アスランは「俺はこのまま殺されるつもりはない!」だし(ってか、おとなしく投降したら完全にあることないこと罪をでっち上げられて処刑されるのは間違いないですよね。議長に従順に従わなかっただけで、まだ何も行動も起こしてもいないのに捕らえられようとしてたくらいだから)、レイはレイで「シン、聞くな! アスランは錯乱している!」だし。
いや、まあ、確かにアスランはことキラが関係するといつだって錯乱状態だろうけど、アスランの言葉を判断するのはシンなんだから、アスランがいつまでたっても視野が狭いまま成長しないシンを修正しようと叫んでるのに、途中で話の腰をおらないでって感じ。
そして、メイリンが可哀相。

んで、何故か逆キレのシン! どうしてここで、「俺はアスランやメイリンを撃ちたくないのになんでそんな命令するんだよ」って感じで、逆キレの先がレイや議長には向かないんだろう。
予想どおりマユ&ステラを回想したあと、予想を上回る短絡思考で「あんたが悪いんだ!」で種割れし、すっかり悪者顔でデスティニーなんて大層な機体で、グフごときに本気で攻撃するシン。
すごい爆発なんですけど、どうしてくれるんですか! アスランはともかくメイリンは!? 二人とも(ご都合主義の運命だから今回も都合よく)生きているとは信じているけれど、顔とか身体に傷が残ったらどうしてくれるんですか!?
あっ、メイリンだけ心配してますが、アスランのことは好きですよ。キラ好きのアスランが。

で、グフを撃墜したシンにレイの「シン、よくやった」「任務は終わった」「裏切った彼らを、敵を撃ったんだ」が痛かった。
シン、泣いてましたが、今更泣いても遅いというか、後悔するくらいなら、最初から逃がしてあげれば良かったじゃんって気持ちが強いです。
そして、キサカさーん! 背中が眩しい!


Bパート。
議長にグフ撃墜の報告をするレイ。海の中にもぐって本当に堕とせたのか確認したわけでもないのに、やっぱりザフトって詰めが甘いね。
大好きなアスランが落されたことではっとするミーアと、議長に対する苛立ちと不信感を抱くタリアが好印象。
ここでも議長は一見善人っぽく、よく滑る口で好き勝手言ってました。
ラグナロクの情報が引き出されたとかなんとか、アスランたちがロゴスと通じているとまで飛躍したこと言い出しましたよ。フリーダム&AA贔屓だっただけなのに、行き過ぎですよ、議長。お口にチャックがしたいです。

そして、メイリンの姉ってことで事情聴取のため呼び出されたルナマリアですが、すっかりメイリンもアスランも裏切り者扱いで、信じたくないっていうルナマリアの感情はよく理解できました。

敵を撃って帰ってきたのに、今回はじめて憂い顔のシン。そりゃ、知っている人を撃ったら後味悪いだろうね。
いつもだったら、一番にシンが活躍して戻ってきたら一番に抱きつくヴィーノが、今回ばかりは若手クルーのアイドルだったメイリンまで撃たれたことで微妙な感じ。
ここでヴィーノ&ヨウランとシンの間に溝が出来たのは間違いないですね。まあ、仕事上の付き合いでちょっとくらい話しても、以前のようには付き合えないと思います。

そして、いきなりな展開のシンルナ。
ルナマリアが、メイリンもまた裏切り者という負い目からシンに恨みをダイレクトにぶつけられないのはいい。
シンが「ごめん」と言って通り過ぎようとしたのもいい。

でも、なんだってルナマリアはシンの背中に縋って泣き出すんですか!?

たとえ命令に従っただけとはいえ、シンは仇ですよ。ありえなーい! そこは、怒りの持って行き場がなくて、シンとは反対方向に駆け出すところでしょう!
そしてそして、振り返ってルナマリアを抱き返すシン。こっちもありえなーい! ステラはどうした! 今までのルナマリアへの態度は?
急展開過ぎて、付いていけません。
ルナマリアには逆恨みでいいから、シンに大切な妹と憧れの人を殺された(ことにされてますよね、ザフトでは)恨みや怒りをぶつけて欲しかった。前作種の初期のフレイのように、ガツンと言っちゃって欲しかった。だって、それくらいしないと、シンはきっと本当の意味で、自分がいかにたくさんの人の大切な人を奪った存在であるのか理解できないよ。
そりゃ、ルナマリアに対して負い目は感じても、ルナマリアの態度があんなんじゃ、ルナマリアには可哀相なことをしたけれど命令だったし、それが平和のためだから、で済ませそう。それじゃ、駄目なんだよ。理屈ではそうでも、ステラを撃たれた時のシンの悲しみを、シンもまた他の人に与えてるってことにいい加減、気付かせてやってください。

アスメイはやっぱりキサカさんが助けてくれてましたね。でも、(キラより)重症っぽい。まあ、アスランはラスト、目元がぴくっと動いていたからいいとして、メイリンがまだちょっと心配。生きてるよね? ね?

でもって、

AAキタ――――――――!!


ラクスもキタ――――――――!!



「ラクスと話したい。急がないと」「本当に間に合わなくなります」「ヘブンズベースが落ちたら、次はオーブです」なツーカー熟年夫婦なキララク万歳!
二人とも麗しすぎる! 特にキラ! 好きだーっっ!!


シンを見るレイの視線が黒くも白くも見えたのですが、結局のところレイにとってのシンって、ただの駒なんですか? それとも、友情もまた確かに存在するんですか? ビミョー。ここまできたら、完全に駒扱いで、裏切られて傷付くシンが見られたほうがいっそ清々しいのですが。



ってことで次回予告。
シンが……。全然成長してないね。
そして、すっかり議長&レイに流されて悪役街道まっしぐらですよ。
メインはアスキラ再会ですね、きっと。そっちがとても楽しみです。



機動戦士ガンダムSEED DESTINY<6>

スポンサーサイト

Posted at 22:00:08 | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY | コメント:0 | トラックバック:12

2005年07月02日

今日からマ王! 第53話

「前略、ユーリ陛下」


すみません。
滅多にお目にかかれない格好良いギュンターより、ユーリの耳に摘みたての白薔薇・赤薔薇を挿しご満悦なヴォルフのキラキラモード全開の麗しさと、似合っちゃってるユーリの可愛さの方に心を奪われてしまいました。

いや、だって、この二人、可愛すぎですから! もう、さっさと結婚しちゃえ! グレタって可愛らしい子供もいるんだから、親子三人末永く仲睦まじく暮らせばいい。
勿論、側にはコンラッドやグウェンダル、ギュンターがいつも控えていて、ムラケンやヨザックもいて、たまにアニシナさんが恐ろしい発明品を持ってきて、グウェンダルやギュンターを実験台に使って……想像しただけで、ほほえましく幸せな気持ちになってしまいますよ。平和だー!


さて。
改めまして、今回は最初から最後まで、(珍しく)格好良いギュンターのための話でした。
内容はとってもお約束な展開で、はじめからどういう結末になるか簡単に予想はついていましたけどね。
だって、西部劇風で登場人物がまんまじゃないですか!
町を乗っ取ろうとする悪者一味、バクスター一家。勿論、オプションの嫌がらせはデフォルト設定です。
町のみんなを愛しながらも、いつまで待っても救済がなく挫折し、誇りを捨てても、その悪者に町を明け渡すことで町の人たちに仕事が与えられるならと思って出て行こうとする、町を取り仕切る美人さん、グロリアと部下二名。
そして、民を愛する魔王を敬愛し、誇りと希望を胸に国内視察に出て、問題の地に辿り着いた魔力も武術も超一流の使者、ギュンター。
この3つが揃ったら、昔っからパターンはひとつ!
それでも、いつもギュンギュンいって、せっかく超絶美形なのにすっかりお笑い担当になっているギュンターがここぞとばかりに活躍したし、なんだかんだいって、正義と誇りと希望を捨てずに、目の前の障害に立ち向かっていったら、幸せは掴めるよっていう希望溢れる話は視聴後に爽快な気持ちを残してくれて○。

特に、お約束ではありますが、グロリアとギュンターがそれぞれ世の中に二通りの者があると語り合い、グロリアは「ありもしない未来を夢見て滅びていく者と現実を見て生きていく者がいる」と言ったのに対して、ギュンターが「誇りを捨てず希望に尽くす者と、誇りを捨て、未来を失い流されていく者。流された者は悲しく惨めですよ」と言って、バクスター一家に立ち向かうべく一人、バクスター一家が現れるのを待っていたのが格好良かった!
とはいえ、グロリアの言っていることも真理で、決して間違っているわけではないんですけどね。責任ある立場の者は、時として、民を生かすために己の信念を曲げても民が生き残るための決断をしなければならないことがあります。ギュンターが町を訪れなければ、きっと、あそこでグロリアたちがバクスター一家に反旗を翻したら、余計に酷い目に合わされていたでしょう。タイミングよく現れたギュンターに感謝ですね。

それにしても、ギュンターは筆まめですね。しかも詩人。
今回だけで、何回ユーリに手紙を出したんだろう? しかも、ギュンターはいつもがあれなので、本当にグロリアの件では活躍したのに、ユーリたちにはまったく理解してもらえていないところが憐れ。
特に、しばらく視察に出かける許可を求めたら、(ギュンターがいなければ)お目付け役がいなくなるから仕事をサボれるかなと、快くユーリが許可したら、素直にそれを喜ぶところが可哀想でおかくて、笑っちゃいました(酷)。
でも、結局ユーリは、仕事がサボれるどころか、本当は(優秀な)ギュンターがユーリの仕事の大半を肩代わりして負担を減らしてくれていたことを知り、ギュンターのありがたさを知って、彼の帰りを待ちわびるんですよねvv 特にラストは、本来ならギュンターが被害者になるはずだったアニシナさんの発明品を無理やりつけられて、ギュンターのありがたみを身に染みて感じた模様。

それ以外も、ギュンターに代わってそれぞれグレタにクッキーを焼いてあげるエプロン姿のユーリ&グウェンダルとか(グウェンダルはエプロン姿が板につきすぎでした! しかも、クッキー可愛すぎ!)、馬を寝かしつけるために馬に頬擦りをしてあげるユーリとか、ギュンターの入浴シーンとか、バクスター一家を倒したあと、ユーリにならって「正義」の文字を地面に書くものの、漢字が間違っているちょっと間抜けなギュンターとか、サービスシーン満載でした。


ドラマCD 裏 今度はマのつく最終兵器!(本家すぺしゃるVer.)

Posted at 11:07:44 | 今日からマ王! | コメント:0 | トラックバック:0

2005年07月02日

トリニティ・ブラッド 第8・9話

◆ 第8話 「SILENT NOISE」


ノエルと共にバレー教授逮捕へ向かったアベルは、ちゃっかり観光を楽しんで(?)ました。
この回はノエル→アベル満載で、ノエルはアベルに想いを伝えようとしたり、それっぽいセリフや態度を多々取るんですが、アベルの方にノエルの想いを受け入れる意志がなさげなので、ノエルもはっきりしたことは言えないんですよね。切ないなぁ~。
でも、私はアベル×エステル派なので、これでいいんです(←おい!)。いや、寧ろ、良い雰囲気になってもらっては困ります。ノエルは美人でさばさばした性格で好きですけど、それはそれ。これはこれ。

で、話は戻って、別行動中、アベルはイザークに会います。バレーを殺害したのは彼。アベルは拘束しようとしますが、イザークはパイプオルガンを弾いてサイレントノイズシステム発動。アベルはノエルに通信機で逃げるように言いますが、電波が悪く、ノエルには伝わりません。瓦礫が崩れる中、ノエルは何か重要なことに気付いたらしく、それをアベルへ伝えようとします。
「もう二度と失うわけにはいかないんだ。それが彼女との約束だからだ」と、過去の回想シーンをちらりと見せながら、アベルの気になる発言。そして、街の崩壊が始まります。吸血鬼モードのアベルはイザークに襲いかかろうとしますが、イザークは「あなたの相手をしている暇はない」とさっさととんずら。もうちょっと相手してあげてよ、と言いたいところなのですが、一人残されたアベルが泣き崩れてEDでした。
エステルを出せ!エステルを出せ!と念じ続けてましたが、結局出番はありませんでした。ヒロインなのに!



◆第9話 「OVERCOUNT I.LUCIFER'S CHOICE」


バチカンでカテリーナ様たちが話しているんですが、初っ端からノエルはあの街の崩壊で死んだということになっています。遺体は見つかっていないようですが、普通に考えたらあれだけ大規模な崩壊があったら、そう考えて当然ですね。

ノエルのことは非常に悲しいですが、今回久々にエステルの愛らしい顔と声が拝めたので、それだけでここ何回かの鬱屈した気分が晴れた感じ。所詮は、ただのエステルスキーですから。
ノエルを失ったことで茫然自失のアベルに、傘を挿し出すエステル萌え! 美人だー! 清楚だー! エステルは精一杯笑顔を浮かべてアベルを元気付けようとしますが、アベルは暗~い顔のまま、無言で立ち去ってしまいます。ここはアベル×エステル派としては、エステルに縋り付いて泣くアベルに萌えるシーンだったはずなのに、どうしてくれるんでしょう!(←どうもしません)

その後も失意のままのアベルはノエルを助けられなかった責からAxを抜けようとします。カテリーナ様は、アベルのせいではない、と言ってくれるんですが、今のアベルには届かないんですよね。
たぬき親父なデステ司教のせいでピンチに追い込まれたカテリーナ様や派遣執行官たちは来週大変そうです。あの鐘って、結局何か仕掛けはあったんでしょうか? 司教が鳴らしても何も起こらなかったために、疑ったカテリーナ様たちの立場を悪くしてしまいましたが。
なにはともあれ、アベルは落ち込んで抜け殻になっている場合じゃありません。ここはヒロインのエステルに期待ですねvv


Trinity Blood File #01「Gunmetal Hound」+more

Posted at 02:22:48 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:0

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。