スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年12月31日

蒼穹のファフナー -RIGHT OF LEFT-

ボロ泣きした!!

本編を全話見ているので、今作の主人公、僚と祐未の未来は見当がついていましたが、島の平和のために、文字通り、自身の身体を犠牲にしてでも最期まで希望を抱いて戦い続ける姿に深く感動しました。
例え命がけで戦って勝ち取った平和がほんの短い時間だとしても、それはかけがえのない素晴らしい時間であり、戦ったことには大きな意味があるんですよね。
普通ならどこまでも鬱になりそうな設定でありながら、そこに希望と感動を与えられるってすごい。
やっぱ、ファフナー最高!!

放映前は旧キャラ要チェックするつもりだったのですが、僚と祐未、そして前作では1話で死んでしまった蔵前果林が、1時間足らずでよくぞここまでってくらいしっかりと描かれていたので、総士と果林を除く旧キャラに関しては懐かしいなぁ~、まだ平和だなぁ~と微笑ましく見てるくらいにとどまりました。
とはいえ、総士と一騎の微妙な関係に萌え(廊下での擦れ違いシーンは必見)、翔子の一騎への淡い恋心と初々しい態度に萌え、一騎と剣司の喧嘩シーンには胸にあったかいものを感じましたが。

果林ですが、本編では総士と通じ合ってるような感じだったので果林→総士なのかなぁ~と思ってましたが、全然違いましたね。あくまで総士は同じ想いによって生きる仲間。本気で好きなのは僚でした。
僚の飼っていた犬を僚だと思って飼うことにしたり、何より僚達を迎えに行くシーンで、いったん状況が変わったから迎えに行くのをやめ待機せよという命令が出たときの取り乱し方に愛を感じました。
でも、僚のことも好きだけど、僚の一番近くにいる祐未のことも本気で慕っているところもいい。
想像以上に健気でまっすぐな子で、本編であっけなく死んでしまったことが非常に悔やまれます。

そして、病弱だからこそ生きている間に何かをなしたいと強く思っている僚と、片親である重度障害者である父を亡くすと同時にアルヴィスの存在を知らされ、卒業をよぎなくされた祐未との微妙な距離感萌え。
最後の最後で両思いになれて、本当に良かったです!
キスすらないプラトニックラブでしたけど、孤独な戦いの中、仲間が次々と同化により植物人間となったり、結晶化して死んでしまったりする中、パートナーとして共に戦い続けてきた二人の結びつきは確かなものだと思ってます。
特に僚。学校も休みがちで、普通の生活をすることも難しい身体なのに、最後まで冷静さを失わなかった精神力の強さに脱帽。格好良いです!
竜宮島に帰りたい!と取り乱した祐未を諭すシーン、すごく格好良かった。
そのあと、冷静さを取り戻した祐未が僚に感謝するシーンも良かったなぁ~。
でも、両思いになれたのも束の間、祐未、僚の順で同化の末期症状となり、結晶となって世界から消えてしまうだなんて(涙)!!
分かっちゃいたけど、切なすぎる!!
最後の、総士と果林の会話が救いでしたね。
竜宮島では常に誰かの犠牲によって平和が与えられているわけですが、悲観的でなく、前向きに捉えてくれているのに救われた。
総士がファフナー搭乗者でなくジークフリードシステム担当になるまでの葛藤もしっかり描かれてましたし、とても1時間SPとは思えない充実した内容でした。

そして、angelaによる主題歌「Peace of mind」。必聴です!! 泣けます!!
angela最高!!
感動をありがとう!!


Peace of mind angela



DEAD SET angela



蒼穹のファフナー Arcadian memory 1 追憶の楽園

蒼穹のファフナー Arcadian memory2 対話の世界
スポンサーサイト

Posted at 17:06:14 | アニメ | コメント:2 | トラックバック:29

2005年12月30日

冬コミ行ってきました!!

昨日今日と冬コミ&同人誌専門店(まんだらけ&K-BOOKS)巡りをしてきました。
この2日間で買った本だけで5万オーバーしてます(汗)。
しばらく節約しないとなぁ~と思いつつ、お正月に1万円の福袋を買うことは私の中で決定事項。
使い捨てコンタクト(1DAY)も残量が減ってるので、正月明けにでもまとめて1年分購入するつもりだし、まだまだ出費が激しそうです。

今回買った本ですが、先日ハマったばかりのデスノのL月が8~9割を占め、あとはデスノの他CPと種運命、鋼、コナンを少々。
しかも8割が小説(活字好き!)。
当分、読み物に困ることはなさそうです。

本当は今日中に『蒼穹のファフナー -RIGHT OF LEFT-』を観て、感想も書き上げてから寝るつもりだったのですが、今日は疲れたので早めに寝ようかと。
明日は大晦日だけあって家の大掃除を手伝わなければなりませんが(自分の部屋はいつでも人を呼べる程度にはこまめに掃除してるので、窓とベランダの掃除くらいかな~)、明日中にはファフナーの感想をアップするつもりです。

Posted at 23:06:48 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:1

2005年12月28日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-FINAL PLUS

「選ばれた未来」

ほとんど最終話の焼き直しだったし、感想をアップする必要はないかなとも思ったんですが、追加シーンについてちょっとだけ。

裸キララク、エロロMAXOP!!
……そこまでサービスしてもらわなくていいです。もっとピュアなのがいいです。

議長とキラの最後の対決(?)の時に、何故そこにいる!?のアスラン。
……辻褄合わせのために追加されたんでしょうね。

慰霊碑の前であまりにあっけなくキラに落とされたシン。
……シンキラ好きーとしてはとってもおいしいです。おいしいですが、あまりにあっけなさ過ぎです。もうちょい粘ってくれた方が萌えます。それとも、キラのキラキラパワーが異常なんですか? いっそキラ王国を作ればいいよ。そのカリスマラブキラーの実力があれば、夜神月よりずっとうまく人心を操れるよ(本気)。

相変わらず微妙な各キャラの私服。
……もう何も言うまい。

慰霊碑の前から立ち去る時の、キラにしなだれかかりすぎのラクス。
……軽く腕を組む程度にしてください。ピュアなのがいいです。濃厚な関係はキラフレで十分。

同じく慰霊碑の前から立ち去る時、何故かペアになってるアスラン&メイリン。
……これからはアスメイの時代ですか? カガリの立場は?

ラクスの後ろにイザーク&シホの姿が!!
……シホ好きだー!! でもって、ラクスの側にイザークがいるってことは、当然イザークとキラも今度こそ生身で出会い、親密な関係になっているに違いないってことですよね。イザキラシーンも見たかったな。

噂の第三部って本当に始まるんでしょうかね?
今回でザフトのエース、シンまでキラ親衛隊と化したので、最早キラとラクスの神CPに立ちはだかることが出来そうな人間なんてSEEDの世界にはいそうにないのですが……。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13


機動戦士ガンダムSEED DESTINY SUIT CD Vol.9 ATHRUN ZALA×∞JUSTICEGUNDAM

Posted at 21:31:38 | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY | コメント:0 | トラックバック:9

2005年12月28日

ノエイン もうひとりの君へ 第12話

「タタカイ」

フクロウとアトリがーーーーっっ(号泣)!!

今回のノエインですが、こんな展開嫌だーーーっっと叫びながらも面白かったです。
でも泣けました。
ええ、泣けましたとも。
殺し合いの戦いをしてても通じ合ってるカラス&フクロウに、キモさ絶好調に思えたキモかわアトリがうっそーんっっ(愕然)!!っとなり、そのあと、ハルカのいじらしい純粋な想いもあり、フクロウとカラスが和解(喜)!!となったのも束の間、ノエインによってフクロウがありえねーっっ!!ってことになるなんて!!
こんな展開ありなんでしょうか?
……ありなんでしょうね(涙)。

今回のみどころ。
ツンデレだけどあんまり萌えないコサギに「カラスと俺の邪魔はするな!」なフクロウ(フクロウ×カラスは公式ですね!)。
カラスがフクロウと戦うのではないかと心配して、町中を探し回るハルカ(カラス×ハルカ万歳!!)。
カラスを心配するハルカにジェラシーMAXのユウ(ユウ×ハルカ萌え!!)
フクロウVSカラス戦闘シーンの独特な画風(崩壊寸前の絵にも取れるけど、妙にハマった! 真剣勝負なはずなのに何故か笑いを誘うし、かなり好きかもしれない)。
青い雪が空に向かって舞うのを見て涙を零すアイと、アイの涙をぬぐうイサミ(フクロウ×アイ的にもイサミ×アイ的にもおいしい!)。


冬コミ前日だというのに2ヶ月前に購入したばかりの愛用のiPod nanoが完全にぶっ壊れました!!
充電中に弟が誤ってPCの電源を切ったのが原因の可能性が高いのですが、めちゃくちゃ落ち込んでいるため、今回は簡単な感想ですませてしまってすみません。
まあ、iPodはなくても、その前に使ってた軽量のmp3プレーヤーがあるから、特別困ることはないんですけどね。
修理に出すのが面倒なだけで……(でも、中身がアニソン&声優ソング、おまけにジャケットの画像まで入れてるのが痛すぎる…。勿論ノエインのOP/EDも入ってました)。


OP OP Idea eufonius



ED 夜明けの足音 solua



ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第1巻

Posted at 20:43:37 | ノエイン もうひとりの君へ | コメント:0 | トラックバック:28

2005年12月28日

クラスターエッジ 第13話

「カールスの遺したもの」

カールス、愛されてるねvv

ってことで、今回はクロムとリナによる、カールス好き好き大好き回想劇場でした!!

まず、負傷して意識が戻らないアゲートをリナが修道院の近くの小屋で匿っている間に、クロムが村のために墓作りをしたり農作業をしながらカールスとの出会いを回想。

人造兵も肉体的な成長をするようで、人造兵の村に丸腰でやってきたカールスに威嚇発砲(?)をするちびクロムが可愛いvv
そして、発砲されても顔色一つ変えず歩き続け、実際に銃弾がかすっても、殴られまくっても抵抗一つせず、逆に戸惑うちびクロムを笑顔で抱き締めるカールス!
最早、彼は人間ではありません!!
殴られたときは確かに顔を怪我してたはずなのに、クロムを抱き締めるときには傷一つない綺麗な顔に戻ってるし、そもそも、いつ殺されてもおかしくない状況で怯えもせず、慈愛の眼差しをくずさないなんて人間じゃありえない!!
カールスの記憶を与えられ、カールスの弟として育てられたクロムは、恐怖という感情まで得たわけですが、カールスと一緒ならちょっとくらい弱くなってもいい!!と言い切り、カールスにベタ惚れしていると公共の電波でノロケてました。
カールスと出会ったことで随分変わったクロムですが、そのすべてがクロムにとってはカールスに繋がる愛しいことのようです。
もうホント、どこまでカールスが好きなら気がすむんだ、お前は!状態。
クロムのカールスラブラブ一直線は誰にも止められません。
でも、そんなクロムが大好きです。

リナはリナで、元は金持ちのお嬢様だったようですが、カールスの影響で修道女になったようです。
子供の頃、リナはカールスのお隣さんだったようですが、ある日、銃声に驚いたリナは、銃を持ったちびカールスと倒れているカールス父を目撃。
なんでこんなことになったのか本編で語られてなかったため、あの優しいカールスが子供の時に父を殺したなんてとても信じられないのですが、警察から事情聴取を受けたリナは、カールスは悪くないと言いながらも、自分が見たありのままを警察へ報告。
どう考えたってカールスに不利な内容なので、カールスのことが好きなら、何も見てないとつっぱねろよ!とつっこまずにはいられないのですが、リナの報告が元かどうかは分からないものの、翌日、カールスは警察(?)に連れられてどこかへ。
「ごめんなさい」と謝りながら車を追いかけるリナに、車の中から後ろを振り返り、リナを安心させるような笑顔を浮かべ行ってしまったカールスをリナが再び目にするのは、学生時代に雑誌に載っていた写真入り記事!
自分がカールスの帰りを待っている間に、強く大きく、立派に生き抜いていたカールスを知ったリナは卒業式に親に黙って姿を消し、そのまま修道女となったようです。
でも、カールスに憧れ、カールスのようになりたいと思っていたリナも、修道院の苦しい経済状況などで悩むことが多かったようですね。
修道院への寄付依頼が物乞いのように市民に捉えられてられていることに苦悩したり、リナの居所を知った母親が修道院に押しかけてきて、修道院に寄付してやるからお前は家に帰って来いと言われたり。

最後、匿っていたアゲートが他の修道女に見つかってしまい、軍に連行されてしまったわけですが、アゲートの情報を軍に売ることで、アゲートはもっとしっかりした場所で手当ても受けられるし、軍からもらった情報料で多くの人が助かる、と自分自身に言い訳していたものの、軍に連れて行かれたアゲートが、昔のカールスのように自分に向かって優しい笑みを浮かべたことでどっと後悔が押し寄せたようです。
笑顔だけでなく、荒れた大地を金色の大地に生まれ変わらせたり、気前良過ぎな奇跡がとどめですね。
今回、なかなか傷が回復せず、眠っている時間の長かったアゲートですが、リナがどうするのか試していたような気がしてなりません。
ってか、絶対、狸寝入りですよ。
あれだけありえない奇跡を連発しみんなに神と呼ばれているアゲートが、ちょっとくらい重傷を負ったからって何日も寝込むなんてありえません。
自分の知らない間にアゲートが連れて行かれたことを知ったクロムがどう出るのかも気になるところ。

次回はベリル様が拝めるようです。
楽しみvv


クラスターエッジ 1


OP FLY HIGH  surface

ED 君という名の光 Cluster’S

Posted at 16:46:14 | クラスターエッジ | コメント:0 | トラックバック:19

2005年12月28日

地獄少女 第13話

「煉獄少女」

あいちゃんっていったい何歳なんだろう?

今回地獄に流されたのは依頼主でした。
自然死でも、地獄通信を使ったことにより地獄に流される場合は、あいちゃんの小舟で連れられて行くんですね。
「いっぺん死んでみる?」がなかったのは物足りなかったのですが、あいちゃんの過去に少しだけ迫ったって点では面白かったかな。

一はすっかりレギュラーの座を掴んだようで、つぐみちゃんからあいがエロ本専門の古本屋に行ったとの情報を聞いて、早速、その古本屋探し。
「どんな本が置いていた?」と聞かれた時に、恥ずかしくて口に出せないつぐみちゃん萌え!
恥じらいのある女の子、大好きですvv

一が見つけた古本屋「江黒堂」ですが、そこのガマガエル店主とインコのコンビも、なかなか怪しくて良かったかも。
インコが一の質問に対して答えまくるんですけど、多分あれって腹話術ですよね?
しかも、インコと店主、同時に喋ったりも出来て、なかなかの強者です!
古本屋であいちゃんが読んでいた本は「煉獄少女」という地獄通信そっくりの話なんですけど、ガマガエル店主は悪どそうな顔してかなり面倒見の良い人みたいで、作者や当時の編集長(?)の情報までくれました。
「煉獄少女」の挿絵は、作品内で清楚で可憐と表現されているくせに、どこが可憐なんだ!!唸らずにいられない恐いお姉さんだったのですが、編集長のところで見た、本来掲載されるはずだった挿絵を見てみると、なんとあいそっくり!!
編集長から50年前の作者(挿絵兼)福本の住所を教えてもらった一は、福本の住むアパートへ。
一の行動力って、結構すごいです。
まあ、だからこそ、骨女達には邪魔者扱いされてるんですけど。

で、その福本ですが、町の様子はすっかり変わっているものの、ちゃんと50年前の住所に住んでいました。
はじめは一の呼び声を無視してましたが、煉獄少女の話題と、煉獄少女の本当の挿絵を出すと、一を部屋の中へ。
そして一が見たのは、福本によるあいちゃん部屋!!
右を見ても左を見ても、あいちゃんの絵がいっぱいで、それだけであいちゃんファンには涎ものです!!
私にも一枚ください!!
それはともかく、福本も昔、作家仲間に奥さんを寝取られた挙句、奥さんが自殺しちゃって、その恨みを晴らすために地獄通信を利用したようですね。
昔のことなので、当然インターネットなどなく、手紙を利用したようですが…。
一は人生をめちゃくちゃにしたあいを恨んでいないかと聞くのですが、当然、福本の答えはノー。
一にあいちゃんの存在を伝えるために「煉獄少女」を書いたのかもしれないと言い残して、老衰のためか、ぽっくりいってしまいました。
一が地獄少女に迫ってくることで、ますますつぐみちゃんがあいちゃんの後継者になりそうな予感がするのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
あいちゃんはもしかすると安土桃山時代から存在したかもしれないって話ですし、そもそもあいちゃんが元は人間かどうかってことも非常に気になります。

ラスト、あいちゃんに連れられて地獄へ流されていく福本は満足そうでした。
奥さんのことで地獄通信を使った福本ですが、実はロリコンで、あいちゃんに一目惚れしていた可能性高し!


地獄少女 1

Posted at 15:09:09 | 地獄少女 | コメント:0 | トラックバック:21

2005年12月25日

銀盤カレイドスコープ 第12話

「シンデレラ」

リア、可愛い!!

OPを飛ばしてウェイトレスナンバーのショートプログラムで始まった今回のカレイドスコープ。
最終回にしてやっとリア祭りでした!!

ショートプログラムの表彰式が終わった後のインタビューで「実は幽霊と同棲していて、ウェイトレスナンバーは彼が考えてくれた」と答えるタズサを意識したと思われるリア。
フリープログラム当日、タズサの前を通り過ぎるときタズサに視線をやるリア。
露出度の高い衣装で笑顔全開、完璧かつ華麗な演技で場内を圧倒するリア。
タズサの演技を真剣な表情で見つめるリア。
表彰式前、タズサに「見事な演技だったわ」と笑顔で声をかけるリア。
表彰台の上で輝くリア。
たくさんのリアをありがとうございます!!

一方、主役のタズサ&ピート。
メダルとか関係なく、ピートと二人で最高のフライト(演技)をしようと決めたタズサのフリープログラムは、今までで最高の出来でした。
直前にプログラムを変えたり、技術が難易度の高いプログラムにまだ追いついてなかったり、結果は総合で4位となり、メダルを逃してしまいましたが、点が出なかったタズサに観客達がミスジャッジと叫ぶほど、その演技は観客達の心を掴み、魅了したようですね。
本人達も自分達に出来る最高の演技だったと満足しているようですし、限界まで力を出し切れて本当に良かったです。
最後は結局、ピートは成仏しちゃって、タズサは面と向かってピートに好きだと告白できないままでしたが、笑顔で別れられたのがせめてもの救いかな。

その後、高島コーチは美人な彼女とめでたく結婚。
ヨーコは恋のはじまりの予感。
ミカはタズサのための衣装デザインに励み、タズサはタズサで相変わらずマスコミに追われる日々。
新田は響子に告白できたのでしょうか?

ハッピーエンドと言い切ることは出来ないものの、タズサの成長モノとしてはまずまずの出来だったのではないかと思います。
最後にリアがいっぱい見られたので満足です。


銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all? 海原 零


OP Dual YeLLOW Generation

ED energy 井上麻里奈

Posted at 14:54:46 | 銀盤カレイドスコープ | コメント:4 | トラックバック:21

2005年12月25日

魔法少女リリカルなのはA's 第13話

「スタンバイ・レディ」

ハッピーエンド万歳っっ!!

素敵なクリスマスプレゼントをありがとうと言うか、胸の中がほんわかあったかくなる最終回でした。

前半はリインフォースとの切ない別れ。
防衛プログラムは破壊したものの、歪められた魔道の書本体はしばらくすると今まで以上に厄介な存在になって今度こそはやてを完全に侵食してしまうかもしれないってことで、リインフォース自ら、防衛プログラムが修復する前に自分を完全に消滅させて欲しいとなのは達に依頼。
主想いの、とっても健気な魔道書です(涙)!!
ヴォルケンリッター達もリインフォースと一緒に消える覚悟でしたが、消えるのは自分だけでいいと、ヴォルケンリッター達を魔道書と切り離し、はやてが眠っている間にリインフォース・なのは・フェイト・ヴォルケンリッター達で儀式を始めることに!!
でも、ここまできたらリインフォースにも幸せになってもらいたい!!
はやてちゃんのためとはいえ、消滅するなんてあんまりだーっと思ってたら、異変に気付いたはやてちゃんがその場にやってきました!!
今まで不幸だったリインフォースをうんと幸せにしてあげたいはやてちゃんと、はやてと出会えて自分のことを世界一幸せな魔道書だと言い切るリインフォースにまたしても涙!!
結局、リインフォースの意志は固くて、自分は消えて小さな欠片になるけど、もしよければ自分の名はその欠片ではなく新たな魔道の器に送ってあげて欲しいとお願いして消えてしまいました!!
リインフォース、ホント、良い子だったよ!!
忘れないよっっ!!


一連の事件が解決した後は後日談。
グレアム提督とリーゼ姉妹はグレアム提督が希望辞職して故郷へ帰るものの、はやてちゃんへの援助はこれからも続けるとのこと。
リンディ提督は、レティさんに今度クロノとフェイトちゃんと一緒に旦那の墓参りに行き、「相変わらずの慌しい日々だけど、元気にやってますよ」と報告するつもりのようです。
フェイトちゃんが家族になるって報告はまだ先なのかな?

フェイトちゃんは時空管理局執務官になるために仕事を続け、なのはも執務官は目指さないものの、望むのはフェイトちゃんと一緒のことだから、このまま嘱託を続けるようですね。
なのはとフェイトちゃんがこれからも仲良くしてくれてたら、もうなんでもいいです!!
ユーノ君は無限書庫の司書。天職なんじゃないでしょうか。

でもって、はやてちゃんとヴォルケンリッター!
前回のフェイトちゃんと同じような待遇のようですね。
時空管理局からの監視を受けつつ嘱託で時空管理局の仕事を手伝って、今までの罪滅ぼしをすることになったようです。
魔法少女リリカルはやての時代がやってきました!!
シグナムとフェイトちゃんは、お預けになってした真剣勝負を近いうちにやるつもりですが、互いを信頼し合い、尊敬しあった上での真剣勝負、プラスになってもマイナスになることはありえませんね。

そして今回、なのは・フェイト・はやての3人はすずかとアリサへ、なのはとフェイトちゃんはなのはの両親に今までのこと、これからのことを打ち明けました。
なのは達のまわりには、良き理解者がいっぱいなのが嬉しいです。

6年後。
中学生になっても一緒にいるなのは・フェイト・はやて・すずか・アリサ。
フェイトちゃんはリンディさんの正式な養女になったようで、リンディさんのことを「お母さん」って呼んでましたvv
そして、アルフからこっちのほうが燃費もいいし無駄に目立たなくていいってアドバイスを受けたザフィーラが可愛い飼い犬形態に!!
クロノの声変わりにびっくりしつつ、ユーノ→なのはな関係が変わってないことにちょっと安心。
何より、リインフォースがプリティーなちびリインフォースになって復活してました!!
この子、可愛過ぎです!!

スタッフの方々、素敵なお話をありがとうございました。
今までお疲れ様でした。


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1



魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 01



ETERNAL BLAZE  水樹奈々



Spiritual Garden 田村ゆかり

Posted at 10:46:50 | 魔法少女リリカルなのはA's | コメント:20 | トラックバック:61

2005年12月24日

BLOOD+ 第12話

「白い霧にさそわれて」

ソロモンからSの匂いがぷんぷんしてきたーっ(歓喜)!!
アルジャーノ、やけに可愛いよっ!(今日の飴はオレンジ味だね☆)
カール、キモいよカール!


シュバリエが守っているというディーヴァを確保すべく実験農場を目指した小夜達。
赤い盾のメンバーが4人加わりましたが、小夜がまたしても脅えて戦闘を拒否ってる間に、ファントムに従ってやってきた子供型マウスにより(多分)2名死亡。
いい加減、小夜には覚悟を決めてちゃきちゃき戦ってもらいたいんですが、小夜が戦闘を拒否ってたのって、あの一般人には聞こえない歌により暴走することを恐れたからなんでしょうかね?
戦いそのものは、今までにも大量の翼手と戦った経験もあるわけだからそこまで脅える必要はないと思うし、小夜が防戦一方(ってか、自分の身すら守る余裕もない)なことで、他のメンバーにかかる負担が大きくなるのを見ていると、微妙な気持ちになりました。

カイ・リク・ムイ。
実験農場の牢にそれぞれ監禁されていた3人ですが、まずカイが自力で脱走。
ハジにもデヴィッドにもまるで歯が立たなかったカイですが、今回は見張り相手にうまく立ち回れたようです。
でも、リク&ムイ、それと頭まですっぽり隠す赤い服を着た子供を連れて逃げようとしていたところ、子供達が暴走して、カイ達を置いて勝手に外に出て行った上、ファントムに連れられて小夜達に襲い掛かることに!
カイ以外には聞こえていた歌が原因のようなのですが、だから、この歌っていったい誰が歌ってるんですか?
ディーヴァですか?
それに、なんで子供達は暴走し、ムイは苦しみ、小夜は脅えるんですか?
わけ分かりません!
それより何より、またしても一人で外の様子を見に行こうとしたカイの安否が気にかかります。
お願いだから、危ない真似はしないでください!

ソロモン・カール・アルジャーノ。
ソロモンとカールは何十年も前から今と同じ姿で生き続けてきたようで、旧知の仲のようなのですが、今回見ている限りアルジャーノは彼等と付き合いが深くはなさそうです。
甘いマスクでSな本性を隠してるつもりで実はS臭漏れまくりの物腰柔らかまったりマイペースの不思議くんソロモンと、「お前の耳は節穴か!少しは人の話も聞きやがれ!」なキチガイ変態激しくキモい好戦的なカールに振り回されまくり、慌てるアルジャーノが可愛くて仕方なかったです。
それにしても、アルジャーノにサムライマンについて聞いたり、カールにシュバリエとしても個人的な感情としても、小夜は殺すなと命令したり、ソロモンの何考えてるのか分からないとこ萌え!
ソロモンの口から何度も出てくる『兄さん』の存在も気になります。

次回は、小夜とカイが再会するっぽいですが、小夜とソロモンの再会はないのかな?
気になります。

OP 青空のナミダ(初回生産限定盤) 高橋 瞳

ED 語り継ぐこと(初回生産限定盤) 元 ちとせ

BLOOD―The last vampire 2000 玉置 勉強


BLOOD+(1) 完全生産限定版

Posted at 21:04:32 | BLOOD+ | コメント:0 | トラックバック:70

2005年12月23日

今日からマ王! 第69・70話

また、観るのが遅くなっちゃったー!!
ってことで、まとめて簡易感想にさせていただききます。

第69話 「守るべきもの」

一人だけ眞魔国に行って美子に「勝ちゃん、ずるい!」って言われた勝利。
魔王として皆に愛されるユーリを見て安心する反面、兄離れしちゃった最愛の弟に寂しさもあったようですね。
グレタがユーリの娘だって聞かされた時の驚き方に笑いつつ、問題はそのあと。
眞王廟で4つの箱から瘴気が出ているのを目撃した勝利は、儀式をやめさすよう促すのですが、多少の危険があってもなんとしてもやり通したい!っていうユーリにそれ以上強く言うことは出来ず、一人で真相を確かめることにしました。
が、勿論、そんな簡単にいくはずもなく、眞王廟の警護の人に中に入るのを止められていたところを、勝利と同じく、村田&ウルリーケの態度や勝利の必死さから何かを感じていたコンラッド参入!
勝利の魔力発動は脅し効果くらいにしかなりませんでしたが、なんとか中に入って、4つの箱から創主の一部が外部に漏れ出ていることが分かりました。
ウルリーケでも抑えられないそれを、村田とウルリーケは二人だけで隠してきたようですが、とにかく、こうなったからには儀式の成功にかけるしかないってわけですね。
最後、勝利の部屋に夜這い(←嘘)にやってきたヴォルフラム。
「力が欲しいか」つって、目が据わってるんですけど、これってやっぱり操られてる?


第70話 「忘れられた民」

誘い受けヴォルフ(←嘘)に惑わされかけた勝利ですが、雨の中、ウルリーケの先代であるオンディーヌが現われ、倒れたことで、一時保留。
でも、刺客が現われたり、目を覚ましたオンディーヌが眞王に巫女として選ばれなかった双子の姉が箱の鍵の抹殺を図っているとの情報を流し、ユーリ達がその対応に追われ、見ていることしかできない己の無力さを嘆いている勝利の元に再びヴォルフが現われ、力が欲しくばこの盃を受け取れって、悪の囁きをしてきました。
時々、瞳の色が青くなるし、このヴォルフ、完璧、操られてますね。

一方、地球の美子達の元にも刺客が現われ大変なことに!!
なんとかその場は凌いだものの、敵の頭領と思われる皺くちゃお婆ちゃんって、多分、オンディーヌのお姉さんですよね?
最後に結局、勝利はヴォルフから受け取った盃を飲んじゃったし、地球でボブ以上の魔力を見せ付けた敵も一筋縄じゃいかなそうだし、4つの箱の儀式を前にして問題山積みです。


今日からマ王! 2006年度 カレンダー



ドラマCD 裏 今夜はマのつく大脱走!<本家すぺしゃるVer.>

Posted at 21:01:59 | 今日からマ王! | コメント:0 | トラックバック:0

2005年12月23日

ガラスの仮面 第38話

「ふたりの王女 後編」

前回に引き続き「二人の王女」を存分に堪能させてもらいました。
マヤは相変わらず笑顔美人だし、冷酷な仮面を被った悲哀の女王・亜弓さんの演技も光ってました。
最終的に亜弓さんリードで幕を閉じた「二人の王女」ですが、月影先生が言うとおり、光がなければ影は出来ず、亜弓さんにあれだけ濃い影を作らせたマヤの演技も見事だったと思います。

公演が終わった後、はじめて舞台の上で別の人格になれた喜びと、劇が終わってしまった寂しさを語る亜弓さんでしたが、マヤに自分はいつも舞台の上では別の人格になっていると言われて、勝利の美酒に酔い痴れている暇もありませんね。
マスコミがどんなに亜弓さんを褒め称えようと、マヤに対するライバル意識はなお強まったように思います。

そして、大都芸能の社長として花を送りマヤの宣伝に一枚勝った真澄さんですが、ついにお見合い話が!!
って、お見合い自体はこれまでもあったようですが、今回の相手は今までとは一味も二味も違うようです。
今までは真澄さんのことを恋愛対象として見たことなど一度もないマヤですが、これを機会に真澄さんのことを意識していくようになるんですねvv

そして、次回は久々に桜小路くん登場!!
次の劇の相手役として登場するわけなので、福山さんの声を存分に堪能出来る事は間違いなし!
楽しみですvv


ガラスの仮面 第42巻 美内すずえ



OP zero 幾田 愛子

Posted at 19:45:19 | ガラスの仮面 | コメント:2 | トラックバック:1

2005年12月23日

舞-乙HiME 第12話

「仮面舞踏かい?」

巧海と晶はやっぱりラブラブ!!
マシロ、セカンドラブでも失恋!?
ナギを鞭でしばくことが夢なマシロっていったい!?
コーラル舞衣、可愛いvv


そんな感じ(どんな感じ?)な話でした。
今回は5人が名前を偽って騙しあいをしたわけですが、まとめるとこう。

アリカ→マシロ
ニナ →アリカ
マシロ→ニナ
巧海 →晶
晶  →巧海

天然誑しのシスコン巧海にあっという間にフォーリンラブしたと思われるマシロがタクミとお忍びデートを満喫している間、晶は巧海として、アリカはマシロの身代わりになって各国の対面を保ってたわけですが、女の匂いには敏感なシズルさんの目を騙すことは出来ず、まず晶が本物の王子でないことがバレてしまい、逃げつつ、巧海を探す晶をアリカ達が追うことに!!
晶を問い詰めるシズルさんの構図は濡れ場にしか見えなかったよ。
それから、巧海の振りして、ヴィントブルーム流挨拶として意を決してアリカの手に口付ける晶と、真っ赤になるアリカが可愛かったvv
ニナが名前を偽ったのは、嘘でもマシロのオトメとして名乗るのは嫌だったことと、アリカがマシロと契約をしていることを知っていたからなわけですが、アリカに前回の失態をなかったことにするよう言い聞かせる口実にもなりましたね。

でもって、マシロ&巧海。
一生懸命、巧海と一緒にいる時間を引き延ばそうとするマシロが可愛かったvv
巧海が胃が弱い&薬が切れたってことで、あんまり引き止めちゃ巧海の身が心配だよ~と思いつつ、マシロと同じように自分のことをお人好しって言った人を探しにきたっていう告白につらそうな表情をしたり、その相手が巧海の姉だって分かってぱっと表情を輝かせたり、分かり安すぎです!
でも、ずっと優しかった巧海に、最後にマシロの正体を知らなかったとはいえ「この国の女王は、誕生日で町中がお祭り騒ぎをしたり、お城の改築をするより先に、すべきことがあるんじゃないか」って厳しい言葉を言われて、今後、少しずつでまともな女王になって欲しいと思いました。
マリーアントワネットじゃないんだから、「パンがないなら菓子を食えばよい!」はあんまりです!
馬鹿にも程がある!

でもって、アリカ達から逃げる途中、マシロの前でうずくまる巧海を見つけて急いで巧海の元にかけつけ、水戸黄門よろしく「ひかえおろー!」をやって、口移しで巧海に薬を飲ませる晶に激萌え!!
マシロには可哀想だけど、やっぱり私は巧海×晶派です。
次回予告出でまでいちゃついてましたしねvv

結局、巧海がヴィントブルーム王国にやってきた理由は、大好きな姉である舞衣が昔、オトメであったためにつらい目にあったことからオトメ制度を疑問に思っているため、ヴィントブルーム王国を含めた国にしばらくの間、一切の不干渉を貫くことをはっきりと伝えるためでした。
マシロ、結局、見送りもしないで巧海と別れちゃいましたが、今回のことがマシロの成長に繋がるといいと思います。


舞-乙HiME 1



TVアニメ「舞-乙HiME」オリジナルサウンドトラック Vol.1



OP Dream☆Wing 栗林みな実



ED 乙女はDO MY BESTでしょ?

Posted at 17:51:44 | 舞-乙HiME | コメント:0 | トラックバック:44

2005年12月23日

かりん 第8話

「みつかっちゃって 恥ずかしい」

今回はクラスメイト達も巻き込んだ、大勘違いの自称『軽くヤバイ?』男・ウィナーと果林&健太による『かくれんぼ』な話でした。

毎日、健太にお弁当を作ってきているにも関わらず、増血の頻度が増していく果林。
理由は、健太のお母さんの失業が続いていることや、片思いな上、吸血鬼ハンターとしてもまともな活動が出来ていないウィナー&果林しか眼中にないウィナーに切ない片思いしている女の子達。
健太もすっかり、果林の鼻血の始末に慣れてしまったようです(笑)。
ちなみに、前回ラストでウィナーのことが好きになったと思われる麻希ちゃんは、他のウィナーLOVEの女の子に比べて随分まともで、ツッコミも欠かしませんが、ところどころでウィナーにときめいているようです。
でも、果林の友達としてしか認識してもらえず、何度も名乗ってるのに名前すら覚えてもらえないって可哀想過ぎ!
あと、ウィナー。
夜の街で、女の子と恥ずかしいセリフを言い合ってる煉を横切っても吸血鬼の存在に気付かないのはまだ許せるとして、ヘンリーと直接会話しても吸血鬼が目の前にいることに気付かないって、代々続く吸血鬼ハンターの末裔としていかがなものなんでしょう?

そんなある日、またもや果林は盛大な悲鳴をあげて学校の廊下で鼻血ブー。
慌てて一緒にいた健太と一緒に身を隠した果林ですが、急いで現場に駆けつけたウィナーが、廊下の血を見て吸血鬼の仕業だと断定したことからおかしなことに!!
学校を封鎖して吸血鬼退治って本気かい!?って感じなのですが、面白がったクラスメイト達がウィナーに協力することになったことで、果林達は逃げ回ることになったのですが、果林達自身、気付いているとおり、本当は逃げるより堂々と姿を現して気の利いた嘘で捜査を撹乱したほうがよっぽど楽。
でもまあ、結局はうまくいって、果林達は隙を見つけて廊下の血を始末して赤いペンキで偽装し、ウィナーは自分自身のやり過ぎな捜査活動が仇になって先生達からお説教。

今回のことで、男子生徒からは嫌われていたウィナーですが、面白君として認識されそうな予感です。


OP scarlet BRACE;d



ED もうひとつのバースディ Fm.θ



かりん(7) 影崎 由那



かりん 増血記〈6〉 甲斐 透

Posted at 16:14:26 | かりん | コメント:0 | トラックバック:14

2005年12月23日

SHUFFLE! 第23話

「明かされた真実」

亜沙先輩の強情っぱりーっ(涙)!!

稟の部屋で倒れて、そのまま緊急入院することになった亜沙先輩ですが、どんどん窶れていく姿が痛々しくて見てられなかったです。
原因不明の病気のため、亜沙先輩の病気は医者達では治せないようですが、今回でやっと亜沙先輩を苦しめているものの正体がはっきりしました。

なんとなくそうかな~とは思ってましたが、やっぱり亜沙先輩のお母さんである亜麻さんが第一の実験体だったんですね。
魔族で、しかも実験により魔力が強化された亜麻さんと、人間の父親の間で生まれた亜沙先輩は、人間としての脆弱な身体の中に膨大な魔力が閉じ込められているために苦しんでいる、と。
魔法を使い、身体の中に溢れている魔力を放出したら楽になれる可能性が高いとのことですが、亜麻さんの話ではそれは難しいらしいです。
…ところで、亜沙先輩のお父さん、いきなり山道で素っ裸で血を流している美少女が車道に出てきてびっくりしたでしょうね!
絶対、犯罪に巻き込まれた少女だと思いますよ。

で、亜麻先輩から亜沙先輩を助ける方法を聞き、亜麻さんやカレハ先輩から亜沙先輩を助けられるのはあなただけだと言われた稟ですが、思いのほか、亜沙先輩は魔法を使うことを強く拒み、苦しみ、窶れていく亜沙先輩を間近で見続けることで心身ともに憔悴した様子。
亜沙先輩が魔法を使うのを拒むのは、小さい頃、一度だけ亜麻さんが亜沙先輩の前で泣いたことがあるけれど、その時に言った言葉が「魔族でごめんね」だったから。
亜麻さんを悲しませないためにも、亜沙先輩は自分は魔族の血なんて流れていない純粋な人間でなければならないと思い込んでいるようです。
実際には亜麻さんは、ただ亜沙先輩に幸せに生きて欲しいだけなんですけどね。
稟がやるべきことは、亜沙先輩が亜麻さんの本当の願いを思い違いしていることに気付かせてあげて、魔法を使えば必ず元気になるって決まったわけではないけど、少しでも可能性があるのならそれにチャレンジするべきだって怒ってでも亜沙先輩に教えてあげることなのではないかと思うんですが、どうなんでしょう?
自分で使うのがどうしても嫌なら、誰かに魔法で助けてもらうとか?
まさか、奇跡の力で「魔法なんて使わなくても病気治っちゃったー☆ これぞ、愛の力だね♪」なんてオチが待っているとでもいうのでしょうか?(←んなアホな!!)

自分の夢は、年をとって稟と一緒に稟が告白してくれた高台に行って、もう一度告白してもらい、これからもよろしくねって言ってもらうこと、と語る亜沙先輩が愛しいだけに、亜沙先輩にはなんとしてでも病気を克服してもらいたいです。

次回、最終回。見逃せませんね!


SHUFFLE ! episode.4 (初回限定版)



SHUFFLE! キャラクターズ Vol.5 時雨亜沙



SHUFFLE! (時雨亜沙編) 小形 聖史

Posted at 11:00:21 | SHUFFLE! | コメント:2 | トラックバック:27

2005年12月22日

灼眼のシャナ 第12話

「ゆりかごに花は咲いて」

シャナVS一美!!
シャナVS愛染兄妹!!

勝者は誰だ!?
ってことで、今回は一美ちゃんと愛染兄妹を相手にして大変なシャナの話でした。

まずは一美ちゃんとの恋の対決ですが、一番の原因ははっきりしない悠二にあるかと。
池から悠二とシャナは仲が良いだけでそこに恋愛感情はないと聞いたものの不安な一美ちゃんは、いつもより大分早く目覚めて犬の散歩に行き、早朝から二人だけの世界を作って夜空を眺める悠二&シャナを目撃して大ショック!!
いつもより早く登校した教室で池に泣き顔を見られてしまい、理由を話したことから、昼休み、屋上でいつものように4人でお弁当を食べている最中、池が早朝のことを含め、優柔不断な悠二の態度をバッシング。
居た堪れなくて逃げ出しちゃった一美ちゃんですが、一人で落ち込んでいるところをシャナに「逃げるの?」と図星を指されて逆ギレしちゃいました。

シャナだって悠二のことが好きなのに、ちゃんと想いを伝えもせずに悠二と仲良くてずるい。
もう誰かに頼ったりせず、自分の気持ちを悠二にちゃんと伝える!!


確かに、こと恋愛勝負に関しては一美ちゃんの方がデートに誘ったりお菓子やお弁当を作ってきたりとずっと頑張ってきたわけなので、その気持ち、よく分かります。
ちょっとくらい悠二と仲の良いシャナにヤキモチ焼いて攻撃的になったって可愛いよvv
私は一美ちゃんの味方です。
でも、一美ちゃんの幸せを願うからこそ、一美ちゃんは池を選んどいた方が絶対良いとおもう。

一方、強気になって悠二に告白すると言い出した一美ちゃんに焦るシャナも可愛い。
いい加減、自分の本当の気持ちにも気付いたよね?
でも、一美ちゃんに言い返そうとしたところで封絶が現われ、恋愛勝負は一時お預けになってしまいました。
女同士のバトルが行われている時、悠二は池と話してましたが、池は「吉田さんのこと、好きなのか?」っていう悠二の質問になんて答えたのかな? 気になります。

で、シャナVS愛染兄妹。
シャナは愛染兄妹のいちゃいちゃっぷりが気に入らないようですが、これって、もし一美ちゃんが告白してうまくいって、一美ちゃんと悠二がこんなふうにいちゃいちゃしたら嫌だって思ったから?
それとも、ただ単に「寂しい独り者の前でいちゃつくな、こら!」とか「近親相姦反対!!」とか「人前でべたべたするなんて不潔よっ!」とかそんなの?
それはともかく、シャナの大太刀・贄殿遮那を狙うソラト、ぽやぽやした性格してるのに強いですね。
でも、油断している間にシャナの反撃を受けて、ソラトよりソラト溺愛のティリエルが大怒りになってしまいました。
最後はシャナ触手プレイで終わりだし、悠二はちゃんとシャナの力になれるのかな?

今回は、啓作&栄太に促されてマー姐がちょっとだけ動いたのが嬉しかったです。
次回は悠二と啓作達が手を組みそうな勢いですね。


灼眼のシャナ 1



OP 緋色(ひしょく)の空(初回限定盤)  川田まみ(I've)



ED 夜明け生まれ来る少女 高橋洋子

Posted at 19:42:48 | 灼眼のシャナ | コメント:0 | トラックバック:52

2005年12月22日

ノエイン もうひとりの君へ 第11話

「スレチガイ」

ちょろっとカラス×ハルカ&フクロウ×アイで、あとはひたすらフクロウ×カラス&イサミ×ユウでした!

てっきり初っ端からカラスとフクロウでやりあうのかと思ったら、お話しただけで戦いませんでしたね。
守るべきものの違う二人とはいえ、幼馴染の親友。
そりゃ、本気でやりあいたくはないですよね。
よきかな×2。
しかも、ハルカが嫉妬に狂ったコサギに殺されかかったタイミングでフクロウ・コサギ・クイナの3人で強制転送!!
これって絶対、コサギの暴走を食い止めるためだと思うんですが、理由としては捕獲すべき龍のトルクを消滅させられるわけにはいかないからというより、ハルカを死なせたくなかった=カラスを悲しませたくなかったからだと勝手に解釈しています(フクロウ×カラス好き!)。
でも、結局近いうちに龍のトルク=ハルカをめぐってカラスとフクロウはやりあわなきゃならない運命っていうのが悲しい。
フクロウ×カラスにときめきつつ、その後のカラス×ハルカ微抱擁シーンには更に萌えました。
ためらい萌え!
ロリコンでも犯罪でもいいよ。
ほんのり甘酸っぱい関係の二人が大好きです!

ところで、今回は絶臨の内田さんによる量子講座が延々流れてましたが、郡山同様ちんぷんかんぷんでした。
私の頭がお馬鹿なのではなく、ほとんどの人にとっては難しい説明だったと思いたい……。
でも、ハルカが今でも3ヶ月に1度くらいは会っている父親が、内田さん達が調査しているマジックサークル計画のプロジェクトリーダーっていうのは重要な情報ですよね。
ハルカはまったくそんなこと知らないっぽいですが、ハルカママは少なからず何か知っているのではないかと思っているのですが、どうなんでしょうか?

で、アトリ&トビ。
このコンビ、癒されます。
相変わらずカラスとフクロウにムカプンプン!で無駄に体力を消耗しているアトリを、呆れた感じで諌めるトビ萌え!
トビはアトリのことを「いつまでたっても癇癪持ちの子供なんだから困るよ~。でも何故か憎めないんだよね」って感じで好きだと思います。

そしてイサミ×ユウ。
ユウママの強制がなくなったはずなのに東京の学校を受験すると言い出したユウに、ユウと離れたくないイサミは最初苛々してましたが、どこが高校生だ?どう見たって親父だろ!?なイサミ兄の「離れていても親友は親友」って言葉と、「はじめて自分で決めたんだ」っていうユウの言葉によって、ようやくユウの意思を認める気になったイサミ。
仲直りして笑い合う二人にじわっときましたvv
友達っていいなぁ~。
それから、イサミの家って両親が他界してたんですね。
元気でお調子者のイサミですが、結構大変だったんじゃないかと思います。

萌えと言えば、アイと束の間の出会いを果たし、やっぱノーマルではアイ(アマミク)のことが好きなんじゃないの!?と思わせてくれたフクロウと、こっそりハルカの家を抜け出して、イサミとユウの仲直り現場を見ていたと思われるカラスが「イサミ」「ユウ」と呼び合いました!!
萌・え!

次回も楽しみですvv


OP OP Idea eufonius



ED 夜明けの足音 solua



ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第1巻

Posted at 17:46:01 | ノエイン もうひとりの君へ | コメント:0 | トラックバック:25

2005年12月22日

ガンパレード・オーケストラ 第12話

「風立ちぬ」

芝村中隊長の出番がないよっ!?

どうも私は自分で思っていた以上に芝村中隊長のことが気に入っていたようです。
芝村中隊長がいないと物足りないとゆーか、ショボーンとゆーか。

今回は整備士深澤と、難病で余命幾許もない少女、理名のしんみり切ない話でした。
病院の医療機器の故障で修理に呼び出された地味眼鏡くん深澤は、そこで病院から脱走してきた理名と出会うのですが、理名の命が短いことを聞き、お見舞いに行くものの冷たく追い返され、がっくし。
それでも理名のことが(可愛い顔をしてたから)気になって仕方ない深澤は、皆が無理と思っている難しいボイラーの修理に挑み、根性で直したり、ついいは、理名の病室に海の写真があったこと、理名が脱走して向かおうとしていた場所を聞いたことから、夜、理名を病室から連れ出すことに!!
地味顔なのに、なかなか行動力ありますね(無謀とも言いますが…)。
途中、山道で大木が倒れて道がふさがれていたり、幻獣に襲われたりと障害はあったものの、源と火焔の協力でなんとか障害クリア。
理名がずっと夢見てきた本物の海を見せることに成功したものの、理名はそのまま永遠の眠りについてしまいました。
死に顔が安らかでとても幸せそうだったのが唯一の救いではあるのですが、もっと他に方法はなかったのかと思ってしまいました。
でも、理名は天蓋孤独だったっていうし、満たされない気持ちのまま多少長く生きた末に死ぬよりは、幸せの絶頂の時に死んだ方がいいのか?

とりあえず、次回は芝村中隊長に出番をプリーズ!!


OP Faze to love 橋本みゆき



ED ふたりが忘れない 美郷あき



ガンパレード・オーケストラ 白の章 DVD-BOX 1

Posted at 00:44:25 | ガンパレード・オーケストラ | コメント:2 | トラックバック:14

2005年12月21日

地獄少女 第12話

「零れたカケラ達」

せ、切なすぎるんですけど!!
ってか、お婆ちゃん恐っ!


今回は今までとはまったく違う恨み(?)の晴らし方でした。
そもそも地獄に流した理由が恨みじゃないし(寧ろ、愛?)。
お婆ちゃんみたいに、本人が幸せなら~とは素直に思えないです。
あと、あのクラス。
登校拒否したくなる気持ちが非常によく分かるというか、まともであればまともであるほど居場所がないと思うんですが、いまどきの学校ってどうなんですか!?
私の学生時代は、まあ、一応県で一番の進学校だってこともあったのか、授業中に多少の居眠りまではあっても、私語はなかったし(あっても、先生の話を聞き損ねて聞いたりとか、黒板の文字が見えないから教えてもらったりくらい?)、勝手に席を立ったりサボったりなんて論外だったんだけどなぁ~。
あーゆーのを学級崩壊っていうんでしょうね。

そんなこんなで、今回は登校拒否の女子高生と担任の先生の不思議な繋がりの話でした。
はじめは毎日家にやってきて、自分を熱心に学校へ誘う深沢先生の気持ちが分からず、追い詰められた恨みから地獄通信にアクセスした茜。
それがある日、いつものように茜を学校に来るよう促しにやってきた深沢先生が、本当は自分も教頭に責められ、世間体を気にしてやってきていることを正直に話してくれたことから深沢先生に心を開き、学校にやってくることに!
でも、職員室で先生が少し席をはずしている間に、茜が唯一心を許していたメル友cheppo宛にメールを出したところ、深沢先生の携帯から着信音が鳴り、びっくり!!
はじめっからそうだろうなとは思ってたのですが、茜がずっと心の支えにしていたメル友は深沢先生だったわけですね。
そして、茜と同じく学校での生活に追い詰められている深沢先生から死にたい、地獄に流して欲しいとの願いを聞いた茜は迷いながらも、教頭に生徒達の進路のことで追い詰められ、クラスメイト達から陰口を叩かれる深沢先生を見て、深沢先生を救うためにあいちゃんからもらった藁人形の糸を解く、と!

おしおきシーンこそありませんが、あいと契約をしたことで茜も将来は地獄行きになってしまったことを舟の上で聞かされる深沢先生。
無知は罪ってやつで、真実を聞かされた先生はショックを受けたようですが、茜のほうは覚悟の上でのことだったから、地獄で一緒に幸せ(?)になろうと健気なことを…。
でも切ない。

「これでいいの? 地獄が極楽で(by.つぐみ)」

幸せの定義って難しいですね。


地獄少女 1

Posted at 23:39:33 | 地獄少女 | コメント:0 | トラックバック:30

2005年12月21日

クラスターエッジ 第12話

「アゲートの叫び」

ベリル様放置!!
でも、カールスがいっぱいだったからいいや。


クラスターEAに戻ってきたエマですが、またしてもカールスとの思い出に心を馳せてました。
本当にカールス激愛ですね、エマ。
いつでもどこでも心はカールスに還っていってしまいます。
エマが登場すると必然的にカールスの映像が流れるのが嬉しいですvv
そして、エマの回想からアゲートの部屋が昔カールスが使っていたらしい部屋だということが判明。
それから職員会議で学園からの除名が決まったアゲートですが、校長先生の机の引き出しに入っていたもう一つの除名届け。
あれってやっぱりベリル様のものでしょうか?
ベリル様が今どこで何をしているのか、非常に気になります!!

一方のアゲート&クロム。
何故かアゲートが自分がクラスターEAを退学させられたことに気付いたようなんですが、そこはいつものアゲートの奇跡ってことで華麗にスルーして、軍から逃げる途中、不時着して小さな村に逃げ込んだ二人は、協会に!
今日はクロムの知り合いの可愛い修道女、リナが出てきました!
女の子がいると画面が華やかになっていいですね。
まあ、それはともかく、その村の若い男は戦争に無理やりかり出されたあげく、ほとんどが死んでしまったようです。
ちょうどその日も礼拝の日だったようですが、一心に祈りを捧げる村人やクロムを見て、アゲートが『良い人だなぁ~』と思ったところで軍隊が!!
狙いはアゲート(+クロム)のようですが、無関係の村人達にも容赦なく狙撃してきて、一時は魔王モードのユーリ(マ王)のように風を使って村人を助けようとしたアゲートですが、結局多くの犠牲者を出してしまい、ぶちキレ!!
短気で好戦的なクロムもびっくりの無茶苦茶ぶりで力の大放出!
おまけに今回も、自分達を襲ってきた軍人が既に絶命していても銃の連射をやめなかったり、いつもアホのようにニパニパしているだけにキレた時の容赦のなさが恐いですね。

そして、今回一番のツッコミどころ。
アゲートに後光が射したかと思うと、カールスの分身が呼ばれもしないのに飛び出てジャジャジャジャーン!!

「人間ってこんなものなのか? この程度なのか!?」

叫ぶアゲートを見て、「カールスの叫びだ。決して怒らなかったカールスの声だ」と呟くクロム。
なんでそれがカールスの叫びだって分かるの?
まあ、カールスの立場なら人間に絶望しても無理ないですけどね。
アゲート、気絶しちゃうし、訳わかめです。

最後はクロム以外のクロム団が癒してくれました。
この子達、めちゃくちゃ良い子vv 大好きvv 癒されるvv


クラスターエッジ 1


OP FLY HIGH  surface

ED 君という名の光 Cluster’S

Posted at 22:30:12 | クラスターエッジ | コメント:2 | トラックバック:15

2005年12月18日

銀盤カレイドスコープ 第11話

「キス・アンド・クライ」

結局キスは出来ませんでしたが(←相手が幽霊なので当然ですね)、「死んでない! 生きてるのよ、あたしと! あたし達はいけるとこまで行くの、一緒に! それが条件」ってセリフには素直に感動しました。
これで作画が良かったらなぁ~。

今回は全体的にピートから見たタズサの話でしたね。
100日目は近付いてきているけれど、タズサと一緒にずっと生きていけるような気がするピート。
一秒だって無駄にせず、オリンピックに向けて励みつつ、時間を見つけては青空を見に行くタズサ。
オリンピック用の大事なプログラムをピートに構成させるなんて、タズサ、すっかりピートに心を許してますね。
限られた時間を精一杯、ピートと共に生きるのが今のタズサの一番の望みなんでしょうね。
でも、オリンピックに対する緊張とストレスは相当なもので、口では強がっても震えているタズサを心配し、少しでも緊張をほぐすようにピートも頑張っていたようです。
日本では相変わらず野次がいたり、響子が励ましもかねて見送りに着てくれたようですが、トリノに着くと、一人もタズサ目当ての記者がいなかったのは変な感じ。
仮にも日本代表選手なわけだし、普通、何人かはきますよね?
それに、日本の主だったフィギュア女子はタズサと響子の二人だけなわけで、これまでいくつもの国際試合に参加してきたと思われるタズサのことを外国の記者は誰も知らないっていうのも変な話。
それにしても、滑走順位で1番を引くなんて、タズサ、めちゃくちゃクジ運が悪いですね。
一番走者は比較対象が他にいないから、点数をやや低めにおさえて様子を見るのが普通だし、これはかなり厳しいかも、と思ったのですが、やってくれました!!

まず、試合前の高島コーチの名セリフに感動。
「この砂が全部落ちる時間は2分50秒だ。その間、世界はお前だけのものになる。何をしようと自由だ」
好きです、高島コーチ!
2分50秒をピートと二人で自由に動き回ろうと決めたタズサは、ショートプログラムをウエイトレスナンバーで演技。
難しいジャンプを連発成功させたり、コミカルな演技がウケて、なんとショートプログラムでリアに続いて2位。
ちなみに3位はガブリエラ。
リアやガブリエラの扱いがすごく小さかったのが不満ですが、キス・アンド・クライでのタズサとピートのキスシーンは恥ずかしかったけど、良かったな、と。
まあ、ようは気持ちの問題なんですよね。
本当に触れることは出来なくても、互いに気持ちがあれば本当に触れ合えなくてもキスはキス。

次回、いよいよ最終回!
流石に最終回は作画に気を遣ってくれていると信じてます。


銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all? 海原 零


OP Dual YeLLOW Generation

ED energy 井上麻里奈

Posted at 15:29:16 | 銀盤カレイドスコープ | コメント:2 | トラックバック:16

2005年12月18日

魔法少女リリカルなのはA's 第12話

「夜の終わり、旅の終わり」

ヴォルケンリッター復活!!

ついに念願の共闘来ました!!
はやてちゃんに呼ばれて、ヴォルケンリッターが復活してホント、良かったー。
でもって、はやてちゃん、変身っっ!!
髪と瞳の色まで変わってラブリーです。
「こまかいことはあとや。今はおかえり、みんな」に聖母を見ました。
はやてちゃんに抱きついて泣いちゃうヴィータがめちゃくちゃ可愛いvv
胸にこみ上げるものがありますね。

でも、ヴォルケンリッター復活に喜んでばかりもいられず、クロノが防御プログラムを止めるための2つの方法として、極めて強力な氷結魔法(デュランダル)を使うか、アルカンシェルで消滅させる方法を提示。
でも、どちらもあまり使いたくないからその他に方法がないのか訊くわけですが、最終的にまずバリアをくずし、なのは・フェイト・はやてちゃんでコアを露出、ユーノ達の転送魔法でアルカンシェルの前に転送させ、アルカンシェルで完全消滅って方法が採用されました。
個人の能力に頼った方法なので確実性は薄いけど、うまくいけば最良。
今まで敵対していたなのは達とヴォルケンリッターが一致団結、協力して作戦に当たる姿は見ていて嬉しいです。
なにより、ヴィータが「高町なのは」って言った!!
おめでとう、なのは。
くどいくらい何度も名乗ったのが実を結びましたねvv
そして、皆の力を合わせて、見事作戦成功!
すずか&アリサも元の場所に無事戻れました。

が、しかし!!
はやてちゃん、倒れたーっっ!!
病魔に冒された身体で、頑張りすぎましたからね。

はやてちゃんの無事を切実に祈ります。
最終回は文句なしのハッピーエンド希望!


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1



魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 01



ETERNAL BLAZE  水樹奈々



Spiritual Garden 田村ゆかり

Posted at 13:32:08 | 魔法少女リリカルなのはA's | コメント:4 | トラックバック:61

2005年12月17日

BLOOD+ 第11話

「ダンスのあとで」

アルジャーノが飴を出さないなんて!!
って思ってたら、次回予告で「梅味。君も欲しいのかい?」ってサービスしてましたvv
ホモ疑惑まで浮上しちゃったし、ネタを欠かさない人ですねvv

そして、ミン!!
やっぱりミンの本命は小夜なんじゃないの!?
「小夜は笑った方が可愛いよvv」って誑し文句は勿論、せっかく自分に声をかけてきてくれた美形らしい男の子のことより、小夜のことを気にかけてました。

今回は年に一度のダンスパーティの話。
ミンにドレスを借りた小夜は、やっぱり小夜というか、色気より食い気。
おまけにミンは積極的に男の子に声をかけに行ってたので、一人で壁の花。
正装のデヴィッド&ジュリアさんが打ち合わせのために小夜のもとにやってくるまで一人でぼーっと突っ立ってて居心地悪そうでした。
ってかせっかくジュリアさんが胸元開きまくりのセクシーなドレスを着てきてるのに、デヴィッドさん、相変わらず気が利かないとゆーか、女性に対して無頓着すぎ!
一言でいいから「似合ってる」くらい言ってあげればいいのに。
ってか、ジュリアさん、それちょっとでもドレスが何かに引っかかったら胸がぽろりとこぼれるんじゃ…。
まあ、それはともかく、デヴィッドさんは一人で地下へ、ジュリアさんも場内に溶け込むため小夜の側をすぐ離れたのでまたしても一人で壁の花の小夜に、金髪美形のソロモンがダンスに誘ってきました!!
てっきり自分が誘われると思ってたアンナマリーがまぬけで憐れでしたが、それはいいとして、ソロモン、天然の誑しっぽいですね。
小夜もドッキドキ!
あー、でも私も好きかも。
笑顔を絶やさず、飄々とした感じが好みvv
これで隠れSだと尚萌えるんだけど、アルジャーノとの仕事にも乗り気じゃなさそうだし、それはないかな。
ソロモン×小夜もいいなぁ~。
そのあと、久々にアルジャーノがやってきて、小夜からソロモンを奪って連れて行ったシーンで、アルソロとかソロアルもありだと思いましたが。
ちなみに、ソロモンが(多分)カールのことを『弟(兄だっけ? うろ覚えです)』と言ってましたが、全然似てないし、血の繋がった兄弟じゃないですよね?

外に出た小夜はミンが知り合った男の子を紹介されそうになりましたが、そのすぐ前にファントムの姿を目撃したことから、ミンに「ごめん」とだけ言ってファントムを追いかけ、地下に!
地下ではデヴィッドさんと、独自に忍び込んでいた岡村がピンチでしたが、岡村が気絶している間に、小夜・ハジ・デヴィッド・ジュリアさんVSファントムに!!
途中で目が覚めた岡村さんは、手持ちのカメラでこっそり写真を撮ってましたが、最後まで見つからなくて良かったですよ。
例のワインも見つけましたしね。
でもって、またしても小夜が本来の姿に戻っていないことを嘆く変態ファントム。
どうしてファントムは強い小夜にそれほどまで執着するんでしょうね?
昔は…とか言ってましたが、20年前のベトナムでの事件のとき、カールもその場にいたのでしょうか?
でも、普通に考えたら、たとえその時カールがいても、物心ついたばかりの子供だと思うしいまいちしっくりきません。
結局、その場では決着がつかなかったわけですが、その後、デヴィッドさん達と一緒にびりびりに破れたドレスで血だらけで出てきたところをミンに見られてしまい、ショックの小夜!
そのまま車に乗り込んで行っちゃいましたが、このままミンになんのフォローもなく学園を去るのでしょうか?
せっかく念願の格好良い(?)男の子が側にいるのに小夜のことが気になって楽しく会話することもできなかったのに、これじゃミンがあんまりなのでは?

来週はカイ・リク・ムイの三人のこともやってくれそうです。
2週連続放置でしたからね。
ムイの安否が気にかかります!

OP 青空のナミダ(初回生産限定盤) 高橋 瞳

ED 語り継ぐこと(初回生産限定盤) 元 ちとせ

BLOOD―The last vampire 2000 玉置 勉強


BLOOD+(1) 完全生産限定版

Posted at 19:46:17 | BLOOD+ | コメント:2 | トラックバック:76

2005年12月17日

SoltyRei ソルティレイ 第11話

「バースデーゲーム」

今回はソルティ達がロイに内緒で誕生日会を開き、ロイを喜ばせる微笑ましい話かと思いきや、ところがどっこい、ホウ・チュウっつー、爆弾狂の変質者に怪我人続出の話でした。

ホウはロイが警官時代に逮捕し、その際、右腕を徹底的に破壊した男ですが、そのことでロイのことを強く恨んでおり、脱獄して復讐をしようと考えたようですね。
ロイだけでなく、ロイのまわりの人まで巻き込む最悪な奴です。

ロイへの復讐を開始する前にリゼンブル手術を受け、その時にいた技師達を爆弾で殺したようですが、調査にやってきたRUCメンバーまで爆弾で負傷。
特にシルビアとセリカは入院しなきゃいけないくらい怪我がひどいようですが、シルビアの方は仮面の男がお見舞いにやってきてくれたから役得かも♪
二人だけで事件を解決することにしたインテグラとアクセラは、次回、どんな活躍をしてくれるのかな?

で、次のターゲットですが、まずはロイの娘を捜すために未登録市民の情報をロイに渡していたラリーと、ロイ本人。
無事脱出は出来ましたが、ほぼ同時進行で、ミランダの部屋でバースデイケーキを作っていたソルティ・ミランダ・カーシャ、食糧の買出しをしていたアンディも爆弾の被害に!!
おまけに、最初の爆弾から逃れたのも束の間、新たな爆弾で遊ばれ、アンディにまで被害が及んだことを知ったラリーはホウを絶対殺してやる!とめちゃくちゃホウに憎しみを募らせたようです。
ロイの方は、ソルティ達が無事だったことを知って少しは安心したようですが、アンディは本当に重傷を負ったようですしね。
だがしかし!!
今度はローズまでホウの手に落ちてしまいました!!
ロイはソルティから昔奥さんが娘のためによく歌っていた歌をローズから教えてもらったことを聞いたばかりだし、ローズのことが心配+ローズから娘に関する情報を引きだせるかもしれないってことで、次回はローズ救出のために本気出すでしょうね。
ラリーもきっとホウをこのままにする気はないでしょうし、インテグラ達も行動を起こすでしょうし、さっさとこんな迷惑な変質者はお縄にしてもらいたいです。


SoltyRei FILE.1 初回限定版



OP clover  meg roc



ED Float~空の彼方で~ 近江知永

Posted at 11:07:40 | ソルティレイ | コメント:0 | トラックバック:17

2005年12月17日

BLACK CAT 第11話

「偽りの猫」

イヴ、可愛いよイヴvv

今回はブラックキャットの偽者が現われたって話でしたけど、偽者ウドニーは完全にまぬけな小物(しかもデブ)なのでどうだって良く、可愛いイヴイヴが見られたことがメインでしたね。
それと、最初にちょろっとしか出てこなかったけど、クリードがいい!!

クリードにヘリを真っ二つにされて普通なら死んでるはずのジェノスは、やっぱりしっかり生きてました。
腕に包帯巻いてるけど、あれだけの爆発&高いところから落ちてこれだけの怪我は寧ろ奇跡。
おまけに傷の回復したナイザーと一緒に、打倒クリードのようです。
久々にリンスに会って格好つけてましたが、変態クリード相手にどれだけのことが出来るか激しく疑問。
でも、今のところクロノス、これといって活躍してないので、来週はちょっとは見ごたえある戦いをしてもらいたいもんです。

そしてクリード!!
シキの蟲を使ってトレインを盗撮!!
犯罪だよっっ!! ストーカーだよっっ!! 恐いしキモいよっっ!!
でも、そんなあなたが大好きです。
道(タオ)に誇りを持ってるシキとしては、「何故自分がストーカー行為の片棒を担がないといけないんだ!!」と憤りたくてたまらないでしょうね。
カメラに映ったトレインはほとんどがまぬけ面だし。
星の使徒のガンマン・デュラムはトレインを仲間に引き入れるのが不服なようで、トレインを倒す気満々でしたが「トレインと君じゃあ、格が違う」とか「言葉に気をつけろ!」とか、クリードに馬鹿なことを言うなと怒られてました。
ってか、クリードの前でトレインをけなして、殺されなかっただけ良かったと思う。
クリードのトレインLOVEは激しく歪んでるけど誰にも負けませんからね。
変態でキチガイでおまけに危険な力まで持ってるクリードには、歯向かわないほうがいいと思う。

で、イヴ。
ブラックキャットの偽者が一足違いで自分達のターゲットを捕獲したという情報を得、当面の仕事がなくなったため、トレイン達がパンの耳を食べている間にスヴェンの薬を買いに行ったのですが、買い物帰りにウィンドウショッピングをしたり、いろんな帽子や眼鏡を試してご満悦なところが最高に可愛いvv
おませなイヴが大好きです。
トルネオ邸にいた時は地味な黒ワンピだったけど、いつの間にか可愛い服着まくってて……これもやっぱ、スヴェンの気を引きたいからですかね?
可愛い子だvv
でも、スヴェン達の元へ戻る前にブラックキャットの偽者ウドニーとばったりでくわし、呆れながらもピンチを助けたり、延々くだらない話を聞かされたり大変な目に合わされてました。

一方、だれだれトレインですが、シキの蟲のこともちゃんと気付いていたようで、無造作に手で掴み、殺してました。
きっと、その頃クリードは、「トレインの美しい顔が見れなくなってしまったじゃないか! 早く別の蟲をトレインのところへやれ!! 今度はもっとたくさん、いろんなアングルからトレインを撮るんだ!!」とかシキに命令してそう。

って、それはともかく、ウドニー&イヴの前に、ブラックキャットを倒すためにデュラムが本当に現われちゃいました!
勝手なことしてクリードに怒られるぞー!
おまけに、イヴ達がピンチに陥ったところで、トレイン登場。
あっけなくトレインにやられるデュラム。
ってか、銃弾をことごとく銃で叩き落すトレインっていったい何者なんですか!?(←元ブラックキャット、現新米掃除屋です。)
激しく銃の使い方を間違っている気がしますが、とにかくクリードが言ったとおり、トレインとデュラムじゃ格が違うってわけで、トレインからも「うせろ。俺の相手はクリードだけなんだ」と言われた挙句、拳で殴られて気絶してしまいました。
いいとこなしですね。


BLACK CAT 4 矢吹 健太朗



BLACK CAT Vol.1



BLACK CAT 2006年度 カレンダー


ED ナミダボシ パピーペット

Posted at 01:14:42 | BLACK CAT | コメント:0 | トラックバック:10

2005年12月16日

舞-乙HiME 第11話

「HAPPY☆BIRTHDAY」

晶くん&巧海おかえりーvv

今回は誕生日にまつわるお話でした。
アリカ・ニナ・マシロが同じ誕生日だったことから起こった、ちょっとした諍いですね。

イリーナ&エルスのおかげで試験で29位になれたアリカと、いつもどおり1位キープのニナはミス・マリアから呼び出しを受け、マシロの誕生日にジパングの王子様のお出迎えをするマシロのお供をすることに!
舞-乙HiMEの世界にジパングがあるとは思ってなかったのでびっくりです!
でも、これで今回登場した晶&巧海は日本名で間違いありませんね。
晶が今作でも男装した女の子なのか、それとも本当に性転換して本物の男設定なのかも気になるし、晶と巧海の関係も大いに気になります!!

まあ、それはともかく、ニナはセルゲイから、アリカは後見人のおじさまから誕生日プレゼントをゲット!!
ニナは大事にしていたセルゲイとの写真つきの時計をつるせる金のネックレスをもらって、とっても嬉しそう。
頬を染めて幸せそうな笑みを浮かべてるところが最高に可愛い!!
本当にセルゲイのこと好きなんだなぁ~。
でも、アリカが自分と同じ誕生日だということを知って、アリカがセルゲイの大切な人の娘だって確信してしまったようです!
しかも、ニナの誕生日は、誕生日の分からないニナにセルゲイが決めてくれたもので、何故わざわざその日をニナの誕生日にしたのか察して大ショック!!
ニナ、切ない~~。

一方のマシロ。
せっかくの誕生日にジパングの王子の出迎えをすることは本意でなかった上、本当はそれにお見合いの意味がこめられていたことを知って、途中でミコトと一緒に脱走!!
困ったお姫様ですね(苦笑)。

アリカとニナはマシロのお供をするために出かける途中で迷子の子を拾い、駅員に届けたものの、その迷子がニナが大切にしていたセルゲイからのプレゼントを奪い、気がついたニナ達が追いかけ、追い詰められたところで川にぽいっ!
たまたまそれが、横切っていったボートに落ちて、なんとかそのボートの人とは話が出来たものの、既にカラスに奪われたあと。
善意で声をかけた迷子にそんな目に合わされて、ニナが可哀想過ぎます。
といっても、きっと迷子の子も豊かでなに不自由なさそうに見えたニナを妬ましく感じてそんなことをしてしまったんでしょうけど。

アリカとニナは公園でニナのプレゼントを奪ったカラス探し。
ちょうどその頃、ミコトと例のカラスがバトルしており、カラスが逃げる途中でプレゼントは歩道へ。
勢いのついたミコトに顔面に激突されて気絶したマシロは、巧海に助けられてました!
巧海、可愛いなぁ~vv
そして、プレゼントはどっかで見たことのある服を着た男の手へ。

なかなか見つからないプレゼント。
そして語られるニナの本音。
アリカがセルゲイの憧れの人の娘であると確信したニナにとって、いつの間にかアリカがセルゲイのことをファーストネームで呼ぶようになったことはショックで、おまけに大切なプレゼントまで失ってしまったことで「どうして私達の前に現われたの? あなたがいなければ、お父様は私だけを見てくれたのに!」とジェラシーを口にしてしまいました。
おまけにニナ、ただのファザコンではなく、一人の男性としてセルゲイのこと好きっぽい。
アリカは裸を見られたことでちょっとは意識するようになったものの、まだまだ『恋』には至ってなさそうですけどね。

そんな切ないニナでしたが、他ならぬセルゲイからなくしたペンダントが戻ってきて、おまけに自分の誕生日が、アリカの誕生日と同じという理由でつけられたのではなく、はじめて自分がセルゲイと会った日だと教えられてまたもや涙が!!
今度は嬉し泣き。
良かったね、ニナ!
ところで、アリカの『トクン』って何? 気になる。

そして、最後の最後で登場した晶くんはジパングの王子様役でした!!
めちゃくちゃ可愛いっっvv
たとえ王子役でも、やっぱり晶くんは女の子だよね?
女の子なのに男前なところが可愛いんで、ぜひぜひ女の子であって欲しいです。


舞-乙HiME 1



TVアニメ「舞-乙HiME」オリジナルサウンドトラック Vol.1



OP Dream☆Wing 栗林みな実



ED 乙女はDO MY BESTでしょ?

Posted at 23:14:54 | 舞-乙HiME | コメント:2 | トラックバック:49

2005年12月16日

かりん 第7話

「追っかけられて 恥ずかしい」

ウィナー・シンクレア、面白過ぎ!!

今回で黒い影だったところにウィナーの絵が入ってかりんのOPが完成しました。
なんのコスプレだよ?な格好で登場した彼ですが、顔がいいので女の子達には早々にモテモテ。
「何、この変な人?」ってひいてる果林&麻希はすごくまともに見えました!
ってか、普通、ひくよね?
学校に銃まで持ち込んでるし。

四字熟語連発で「貴女は運命の人だ!」と果林に迫りまくるウィナーですが、なんと吸血鬼ハンターだったらしく、ただでさえウィナーに迫られて困っていた果林はますますピンチに!!
でも、家に帰ってそのことを話すも、ウィナーが果林のことを理想の女性だと褒め称えたことまで伝えたため、家族全員に大笑いされた挙句、ウィナーは女を見る目もないたいしたことないハンターの烙印を押されてしまい、全然まともに取り合ってもらえません。
そうしているうちにも、麻希から健太とウィナーが決闘をしているとの電話があり急いで駆けつけた果林は、久々に盛大な鼻血ブー!!
ウィナーVS健太は結構良い勝負だったんですが、ウィナーは血にめちゃくちゃ弱かったらしく、果林の血を見て気絶しちゃいました。
おまけに、果林と健太が二人仲良く帰った後、麻希に見守られて目を覚ましたウィナーは涙をこぼして、それまでウィナーのことなどなんとも思ってなかった麻希は母性本能をくすぐられたのかなんなのか、とにかくウィナーLOVEに!!

ウィナーの果林LOVEは全然変わってませんが、麻希がウィナーに恋しちゃったことから四角関係になったようです。

ウィナーが登場したことで、ますますギャグ度が高まって面白くなってきました!
それに、ウィナーの登場によって健太が果林のことを本格的に意識し出すのも時間の問題な気もしますし、健太×果林を応援する身としても嬉しいです。
ウィナーにはこの調子でハイな頭で頑張ってもらいたいです!


OP scarlet BRACE;d



ED もうひとつのバースディ Fm.θ



かりん(7) 影崎 由那



かりん 増血記〈6〉 甲斐 透

Posted at 21:40:50 | かりん | コメント:0 | トラックバック:10

2005年12月16日

ローゼンメイデン トロイメント 第9話

「戒」

蒼星石ーっっっっ!!!!

翠星石の涙が痛すぎる!!
今回は涙なしでは見られませんでした。

お父様の願いを叶えるためにアリスゲームに臨むことにした蒼星石ですが、誰とも共闘するつもりはないようですね。
一方の水銀燈はローザミスティカをすべて手に入れるために、薔薇水晶との共闘カモンなようです。
勿論、最後は薔薇水晶も倒す気でしょうけど。
本人に言ったら絶対否定されそうですが、めぐの病気を治してあげるために必死だと思うと、好戦的な水銀燈を憎むことは出来ないなぁ~。
腹立つのはやっぱりいたずらにローゼンメイデン達をアリスゲームに参加させるよう誘導する薔薇水晶です。
それから、お父様!
もとはといえば、あなたがアリスゲームなんてものを作ったがために姉妹同士が戦うことになったわけですから、この胸の痛みの責任を取ってください!

蒼星石がお爺さん達の前からも消えて、完全に消息を経ったことによる翠星石の落ち込み方はすごいものでした。
分かっちゃいたけど、翠星石にとっての蒼星石ってなくてはならないかけがいのない存在ってゆーか、もう本当に特別で、誰よりも愛しく思ってた相手なわけなんですよね。
アリスになんてなれなくても、蒼星石と一緒にいられたらそれで幸せだったのに、蒼星石はお父様が悲しんでいるからと翠星石の制止もふりきって行っちゃって、めちゃくちゃ可哀想!!
流しそうめんをしてみたり一所懸命翠星石を励ます、ジュン・のり・真紅・雛苺・金糸雀もいいなぁ~。
なんだかんだですっかり桜田家になじんでいる金糸雀も、雛苺と一緒に翠星石のために泣いたりして、こまっしゃくれてるけど可愛いじゃないですか。
でも、翠星石が蒼星石を大切に思っているように、皆もまた翠星石のことを大切に思っていることに気付いて、翠星石がちょっと立ち直ったところでアリスゲーム開始!!
ジュンが眠っている間に、水銀燈VS蒼星石&翠星石。薔薇水晶VS真紅&雛苺となってしまいました!!

真紅&雛苺に関しては戦う気がないため防戦一方ですが、水銀燈と蒼星石は率先して戦ってますね。
水銀燈はめぐの病気を治すために、蒼星石はお父様のために!!
でも、突き放すような言葉を吐きつつも翠星石を庇ったり、翠星石の言葉や涙につらそうな表情を見せたり、蒼星石の翠星石への愛は決して変わってはいないですよね。
お父様より蒼星石を選んだ翠星石に「それでも(アリスゲームを)やる気なら、翠星石を切るですっ!」と言われて「邪魔をするなら、僕は君を断ち切る!」って鋏を振り上げたものの、悲鳴をあげる翠星石に笑みをもらし、その鋏を翠星石に振り下ろすことなく水銀燈と戦いに行ったところとか、めちゃくちゃ愛を感じました。

でも、その後まもなく蒼星石が…(泣)。
やっぱり水銀燈は強いです。
まともに戦えるのは真紅と薔薇水晶だけなのではないでしょうか?
戦い敗れて空から落ちてきた蒼星石と翠星石のシーンにはぼろ泣きです!!

「お父様が悲しむのはほっとけなくて、姉を泣かせるのは平気だっていうです?」
「翠星石、君はひとりで歩ける強さをもうちゃんと持ってる」
「一緒に帰るですよ、蒼星石!」
「一緒に?」
「一緒に!!」
「翠星石、僕のローザミスティカを……」
「蒼星石…」

蒼星石の身体が青白く光って、その胸からローザミスティカが(泣)!!

次回、雛苺までヤバげなんですが、どうなるんですか!?


ED 光の螺旋律 kukui



Rozen Maiden 1 PEACH-PIT



ローゼンメイデン・トロイメント 第1巻 (初回限定版)

Posted at 20:37:18 | ローゼンメイデン | コメント:0 | トラックバック:39

2005年12月16日

SHUFFLE!第22話

「新しい明日へ」

猫耳メイド服プリムラ激萌えっっ!!
尻尾まで動いて可愛過ぎですvv
ネリネ、プリムラの衣装作ってくれてありがとー。
ネリネのメイド服姿も可愛かったvv

いつの間にか、稟と亜沙先輩が付き合いだしてから一週間経ってたみたいですね。
稟と亜沙先輩のいちゃいちゃラブラブっぷりがこそばゆい。
でも萌え!
亜沙先輩のすべてが愛おしいです。

脱落組ですが、なんにでもチャレンジしたいお年頃のネリネは放送部に入ることにし、シアはお菓子作りの特訓をし稟を振り向かせようと頑張り(久々のキキョウモードに萌えた!)、楓は稟のために引越しの荷造りの手伝い+プリムラの料理指導。
仲良しな楓&プリムラを見ていると、それだけで癒されます。
ってか、プリムラ大好きvv
ちなみに亜沙先輩は稟の新居に一番乗り!!
流石、彼女ですね!!
キス→頬染め見つめ合いシーンは恥ずかしすぎて、わたわたしながら見てました。

引越し前夜の稟と楓のシーンも良かったです。
今までありがとう。幸せだったと互いに伝え合う稟&楓。
泣きながら笑みを浮かべる楓とか、その後、抱き合う二人とか、一人で食器の片づけをしていたプリムラが2階の二人のことを察したのか、笑みを浮かべるところとか、じ~んとした。

引越し当日。
今日もラブラブな稟×亜沙の前に助っ人登場。
せっかくの良い雰囲気を邪魔されたのはアレですが、メイド服ネリネと、なんといっても猫耳メイド服プリムラが、今回、最大の萌えでしょう!
恥ずかしそうに稟の前に出てきて「稟、似合う?(耳&尻尾フリフリ)」のプリムラの可愛さは最早犯罪!!
可愛いっ、可愛いよっっ!!
尻尾にリボン&鈴までついてて芸が細かいっっvv
お持ち帰りしたいっっ(超本気)!!

ま、そんなわけで稟の引越し作業は思ったより大分早く終わったようで、亜沙先輩と稟は二人で足りないものの買出し。
カレハ先輩の勤める喫茶店で待ち合わせしていたみたいだけど、カレハ先輩から稟のことが気になるって言われた時の亜沙先輩の取り乱しようがめちゃくちゃ可愛かった!!
女の子だなぁ~vv
そ・し・て。
「亜沙先輩禁止!」
ついに亜沙先輩から先輩呼び禁止令が出ました!!
照れた稟はとりあえず「亜沙さん」と呼ぶようにしたようだけど、ストレートに「亜沙」って呼べばいいのに、と、ちょっとやきもきしました。
まあ、それはこれからですね。
…と思ったところで、今回、2度目のキス?ってところで亜沙先輩が倒れたーっっ!!
やっぱり幸せラブラブハッピーなまま最終回を迎えさせてはくれないんですね(涙)。
でも、これも試練だ!!
最後はハッピーエンドだと信じてます。


SHUFFLE ! episode.4 (初回限定版)



SHUFFLE! キャラクターズ Vol.5 時雨亜沙



SHUFFLE! (時雨亜沙編) 小形 聖史

Posted at 19:33:23 | SHUFFLE! | コメント:0 | トラックバック:24

2005年12月16日

ガラスの仮面 第37話

「ふたりの王女 前編」

今回はまるまる「二人の王女」の劇をやってました。
狼少女ジェーンの話と並んで「二人の王女」はガラかめの劇中劇の中でも好きな劇なので、純粋に一人の観客として楽しめた感じ。
おまけに前後編ですから、次週も劇が続きますしね。
豪華だなぁ~。

マヤ、見事に慈愛の美少女王女役を演じてますね。
メイクのせいもありますが、何より表情が良い。
春の陽射しのような笑顔に真澄さんも惚れ直したか?
この調子でぜひとも真澄さんとの賭けに勝って、大量の花束をふんだくってください!

そして亜弓さん。
こっちも氷のように冷たい、冷酷で悲しい王女を演じてます。
これで中の人が『しんちゃん』なんだから、反則ですよね。
ぞうさんぞうさん歌っているイメージとはあまりにもかけ離れています。

月影先生の大后役も凄みのあるハマり役でしたが、月影先生の場合、普段からあんな感じなのがすごい。
地でやっているとしか思えませんでした。

来週は千秋楽を終えたマヤと亜弓さんの語り合いまでやるようですね。
光があってこそ、影が引き立つ。
まさにマヤと亜弓さんの関係です。
来週も楽しみvv

……ところで、原作では確か桜小路くんも舞台を見に来てくれてたような……。
桜小路くんの姿が見えなかったのが残念でした。


ガラスの仮面 第42巻 美内すずえ



OP zero 幾田 愛子

Posted at 17:49:32 | ガラスの仮面 | コメント:0 | トラックバック:1

2005年12月15日

IGPX 第11話

「そして・・・」

スレッジママとの対戦は、僅差でチームサトミの勝ち。
アンドレからの「レースは好きか?」ってアドバイスがタケシの心に届いたのが勝因のようです。
レースの途中で終わった場合、その後のレースが次回にはカットされる可能性の高いIGPXですが、ちゃんと最後までレースシーンを描いてくれて良かったです。
リバーは残念でしたけどね。

で、先日タケシ達を襲った暴漢ですが、今回もまたタケシ・リズ・エイミーの前に現われ襲い掛かってきたものの、タケシが囮になって二人を逃がすまでもなく、なんとチーム・スレッジママのメンバーが助けてくれました!!
てっきりタケシ達を襲ったのはチーム・スレッジママだと思ってたのですが、実はスレッジママのファンの暴走だったようですね。
意外に格好良いところがあります、スレッジママ。
にしても、スレッジママからもカニンガムと似た感じがすると言われるタケシ。
未だにどこが似てるのか分からないのですが、飄々としてるところが似てるんでしょうか?

暴力事件も無事解決して、タケシとリバーは二人で話してましたが、リバーは本気でIGPXで戦えたことに満足しているようですね。良かった。
でもって、チーム・サトミを抜けてはじめてタケシに親しみを感じたとのこと。
友情を育むのはいいことです。
リバー、ガンバレ!

で、レースがあけて、またもやデートのタケシ×ファンティーヌ。
相変わらず二人してゲームをしもって主にIGPXの話題の会話をしてましたが、タケシは無事、前回渡し損ねたプレゼントをファンティーヌに渡すことができました。

チームサトミのミーティングでは、前回のベルシュタイン戦の映像を見ながら、アンドレが攻略法を解説。
攻略法って言っても、ベルシュタインの攻撃を避けろって、きわめて簡潔でした(笑)。
今回もまた「できると思えばできる。できないと思えばできない」ってわけで、とにかくやれ!ってことですね。

で、ベルシュタインもミーティング。
監督もカニンガムも、いまいち分かりませんがタケシやチームサトミをかなり意識してるっぽいです。
「チームサトミは見えている部分がすべてじゃない。常に進化している。こっちも進化していかなきゃ、いつか追いつかれる」だそうですが、勝つつもりで勝負を挑んでくると分かっているチームサトミ相手に「どれだけ差があるか、はっきりと見せてあげないとね」なカニンガムが素敵!
次のレースも強さを見せつけてください!
ちなみに、エイミーが調べたところ、ベルシュタインの監督はロケットジョージのサポートメンバーだったようです。

あと、鏡の中の自分と会話するリズが可愛かった。
エイミーは勿論、タケシも裕福な家庭の息子っぽいですが、リズは何もないところから這い上がってきたようですね。
今回で、リズのことを今まで以上に応援してあげたくなりました。
チームサトミの三人は仲良しだし、皆で力を合わせて頑張ってほしいです。
でもって、エイミーの笑顔をもっともっと見せてください!
ポニテエイミー可愛いvv


IGPX 1



OP Go For It! GRAN RODEO


ED Believe yourself  exige

Posted at 21:43:27 | IGPX | コメント:2 | トラックバック:7

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。