fc2ブログ
2005年10月29日

ガラスの仮面 第30話

「100万の虹」

今回は落ちるところまで落ちていたマヤが立ち上がり、新たな一歩を踏み出す話でした。
そしてついに、マヤ→速水フラグが立った!
速水→マヤのシーンはこれまでさんざん流してきてくれましたが、逆はなかったですもんね。
速水×マヤ好きにはとても嬉しい第一歩です。
亜弓×マヤシーンも良かった。
マヤは誰もが自分を見捨てても、自分を信じて待っていてくれる亜弓さんのためにも演技を磨いて高みを目指そうと思うし、亜弓さんもまた、誰より自分に一番近い場所にいるのがマヤだと思い、住んでいる環境こそ違えど、マヤの考えが手に取るように分かる。
お互い意識しまくることで、女優として成長していく二人。
こういうライバル関係って素晴らしいと思います。

そんなわけで、内容を簡単に追っていってみます。
まずは、亜弓さんとの共演という形での最後の舞台でまたしても嫌がらせにあったマヤが、トキ役として覚醒し、役になりきることが出来たことで、自分がいかに演劇を愛していたかを思い出し、演劇をやめたくないと思ったところから。
亜弓さんは泥饅頭を食べてまで舞台を成功させるために役になりきったマヤを改めて恐ろしい子と思い、去り際にマヤの手を取り「待っているわよ」と伝えます。
マヤもまた「あなたを追いかけていきます」と答え、それに微笑む亜弓さんがまた素敵。
マヤのことを信じてるんですね。
そして、出てきました、真澄さん。
亜弓さんを追いかけようと思うはいいが、出る舞台もないのにどうやって追いかけるつもりだ?
今なら大都芸能と契約切ることをやめることも出来るし、考え直してみないかと持ちかけるのですが、マヤは断固拒否!
その後、真澄さんはマヤを連れて、劇団月影のメンバーのいるアパートへ。
先程のことは誤解だったと和解するマヤと麗たち。
ほっとしたところで改めて、今日の舞台に立たせてもらったおかげで忘れていたものを取り戻せたと真澄さんに感謝を述べるマヤ。
マヤが真澄さんにお礼を言うのはこれがはじめてで、そんなマヤに「なんて優しい笑顔…」とぼーっとさせるくらいの笑みを浮かべる真澄さん。
マヤにお礼を言われたことより、寧ろ、マヤが演劇への情熱を取り戻せたことのほうが嬉しかったんじゃないかな。
真澄さん、マヤの大ファンだもんね。

でも、今日もまたやっぱり厳しい月影先生。
またみんなと演劇をやっていきたいと頭を下げるマヤに、今のあなたは劇団の皆の迷惑になる、まずは汚名を返上しろ!と突き放します。
自分の力でなんとかしなければならなくなったマヤは、まず高校の演劇部に入部しようとするのですが、門前払い。
そんなとき、図書委員の女生徒と「ビアンカ」という本に出会います。
また、帰り道では遊んでいる子供たち相手にパントマイムで何をしているかの当てっこゲーム。
子供は最高の指導者であり、源造からそのことを聞かされた月影先生も満足顔です。

そして今度は学園祭。
マヤは先日会った図書委員の子と、文芸部の男の子の協力を得て、「ビアンカ」の一人芝居を体育倉庫で行うことにしました。
演技だけでなく美術・衣装・照明・演出、すべて自分ひとりで考えなければならない今回の舞台は、マヤを役者として大きく成長させそうです。
そして本番。
マヤは見事、一人芝居を成功させ、ほとんどが野次馬でやってきていた観客達に、芸能界を追放されたことを忘れさせるほど感動を与えました。
観客の希望で再演までやらせてもらえるなんて、よっぽどですよ!
勿論、真澄さんは、水城さんから報告を受ける前からマヤが学園祭で一人芝居をすることをチェックしていたようです。
そして、亜弓さんもまた、マヤの一人芝居の噂を聞いて、マヤが自分に向かって歩み始めたことを実感。

学園祭からしばらくして、少しだけでもいいから自分の演技を観て欲しいと月影先生に土下座して頼み込むマヤ。
簡単なパントマイムをさせたのち、「大事なのは見る側も自分達の記憶で見ている。心の演技を大事にするのよ」と伝え、胸を押さえて倒れた月影先生。
月影先生を心配するものの、月影先生からは演技をやれと追い返されたマヤは、憎んでいたはずの真澄さんに月影先生を頼みます。
他の誰も思い浮かばなかった、とのことですが、なんだかんだでマヤも真澄さんのこと頼りにしてますよねvv

次回、マヤは平凡な女子生徒の一日の話「通り雨」を演じるようです。
原作を読んだとき、この話、結構好きだったので楽しみvv


ガラスの仮面 第三幕


OP zero 幾田 愛子
スポンサーサイト



Posted at 23:59:28 | ガラスの仮面 | コメント:0 | トラックバック:1

2005年10月29日

BLOOD+ 第4話

「アブない少年」

病院に運ばれ、緊急手術のジョージ。
何も出来なかった自分に憤りを感じるカイ。
私さえいなければと自分を責める小夜。

ジュリアはやっぱり「赤い盾」のメンバーだったようですね。
デヴィッドさんは本当に軽傷っぽい。
ジュリアさんとデヴィットさんが翼手にやられたジョージのことを語る時に『汚染』って言葉を使ってましたが、翼手に傷を負わされると、感染か何かするんでしょうか?
そして、デヴィッドさんいわく、小夜に付き従う者として30年前に最後に確認された後消息不明の者がハジ?

でも、小夜が落ち込んでいる間にも、カイは隠し持っていた銃で逃げたフォレストの行方を追い始め、それを知ったリクがカイを止めようと、小夜に報告。
ジュリアさんやデヴィッドの制止を聞きもせず、飛び出します。

小夜たちが一番はじめに行ったのは、いつもカイとつるんでいるメンバーのところですが、一歩先にカイはメンバーの一人からフォレストの元恋人の勤めている店の情報を聞いて、そっちに向かっていました。
カイの仲間と一緒に、今度はその店に向かう小夜たち。
途中、小夜の身に異変が少し起こったようですが、リクもまた普通の人間には聞こえない声を聞いたみたいで、リクにも特別な設定が隠されてそうってことが判明。
今は目立たない役柄のリクですが、今後、重要度の増すキーキャラクターになるのかな?
楽しみ。

さて、そんな小夜たちですが、目的の店の前で、カイにお熱の真央と初顔合わせ!
真央の話によると、カイは既にフォレストの恋人を尾行して出て行ったようです。
真央はカイから少しばかり事情を聞いていたようで、フォレスト探しにも協力していたようですね。
ってか、真央ってもしかしてお嬢?
真央の協力で、足と情報を手に入れた小夜とリクは、真央と共に車に乗ってカイを追うことに!

その頃、カイはバイクでフォレストの恋人が乗ったタクシーを追っかけて、ついにフォレストのいる倉庫の前へ!
でも、先に倉庫の中に入った女性の悲鳴が聞こえ、中に入ると、恋人であったはずの女性の血を吸う翼手、フォレストの姿が!
翼手ってやっぱ吸血鬼みたいなものなんでしょうか?
女性は既に息絶えているようで、カイは隠し持っていた銃を出し、フォレスに向かって発砲。

小夜は聴覚も優れているようです。
カイの撃った銃声を聞きつけ、真央に車を止めてもらうよう頼み、カイの元へ駆け出します。
何も知らない真央には、理解不能ですね。
リクも小夜を追うのですが、なかなか追いつけません。
そして、カイの元へ向かう途中の前に再びハジが現われ、「カイを助けたい。もう誰も傷付けたくない」という理由から、自ら戦う道を選ぶ小夜。
ハジの血を吸って、瞳は赤に変わり、戦闘モード。
やっと追いついたリクの目の前で、こんなのありかよ!?の跳躍力で、ハジと共にカイのいる倉庫街へと飛んでってしまいます。
ここでもまた、リクにはデヴィッドには聞こえない、ライオンのような唸り声が聞こえるようなのですが、なんなんだろう?

さて、カイに戻りますが、何発も銃弾をフォレストに撃ち込むものの、倒れないフォレスト。
どころか、フォレストは食い込んだ銃弾をすべて弾き飛ばして、無傷っぽいです。
今度こそ絶体絶命のカイの元に現われた、ハジと小夜。
ハジがフォレストを引きつけている間に、小夜は剣に自らの血を流し込み、剣ごと血をフォレストに流し込むと、フォレストは乾涸びて息絶えてしまいました。
戦闘が終わって、ハジによって剣を鞘におさめられた小夜は泣き崩れるのですが、この涙は自分がもう戻れないところまできてしまったことを悟ったから?

カイはまたしても何も出来なかった自分を責め、リクに弱音を漏らします。
でもね、それで普通だから。
あんな化け物に普通の人間が叶うわけないから、殺されなかっただけ良かったよ。

だがしかし!
一難去ってまた一難。
デヴィッドの元に、ジュリアからジョージが米軍に攫われたと報告が入り、ED。
翼手の攻撃を受けても死を免れたジョージは米軍にとって絶好の研究材料のようなのですが、なんてことしてくれるんだ!?
ただでさえ意識不明の重体なのに、ジョージどうなっちゃうの!?

<追記>
今回、はじめてハジが忠犬ハチ公だと思いました。
ストーカー兼任してるけどね。
でも、「ハジとお呼びください」とか跪いて言われたりなんかすると、くるもんがありますよね?


BLOOD+ 2006年度 カレンダー


OP 青空のナミダ(初回生産限定盤) 高橋 瞳

ED 語り継ぐこと(初回生産限定盤) 元 ちとせ

BLOOD―The last vampire 2000 玉置 勉強


BLOOD+(1) 完全生産限定版

Posted at 19:32:21 | BLOOD+ | コメント:4 | トラックバック:119

2005年10月29日

今日からマ王! 第65話

「白銀を往く者」

シリアスなはずのシーンでまで、ヴォルフラムに笑わされまくってました。そんな私はヴォルユファンです。

今回は、瘴気に冒され、誰の言うことも信じられなくなった(わりに、あんまり深刻っぽく感じなかった)サングリアを元に戻すため、瘴気を中和する効果のある『ミナディアの葉』を取りに、ユーリ・ヴォルフ・コンラッド・ヨザックの4人がマカディラ山という雪山に赴く話でした。
ただし、そのマカディラ山には瘴気がたちこめ、『ミナディアの葉』を取りに行くためには、自らも瘴気に冒される危険があるとのこと。
雪山ってのは、ただでさえちょっとしたことが命取りなのに、そこでチームワークが乱れたら、たちまち命の危険に関わります。
危険を承知で自らも雪山に行くことに決めたユーリに、すかさず自分も婚約者として付いて行くと言ったヴォルフラム。
村田はユーリは大丈夫だろうけど、ヴォルフはちょっと…と、ヴォルフラムが付いて行くことには反対のようでしたが、素直に聞くヴォルフラムではなく、結局、ユーリとおそろいの熊耳帽子(グウェンダル作)をかぶってマカディラ山へ。

でも、初っ端から馬が暴走して、馬にはすべて逃げられた挙句、荷物もヨザックが咄嗟に確保したものだけで、地図すらなくなってしまい、早速ヴォルフがなんでそんな大事なものを確保しとかなかったんだとコンラッドを糾弾!
その後、今度はお腹が減って、ヨザックの荷物の中から食糧を出そうとしたら、なんとそのカバンに入っていたのはヨザックの女装用衣装で、食糧が入っていたカバンは馬と一緒にどこかへ行っていたようです。
勿論、今度はヨザックを責めるヴォルフラム。
すっかりコンラッド&ヨザックに不信感を持ったヴォルフラムは、婚約者を守るのは自分の務めだと、信用のおけないコンラッド達とは別行動を取りたいと言い出す始末。
もともと我侭プーではありますが、早くも瘴気におかされてるようですね。
ユーリは別行動に反対していたようですが、コンラッド達もまた、ヴォルフラムが既に瘴気に冒されているのであれば、別行動を取って、自分達が『ミナディアの葉』を取りに行き、ヴォルフにはユーリを連れて安全な場所に行ってもらったほうがいいと判断したようです。
瘴気に冒されても、ユーリのことだけは信じてるみたいですからね。

そして、ユーリ&ヴォルフ、二人だけの時間。
そこで、ある伝説を語り出すヴォルフラム。
「寒さで凍えそうになれば肌と肌を密着させ、暖めあうと…」
それ、伝説じゃないし!(爆笑)
勿論、すかさずつっこみをいれたユーリは、ヴォルフラムの様子がおかしいと言いますが、逆にヴォルフは婚約者である自分を信じられないユーリが瘴気に冒されていると思い込み、どんな裏切りを受けるか分からないが、それでも「僕は愛のために命尽きよう!」と愛に殉じる覚悟を決めます。
熱い、熱いよ、ヴォルフラム!
ユーリもびっくりです。
でも、ユーリが自分を信じてくれなくても、自分がユーリを大切に想う気持ちは別だ!と言い切るヴォルフは、面白いけど、格好よかったvv

一方のコンラッド&ヨザック。
こっちも瘴気に冒され、ついには相手のことが信じられなくなり、『ミナディアの葉』を目の前にして剣を交えあう始末!
そこにやってきたユーリは二人の争いをとめようとしますが、ここで大雪崩が!
雪崩に飲み込まれるコンラッド&ヨザック。
先程まで殺しあおうとしていたはずなのに、咄嗟に崖から落ちようとしているコンラッドを命がけで助けようとするヨザック!
主従愛ですねvv
そして、ユーリの方も、愛に殉じる覚悟のヴォルフラムが咄嗟に雪崩に巻き込まれようとしているユーリを庇ってましたが、こちらも二人揃って雪崩の餌食!

でも平気!
こんな時は魔王モードのユーリがなんとかしてくれます。
今回も魔王の力で皆無事でした。

そして、絶妙のタイミングでモルギフの顔の仮面をつけた村田&コッヒー軍団が救助にやってきてくれました。
その仮面をつけると瘴気にやられないですむそうで、そんな便利なものがあるなら最初から渡せと怒るユーリ!

結局、サングリアは無事。
グウェンダルは信じあう者同士でも相手が信じられなくなるとコンラッド達のことを嘆きますが、ユーリはたとえ相手を信じられなくなっても相手を嫌いにはなれない。
好きな気持ちは同じだと伝え、その後、気まずくなっていたコンラッド&ヨザックも和解。
一件落着ですね。


今日からマ王! 2006年度 カレンダー



ドラマCD 裏 今夜はマのつく大脱走!<本家すぺしゃるVer.>

Posted at 17:56:03 | 今日からマ王! | コメント:0 | トラックバック:1

2005年10月29日

トリニティ・ブラッド 第24話

「The Crown Of Thorns II . The Road Of Oath」

原作未読なのが致命的だったのか、最終回が終わっても謎がいっぱいですっきりしません。

結局、カインはどうして人類の敵であり、アベルはカインを滅ぼすまで戦い続けなければならないんでしょう?
人類の敵であるはずのカインが天使っぽい外見で、アベルの戦闘モードが悪魔っぽいのはなんで?
火星移民計画とか、実験体とか、アベルを蘇えらせた液体の正体だとか、イザークは結局どうなったのーとか、エステルのアベルへの想いは結局どういったもので、どのような形に落ち着いたの?とか、カインはアベルのことをどう思ってるの?とか、最後の最後まで謎だらけ。
トリブラ原作が既に完結済みだとか、せめて完結する予定があるのなら買って読む気にもなりますが、原作者様の死によって最早完結することがありえないと分かっている作品を購入するのは流石にためらいが……。

そんなわけで、トリブラも今回で最終回を迎えてしまいました。
最後まで謎は一杯でしたが、映像美は流石といった感じ。
イザークとAxメンバーやペテロ、アルビオンの人たちの戦いは、激しい攻防の末、イザーク、予想外の敗北。
イオンは途中でどこかに消えて、エステルはシスターケイトの勧めでアベルの元へ行き、そこでトレスがアベルの棺にカテリーナ様から預かってきた液体をかけたのを見たあと、カインと再会することに。

トレスはやはりカインの敵ではなかったのか、あっけなくやられちゃいましたね。
カインとアベルは元は二人で一つの存在、完全同系遺伝子体(?)だったらしく、カインは再びアベルとひとつになることを望んでいるようです。
そうすればカインは完全体を手に入れられるし、アベルももうくよくよ悩まなくていい、というのがカインの主張です。

何も必要としない者。
それ故にすべてを必要としている者。
…それがカイン。

でも、エステルはそんなこと認められなくて、カインをアベルに近寄らせまいとするのですが、そこでアベル復活!
トレスがかけた液体の影響だとは思いますが、結局、液体の正体が詳しく語られないままなんですけど!?
悪魔みたいないでたちで、そのまま空高く飛んでいったアベルを、自らも天使みたいな羽をはやして(でも、顔は狂悪)追っかけるカイン。
置いてけぼりのエステル。
アベルVSカインの戦いは、流石にすごい激しさですね。
でもって、ちびアベル・ちびカイン・ちびセス等の過去がちょっとだけ明らかに。
昔のアベルはかなり人生に絶望してるっつーか、後ろ向きっつーか…。
カインはいつも笑顔だし、過去の回想を見る限りじゃ特別悪人にも見えないのですが、セスがカインに怯えてるっぽいのはなんで?
それに、あの赤い髪の美人さんって誰?
母親? 恋人? お姉さん?

カインとアベルの戦いを見ただけで、「あなたは永遠に戦い続けるのですね」とエステルが悟るのもなんか唐突な感じがしますが、とりあえず、アベルはカインの羽をもぎ、アベルもカインに撃たれて、二人揃って空から落ちていき、とりあえず戦闘終了。

そして、いきなり場面がかわって、エステルの王位授与式。
エステル、めっちゃ美人です!
新しい世界、皆が一緒に暮らしていける世界のために、エステルはこれから頑張っていくのでしょう。

そしてアベル。
やっぱり生きてました。
今回、戦闘中に姿を見せなかったイオンは、アベルと共に世界の敵であるカインを滅ぼす旅についていくようです。
やっぱりカインも生きてたんですね。
イオン、男前度が上がってました!
だけど、アベル×エステルもイオン×エステルも中途半端なまま終わっちゃたのがめちゃくちゃ心残りかも。
続編ってないのかな?


トリニティ・ブラッド chapter.3 コレクターズエディション

Posted at 16:36:42 | トリニティ・ブラッド | コメント:0 | トラックバック:5

2005年10月29日

SHUFFLE! 第15話

「取り戻したもの」

今回はOPもなかったし、いきなり最終回みたいな感じでした。
いや、終わっちゃいないけど。

稟×プリムラ→稟×亜沙→稟×ネリネな話だったので、順を追って感想を書いていきます。

稟×プリムラ
プリムラを連れ戻すべく魔界研究所の入り口までやってくると、そこには神王と魔王がいて稟たちを中に通すまいとしましたが、シア・ネリネ・楓の訴えと、稟の強い思いに打たれて、結局中に入れてくれました。
神王も魔王もすごく物分りの良い、良い人達ですね。
でも、たったひとつ条件があって、それは途中でプリムラの容態が悪化するようなことがあったら、プリムラの感情をリセットするというもの。
女の子達は反対しましたが、稟は自分達とプリムラの絆を信じる、と、その条件を飲むことに!
だけど、やっとの思いで再会したプリムラは溶液の中で眠り続け、稟や楓が必死で呼びかけても答える様子がありません。
ってか、プリムラ真っ裸なんですけど、ちょっとくらい何か着せてあげてもいいんじゃないですか?
研究所職員達の趣味ですか!?
魔王達は諦めモードでしたが、それでも諦めない稟の呼びかけに、プリムラに反応が!
「稟」と何度も呟くプリムラが激愛おしい!
奇跡が起こったかに見えましたが、そこでプリムラの魔力が暴走!
このままでは大被害になると、魔王も神王も最終手段で魔力の暴走を止めるためにプリムラに攻撃を仕掛けようとしますが、待ってくれと頼む稟。
その頃、プリムラの意識はリコリスに会っていて、リコリスが稟からもらった猫のぬいぐるみをもらいます。
プリムラは去っていこうとするリコリスに自分も連れて行ってと叫びますが、プリムラには帰る場所があるから駄目だと言って消えてしまうリコリス。
そして、プリムラに届く稟の呼び声。
プリムラは目覚めましたが、そこでもまた魔力の暴走。
絶体絶命のピンチを救ったのはネリネ(リコリス)。
プリムラは魔力を制御し、稟の腕の中に帰って来ました!
おかえり、プリムラ!
裸のプリムラを抱き締められるなんて、うらやましい奴め、稟!

そして、そんな二人に「ありがとう、稟くん。良かったね、リムちゃん」という言葉を残して去るリコリス。
気を失ったネリネの目元には涙が浮かんでいました。

感情の芽生えによって魔力を制御できるという仮説は本当で、その過程で一時は暴走した魔力も再び暴走することはないだろうと、魔界研究所研究員はプリムラを更に研究対象として調べていこうとしますが、大切な家族としてプリムラは絶対に連れ帰ると強い意思で研究員に立ち向かう稟。
楓・ネリネ・シアの3人も稟を援護し、魔王と神王もプリムラを稟達の元へ返すことを認めてくれました。
プリムラの笑顔が眩しすぎる!
プリムラ、大好きだー!

稟×亜沙
まだ療養中の亜沙先輩の元に今回のことを報告にやってきた稟&ネリネ。
稟と亜沙先輩のやりとりに、ネリネは亜沙先輩がとても稟のことが好きなこと、そして稟の気持ちにも勘付いたようです。
いつも笑顔で包容力があり、頼りになって、優しくて、おまけに家事が万能な亜沙先輩が大好き!
こんな子をお嫁さんに出来る男はめちゃくちゃ幸せ者ですよ。
稟も亜沙先輩のことをとても頼りにして、感謝しており、亜沙先輩に早く元気になって側にいてもらいたいと思っているようです。
だけど、そんな亜沙先輩も身体の方は悪いようですね。
しかも、ネリネが治癒魔法をかけようとしても、「魔法は駄目」と断る亜沙先輩。
ただの病気ではないのかな?
亜沙先輩が体調が悪いのにはなんか秘密が隠されてそうで心配です。

稟×ネリネ
ネリネから8年前に稟と会ったのは、自分ではなくリコリスだと聞かされた稟。
最初に稟に恋をしたのはリコリスで、それは最初で最後の恋。
ネリネのあだ名の『リンちゃん』っていうのは、『NE RIN E』のリンと、『稟』のリンをかけて、リコリスが命名したものだったようですね。
リコリスから生命力をもらったとき、その想いまでも受け取ったネリネは、リコリスの代わりにリコリスの恋を成就させようと思っていたようですが、稟と接するうちに自分自身も本当に稟のことを好きになったようです。
それでもずっと、自分の中の想いがリコリスのものか自分自身のものか迷っていたネリネでしたが、プリムラの件で最後に会ったリコリスが稟に向かって「ありがとう」と伝えたことで、リコリスの想いはやっと叶ったのだと気付き、そして、残った想いは自分だけのもの。
リコリスが去っても稟のことが好きなネリネは、もっと稟のことを好きになりたいと伝えます。
今までずっとリコリスの影を引きずっていたネリネですが、今回でふっきれたようですね。
新しいネリネに期待です。
…といっても、私が応援しているのはプリムラと楓と亜沙先輩だけど。


SHUFFLE! オリジナルドラマシリーズ FILE.05 「プリムラ」



SHUFFLE! (プリムラ編) 小形 聖史
SHUFFLE ! episode.1 (初回限定版)

Posted at 15:05:35 | SHUFFLE! | コメント:0 | トラックバック:15

2005年10月29日

BLACK CAT 第4話

「微笑む猫」

すっかりアニメ絵にも慣れたから、ふっつーにすごく面白いかもしれないんですけど、黒猫。
絶妙のタイミングのギャグ絵が良い味出してます。

今回は、トルネオ邸にいるイヴを助けてきたスヴェンと、暗殺者として始末しに来たトレインの話でした。
トルネオ邸に入るためにスヴェンが用意したアイテム。
間抜けな猫の絵が描かれた爆弾で、しかも爆発しないものだから、その効力はもしやと思いましたが、やっぱりきたよ!
爆弾から発生したガスによって、町中の猫が集まる集まる。
ってか、『ネコネコ招き弾』ってなんだよ!?
スヴェンのネーミングセンス、最高です(爆笑)!
そして、ネコネコ招き猫に誘われて、ブラックキャットまでやってきてしまいました(嘘)。
自分達が忍び込むために使った道具で、トレインに先を越されるスヴェンが哀れ。

スヴェンはトレインにイヴをやらせまいと、トレインより先にイヴの元へ行くことにし、リンスはナノテクのデータを探すことにして二手に分かれたのですが、黒猫時代のトレインはやっぱ強いですね。
スヴェンはトレインを追っかけてるだけなのに、わんさかいる敵を倒しまくり、監視カメラをことごとく銃で打ち抜き、イヴを探すことまで同時にやってのけているトレインに近付くどころか、逆に引き離されてしまいます。
「このままじゃ、俺の可愛い可愛いイヴがトレインに犯られちまう!(違)」と思ったスヴェンはついにビジョンアイを発動することに!

スヴェンと分かれたリンスは研究室に辿り着くのですが、何故かそこは既に破壊された後。
しかも、奥には実験作と思われるゲテモノがうようよしています。

イヴの元にはトルネオがやってきて、鬼としてトレインを殺すように命令!
でも、自我が芽生えてきたイヴが気に入らないのか、よりにもよって可愛いイヴの顔をはたきやがりました!
許せん!
おまけに、まだ不完全とされる“NS増幅振動機”をイヴに使う気でいるようです。
さっさと地獄に流されてくれないかな、この男(ボソッ)。

でも、その前に萌え&お笑いタイム!
ビジョンアイを使ったおかげで激しく体力を消耗したものの、トレインより先にイヴの元へ辿り着いたスヴェン。
アイスに引き続き、今回は飴玉でイヴを餌付けです!
でも、飴を食べたことのないイヴは飴の食べ方を知らなかったのか、あやうくまだ飴が大きいうちに飲み込みかけて、飴を喉に詰まらせることに!!
慌ててイヴを抱き上げ、飴を吐き出させようと、イヴの小さな身体をぶんぶん振るスヴェンがおかしすぎ!
今は少しでも早くトルネオ邸を抜け出さないといけない時なのに、ギャグっててどうする!
しかも、イヴは無表情のまま飴を吐き出してるし。
ま、とにかく安心したスヴェンですが、スヴェンが大量の汗を流していることに気付いたイヴが、以前、口のまわりについたアイスを拭き、そのまま洗ってもいないスヴェンのハンカチで、スヴェンの汗をぬぐいます!
その好意は嬉しいのですが、逆にねちねちして、汚れちゃったのでは?(笑)
いや、ホント、急がないといけない時なのに、ハンカチにまつわる経緯を丁寧に思い出してるスヴェンが間抜けすぎ。
その間に、トレイン、来ちゃったよ!

いきなり始めるトレインVSイヴ。
何かに憑かれたように何度も「血の匂いがする」「私は鬼」という言葉を繰り返すイヴ。
胸についた花型のバッチから聞こえるトルネオの命令により、焦点がさだまらなくなって、ヤバイことになっていたのですが、スヴェンに「俺と一緒にうまいもん食いに行こうぜ」と一度は剣を収めました。
が!
スヴェンとイヴはそれで良くても、トレインは危険な存在であるイヴをそのままにしておくわけにはいかないようで、なおもイヴを消そうとするのですが、「飼い主の命令だったら小さな女の子まで殺すのか」と怒ったスヴェンのパンチがトレインにヒットし、その隙にイヴを連れて逃げ出そうとするスヴェン!
ってか、何、やられてんの、トレイン!?
あんだけ強いとこ見せといて、簡単にスヴェンに殴られちゃうの?
あ、分かった、わざとだ。
わざと殴られてあげたんでしょ?

でもそこにトルネオがやってきて、驚きのあまりとってもギャグ顔のスヴェン&イヴ。
それでも、ギャグシーンは短くて、“NS増幅振動機”を使われたイヴは暴走→トレインを殺そうと攻撃をしかけながら、そのまま外へ。
スヴェンは四方八方銃を持った黒服達に囲まれ、絶対絶命!
暴走したイヴは恐ろしいですね。
イヴのことを最初から化け物だと平然と言ってのけるトルネオにはムカっ!
スヴェンはトルネオに言い返したいところですが、今すぐにでも銃に撃たれて殺されてしまいそうです。
が、そこでタイミングよく、床からスヴェンの足元付近に這い出てきたリンスに皆があっけにとられた隙に、スヴェンがとっても便利なスーツケースを使い、リンスと共に、その場を脱出。
イヴの元へ急ぎます!
イヴがトレインを殺し、本当の化け物になることを恐れたスヴェンは、どんなときでも諦めない紳士として、暴走したイヴの元につっこみます。
はっきり言って、無茶苦茶ですね。
命知らずなその好意でスヴェンはイブの胸から“NS増幅振動機”を取り除き、イヴを正気に戻すことに成功!
でも、腹に剣に変身したイヴの右手が突き刺さり、大負傷のようなんですが、大丈夫なんですか?
そして、ほぼ同じタイミングで、地下の研究室が炎上。
トルネオはすべてを失い、呆然としたまま爆発に巻き込まれて死んだのかな?

いつの間にかトルネオ邸から脱出したスヴェンたち。
スヴェンは腹に包帯ぐるぐる巻きで横たわり、すぐ側についているイヴ。
研究室の炎上はトレインの手によるものかもしれないようなのですが、リンスもまた、本当はトルネオの研究室を破壊する気でいたようですね。
てっきり今日はここらでEDかと思ってたら、やってきました、トレイン。
トルネオの手から離れたイヴにいきなり銃を突きつけます。
でも、今のイヴには戦意ナッシング。
「撃ちたくなければ撃たない。それが正解」
サヤの言葉を思い出したトレインは結局引き金を引くことなく、無言でイヴ達の元から立ち去りました。

そして、恒例の屋根上デートのトレイン×サヤ。
「そういえばキミの名前、聞いてなかったね」と声をかけるサヤに、初めて可愛らしい笑みを浮かべましたよ、奥さん!
トレイン、かーわーいーいー!!

あー、だけど次回にはもう、トレイン、クロノスを抜けるつもりでいるんだ。
クリード、暴走するだろうな。楽しみだな♪(マテ!)


Black cat (1) 矢吹 健太朗



BLACK CAT Vol.1



BLACK CAT 2006年度 カレンダー


ED ナミダボシ パピーペット

Posted at 01:54:17 | BLACK CAT | コメント:1 | トラックバック:13

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる