スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2006年02月28日

再購入




4月から「獣王星」がアニメ化されるので、原作を読み返しておこう!と単行本を探していたのですが、どうやら去年の4月、家を新築した際に売っ払っていたようです(死)。
獣王星は大好きなマンガの一つなので、自分では残していたつもりだったのですが、一気に1000冊くらい処分したので(←それでもまだ、1000冊↑は残ってます。一番多い時期は3500冊くらいあったので、これでもかなり減らしました)、断腸の思いで切った作品の一つだったらしい……。

ちなみに、獣王星の作者、樹なつみ先生の作品では「花咲ける青少年」だけはしっかり残してます!
立人も大好きですが、カールが一番のお気に入りでした。だって、可愛いし。
初登場のときからお気に入りでしたが、エレベーターシーンで庇護欲に目覚め、そっから先はひたすら一途で純情で微黒なカールを応援したもんです(同士求む)。

で、獣王星は樹なつみ先生の作品の中で2番目に好きな作品なのですが、当時はザギ×トール、サード×トールに激しく萌えてました(ノーマルならトール×ティズ好き)。
アニメ化の話題が出るまでは時々かる~く思い出す程度だったのに、読み直したいと思ったらとまらなくなったので再購入を決意。
アニメ公式ページを見てきたところ、どうやら3月から全3巻で完全版が発売されるようですね。
雑誌掲載中のカラー全収録とか3年半ぶりの新作を含むとあっちゃ、買い直すなら完全版で決まりでしょう。
……ってことで、先日の記事にも書いていた乙女ゲー「そしてこの宇宙にきらめく君の詩」「鋼の錬金術師 13」と一緒に予約注文しました(PS2メモリカードは既に購入済)。

有名どころの作品で再購入した作品は「BASARA」の2回と「花より男子」の3回。しかも、どちらも既に再売却処分済み。
どちらも巻数が半端じゃないので、その度に「再び読み返したくなるような作品なら売るなよ、私!」と思ったりしたのですが、本棚にスペースが出来るし(←最重要)、買値に比べれば微々たるものですがお金も手に入るし(←ちょっと嬉しい)、本当に読み返さない確率の方が圧倒的に高いので、今では「どうしても読み直したくなったら、その時、買い直せばいいさ」と開き直っています。
でもきっと、一度売った本をもう一度買い直す人ってあんまりいないんだろうな。
スポンサーサイト

Posted at 20:50:58 | 雑記 | コメント:4 | トラックバック:0

2006年02月27日

Fate/stay night プレイ日記4



Fate/Stay night DVD版


凛ルート(TRUE ED)クリアしました!!
可愛いし男前だし、やっぱり凛は最高ですvv
特にキスシーンでの笑顔は犯罪的な可愛さで悶えた。
士郎にはもったいない!!
相手がアーチャーだったら最高だったのに!!
ランサーでもいいや。
ツンデレ万歳!!

あれだけ人気も実力もあるのに、セイバールートでは捨て石にされたアーチャーもめいっぱいでばってて、アーチャー好きとしても満足でした。
凛ルートは主人公(士郎)ルートとも言えましたが、本質的なところがなんか似てるなぁ~と思っていた士郎とアーチャーがまさか!な展開でびっくり。
勿論、士郎とアーチャーは別物!
アーチャーの方が断然格好良いし、捻くれたところも含めて大好きです。
紅茶を入れるのがプロ級なのもポイント高し。
アーチャーを見てると、男は背中だなぁ~としみじみ思います。
こんなに背中萌えしたのは初めてかも♪

で、凛ルートをプレイしながら、改めてランサー好きだなぁ~と思いました。
兄貴気質なところが素敵ですね。
セイバールートでは気付かなかった、桜に道を訊ねてた金髪坊ちゃんと我様アーチャー(ギルガメッシュ)が同一人物だってことも分かって満足。
我様アーチャーことギル様は髪をおろして私服姿でいる方が好きです。金ピカは金ピカで「どこのゴールド・セイントだおい!」って感じで面白いんですけど、ビジュアル的に髪おろしてるほうが童顔で可愛いし。

にしても、あれですね。
はた迷惑で極悪非道で自己中なのは同じなのに、ギルガメッシュは受けいれられて、慎二はとことんムカつくのはなんでなんだろう?
自分の力に絶大な自信があるから偉ぶってるのと、他人の力を自分の力と勘違いして偉ぶってるのの違いかな?
ここまでウザくて受けいれられないキャラって初めてかも。
しかも、あそこまで(私の精神的に)有害なのに、本人は雑魚だからってやけに無害扱いされて何度も命拾いして、さっさと脱落してその後一度も出てこなけりゃまだ可愛げがあるのに、プレイヤーへの嫌がらせか、何故か都合良く再チャンスをもらってラスト近くまででばって神経逆撫でしまくるところが最悪。
現在、桜ルートをプレイ中ですが、本気で早く消えてもらいたいです。
ただでさえ、蟲が気持ち悪いのに、慎二でまで気分悪い思いをしたくない。
慎二のウザさに比べたら、蟲喰い爺さんなんて可愛いもんですよ。非道なことをしても、妖怪ジジイのすることだと思えばそれほど嫌悪感は抱きません。邪魔ですけどね。


Fate/stay night 1 (初回限定版)



Fate / stay night OPテーマソング「disillusion」 タイナカサチ



Fate / stay night EDテーマソング「あなたがいた森」 樹海

Posted at 17:56:50 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0

2006年02月25日

BLOOD+ 第20話

「シュヴァリエ」

ソロモン、格好良い!!
アルジャーノ、おかえり!


今回のアルジャーノさんの飴はおそらくマスカット味。
元気な姿を拝めて嬉しいです。
黒髪眼鏡に飴をあげる振りをするという意地悪をしてるのに笑った。

動物園に向かった小夜ですが、ハジもしっかりついて行ってました。
大食漢の小夜が3日も絶食なんて信じられないんですけど、小夜の健康管理も気にするハジが可愛いvv
アンシェルから聞かされた言葉によって、小夜とハジの間に重たい空気が流れてしまってますが、忠犬ハジ公の愛が早く疑心暗鬼になりかけてる小夜に届くといいと思います。

カイ達は海上にある赤い盾本部に行ったものの、エリザベータさん殺害後、シュバリエがエリザベータさんに成り代わっていたことが既に赤い盾本部に知れていたようで、いきなり監視のために軟禁。
それはともかく、カイが生涯翼手と共に戦うと誓うことと引き換えに、翼手との戦い、そして小夜の記録でもある『ジョエルの日記』を読みました!
リクには隠すつもりのようですが、『ジョエルの日記』を読んだことでカイと小夜の関係にひびが入らないことを祈ります。

で、今回のメインイベント。
カールを除く、シュバリエ4人組集合。
アンシェル、ソロモン、ジェイムズ、ネイサン。
『ネイサン』って『姉さん』だとずっと思っていたので、フリフリカマ男がいきなり出てきてびっくりです!!
オペラハウスのプロデューサーらしいですが、お堅いジェイムズとは対極を行く男のようで、キモい言い回しがツボにきました。
ま、それはともかく、今回、衝撃の事実が!!

ハジはディーヴァの婿になるべき者で、小夜はシュバリエの花嫁!?

なんか一気にソロモン×小夜熱に火がつきました。
っつーか、ただ単にソロモンが好きなだけなのですが。
とはいえ、長男のアンシェルは、ハジはディーヴァのために捕獲するけど、小夜はディーヴァを殺そうとする者なので排除する気満々。
ジェイムズとネイサンはあっさりアンシェルに同意して、ソロモンも兄の意思に従う気のようでしたが、その後、一人で(?)小夜に会う気なことが判明し、またしても萌え!!
憂い顔が最高です!
でも、Sなところも大好きなので、シュバリエの血を求めて自分を襲ってきたシフ二人組を惨殺して返り討ちにする非情さにも萌え!!
赤く光る瞳にぞくぞくしました。
……にしても、シフによって切断されたはずの腕が普通にくっついてるんですが、シュバリエってそういうこともできるんですか!?
ってことは、右腕を斬られたカールもきっと大丈夫ですね?


BLOOD+(3)



BLOOD+(1) 桂 明日香

Posted at 19:24:37 | BLOOD+ | コメント:10 | トラックバック:65

2006年02月24日

SoltyRei ソルティレイ 第17話

「LADY」

ソルティ&ロイ復活!!
ローズも元気に復活!!
プロシード……(涙)


ロイがソルティの元に辿り着く前に、ソルティはロイの部屋に戻って行き違い。
戻ってきたソルティを温かく出迎えるカーシャ・ユート・ミランダが良い。
ユートは思いっきり変態でしたが、いつも以上にソルティにかまうカーシャがすごく可愛かったです。
そして、今日もミランダさんが素敵でしたvv

ソルティと行き違いになったロイは、そこで、ソルティと一緒にいたおじいさんから、ソルティとの関係を聞かれたり、ソルティと一緒にいると危険を伴うことなどを言われたりしてましたが、すっかり復活したようで、ソルティは自分にとってなくてなならない存在だと言い切ってくれましたvv
それでこそ、ロイです。
脱・廃人おめでとう!
本当にお帰りなさい。

そして、ローズ。
ちょっとブラック化が進んだけど、奔放さもそのままのローズで安心しました。
いかにもな隊長面はせず、相変わらず気さくで、アバウトで……。
でも、完全実力主義って仮面の隊長さんと同じですね。
前からこんなんだったかな?
ローズを上司に迎えることで、今回、本当にプロシードが可哀想でした。
アクセラはプロジェクトからはずされるし、セリカは脱退させられるし、シルビアに至っては、ずっと憧れていた仮面の隊長に裏切られ、酷い目に……。
死んでないといいけど……。

仮面の隊長は完全にローズがいればそれでいいって考えになってしまってますね。
それはつまり、プロシード全員よりローズ一人の方が優れているってことなんでしょうけど、ローズっていったい何者!?


SoltyRei Vol.5 通常版



OP clover  meg roc



ED Float~空の彼方で~ 近江知永

Posted at 23:39:27 | ソルティレイ | コメント:0 | トラックバック:17

2006年02月24日

BLACK CAT 第18話

「疾走の猫」

ピアニスト・クリード万歳!!
……明らかにピアノ以外の楽器の音色が混じりまくってることはつっこまないでおきます。

星の使徒の根城のある島に辿り着いた掃除屋同盟&クロノ・ナンバーズ。
エキドナさんの攻撃によって、島に辿り着いた時には何組もに分かれてしまっていましたが、それぞれ自分に出来ることをしていました。
存在そのものが変だったり、変な武器を使ったり、激しいバトルのはずが、何故かお笑い番組を見ているような気分にさせられましたが、イヴVSリオンだけは萌えシーン満載で面白かったですvv

今日の一押しは人魚イヴ!!
天使なイヴも可愛かったのですが、やっぱり今回はサービス満点の人魚イヴでしょう。
見惚れたがためにパンチを食らうリオンが憐れ。
唯一自分を認めてくれた大人、クリードを信じていたリオンですが、結局、イヴに負けて、本当の仲間について説かれて、信じるものがぐらついた模様。
アニメオリジナル設定で、リオンとイヴに共通の友達という接点を作っておいたのはナイスでしたね。
イヴの成長が本当に嬉しい。

トレインは今日もハーディスという鈍器で地味~に活躍してました。
ってか、銃なのに、銃以外の用途で使うことのほうが圧倒的に多いハーディスっていったい(汗)。

で、クリード。
エキドナさんの言葉も、仲間のことも、この変態には届きません。
最初から最後まで、イっちゃってる感じでピアノを弾き続けてました。
トレインが自分に向かってやってきてくれてることが、たまらない快感のようです。
次回予告での叫びは最高!!
大好きだvv


ドラマCDシリーズ「BLACK CAT 3」



BLACK CAT Vol.3

Posted at 22:13:44 | BLACK CAT | コメント:2 | トラックバック:10

2006年02月24日

かりん 第14話

「ふたりで朝まで 恥ずかしい」

果林、鈍過ぎ!!
ヤキモチ杏樹、めっちゃ可愛いvv


今回は夏休み最終日、一緒に宿題を終わらせるために麻希が果林の家にお泊りする話でした。
果林と麻希に関しては、麻希が自分をMさん、果林をKさん、ウィナーをW君と見立てて、自分の気持ちを伝えたところ、果林が本当に良い子だってことが改めて分かって、より友情の深まったところが良かった。
でも、Mさんが麻希だってことまではなんとか分かったものの、最後の最後までKさんとW君が誰なのか思いあたらない果林っていったい……。
鈍いにも程があります。
でも、これからは麻希も積極的にウィナーにアタックするつもりのようだし、本当のことが分かるのも時間の問題かな?

そして、杏樹。
最初こそ、大好きな果林に恥をかかせないために、カレラと共に麻希を出迎えたりしてましたが(←思いっきりはずしてます)、その後、仲睦まじい二人の様子を蝙蝠を使って知るに従って怒り爆発!!
包丁を肉に叩きつけたりとか、まずいと分かっている料理を麻希にだけ食べさせようとしたりとか、お風呂でいちゃくつ果林と麻希の間に自分も入ったりとか、果ては、果林と麻希の真ん中を陣取って果林にくっつくように眠ったりとか、お姉ちゃん大好きっ子なのをこれでもかってくらいアピールしてくれて、可愛かったですvv
やっぱり杏樹、大好きだ!


OP scarlet BRACE;d



ED もうひとつのバースディ Fm.θ



かりん(7) 影崎 由那



かりん 増血記〈6〉 甲斐 透

Posted at 20:14:35 | かりん | コメント:0 | トラックバック:13

2006年02月24日

舞-乙HiME 第20話

「ニーナと呼ばないで」

シズル、トモエに喰われた!?

ニナがいつまでたっても自分を子供みたいに扱うセルゲイに「ニーナと呼ばないでください」と言ってる間に、今回もいろいろありました。

まず、前回、猥褻罪で捕まったナツキ。
ナオ共々、エアリーズ共和国のユキノ&ハルカに助けられて釈放されてましたが、ハルカに思いっきり笑われてました。
アルタイによってガルデローベが支配されてる件は、エアリーズ共和国側は今すぐ協力は出来ないようですね。
政治って難しい。
それにしてもあの写真、いつの間に撮られてたんだ!?

アリカ&マシロは、最初こそ、どっちの方がより馬鹿なのか言い合ってましたが、化け物の腹の中で絶体絶命のピンチに陥った時、嫌悪していたオトメの力で二人そろって無事脱出。
カルデアから攻撃を受けたアスワドの民を救うために、アリカはオトメの力で、マシロも生まれて初めて本気で働いた模様。
オトメが何なのか悩んでいたアリカですが、「オトメは力でしかない」というミドリの言葉で何か掴んだのではないでしょうか。
マシロはマシロで、民を統率し、民から慕われるミドリに、自分もこうなりたいって気持ちが芽生えたんじゃないかな?

で、今回のメイン!!
トモエ×シズル(シズル×トモエ)!!
自らオトメになることを志願し、その報酬としてシズルを解放することに成功したトモエは、今度はナツキを餌にシズルを手篭めに!!
ってか、全然初めてっぽい雰囲気じゃないんですけど、この二人、前からそういう関係なんですか!?
ナツキは知ってるんですか!?
マシロ×アリカはじゃれてるだけでしたが、トモエ×シズルは思いっきりアダルティーでドキドキしました。

ラスト。
例の遺跡でミコト(人型)の影が!!
っつーか、ミコトを引っ張り出せるってことは、ニナって王室関係者?


舞-乙HiME 2



OP Crystal Energy 栗林みな実

Posted at 19:25:37 | 舞-乙HiME | コメント:0 | トラックバック:43

2006年02月24日

IGPX 第18話

「パズル・リングス」

アンドレ(ロケットジョージ)最高!!

チーム・ヴェルシュタインVSチーム・サトミは完全にアンドレで持っていたといいほど、アンドレが輝いていました!!
カニンガムはタケシのへたれっぷりに怒り爆発で、「失望した!」発言。
いや、タケシは本当に良いとこなしでした。
リズはヴェルシュタイン相手に、「成長した」と思われてるし、マサさんも大破したタケシのマシンを制限時間内に修理して見せ場を作ったのに、タケシは「こんなはずじゃ……」とか「なんで……」とかだけです。

そして、今回のヒーロー・アンドレ。
トリックを使って、相手に自分の動きを実際より速く見せ、相手のマシンを大破させたり、自分が犠牲になってカニンガム以外のマシン2体をクラッシュさせつつ、自分だけは生還して、現時点での実力は確実に劣っているチーム・サトミをチーム・ヴェルシュタインと同点にさせたり、素晴らしすぎます。
流石、ロケットジョージ!!
中年デブになっても、甘やかされてきたタケシとは格が違うよ!

カニンガムだけでなく、リバーやマサさんにも失望され、ファンティーヌや眼鏡っ子のブラコンの妹にまで見捨てられ、ゲームでもホワイトスノーの女の子に負け、得意の剣道でまでアンドレに負けた超絶スランプのタケシ。
いい加減、そろそろ復活してもらわないと気分が悪いのですが、まだ、引き伸ばすのかな。
次のレースはファンティーヌのところとだから、そこでもヘタレっぷりを見せ付けて、ついにファンティーヌとの破局を迎えるとか?

それにしても、今回、ホワイトスノーが特別、チーム・サトミを目の敵にしていることが分かったのですが、全然、理由が分かりません。
IGP-1初出場初優勝を自分達のチームより先に達成したのが気に食わないとか?
確か、サイバーフォーミュラのアンリ→ハヤトがその手の逆恨みをしていましたよね(←年齢、バレますね)。
他のチームに対しては、それほど酷いことをしているように見えないホワイトスノーの真意を早く知りたいです。


IGPX



IGPX 1



OP Go For It! GRAN RODEO



ED Believe yourself  exige

Posted at 17:46:26 | IGPX | コメント:0 | トラックバック:6

2006年02月24日

灼眼のシャナ 第20話

「非情のヴィルヘルミナ」

ヴィルヘルミナ、格好良いでありますvv

祭りの夜、一美ちゃんの優しい言葉に癒された悠二。
一美ちゃんの記憶を頼りに元に戻った街を、改めて好きだと思い出すわけですが、早速、犬の散歩途中の一美ちゃんとばったり出くわし、お散歩デート。
悠二と一美ちゃんがすっかりカップルな雰囲気……とまではいきませんが、すごく良い感じなので、一美ちゃん好きとしては嬉しいです。
今まではシャナが圧倒的に優勢に思えましたが、今なら一美ちゃんの方が優勢っぽい。

で、マー姐と啓作&栄太。
ついに啓作と栄太がマー姐に置いてけぼりをくらってしまいました。
毎日、剣を持ち上げる訓練をして、頑張ってたのになぁ~。
でも、マー姐にはマー姐の考えがあるから仕方ない。
啓作達を危険に巻き込みたくないってのもあるだろうしね。
啓作の泣き顔、めっちゃ可愛いvv

ヴィルへルミナですが、零時迷子を徒に渡さないためにやってきたようですね。
シャナはともかく、アラストールまでヴィルヘルミナに頭が上がらないっぽいところに笑った。
そんな男前な美人メイドさんヴィルヘルミナ相手に、いつもの天然な応対で一歩も引けを取らない千草ママがすごい!!
千草ママを敵対視するヴィルヘルミナに萌えました。
そして、悠二。
ヴィルヘルミナにとって目に入れても痛くないくらい可愛いシャナをヘタレにした罪で、思いっきり嫌われましたね。
ただでさえ零時迷子のミステスってことで扱いに困る存在だったものだから、「奪われる前に破壊!」という名目でヴィルヘルミナから報復を受けるようです。
まあ、一度は「フレイムヘイズ」という立場からヴィルヘルミナの行動を受け入れたシャナですが、悠二を失うことに耐えられるわけないので、きっと来週は手遅れになる前に助けにくるんでしょうけど。
でも、今回のことで、ますます悠二とシャナの心がすれ違うのは間違いないですね。


灼眼のシャナ 特典イラスト集"焔″付き



灼眼のシャナ 1



OP 緋色(ひしょく)の空(初回限定盤)  川田まみ(I've)



ED 紅の静寂 石田燿子

Posted at 17:37:15 | 灼眼のシャナ | コメント:2 | トラックバック:43

2006年02月24日

ガラスの仮面 第46話

「梅の谷へ」

今回は紅天女の故郷・梅の谷で「風・火・水・土」の課題をこなすことになったマヤと亜弓さんの競い合いがメインでしたが、私的メインは駅のホームで待ち伏せしていた真澄さん相手に「紫のバラの人」を強調して想いを伝えるマヤと、ラストのふさぎこむ紫織さんの元へ行った真澄さんでした。

とりあえず、紅天女関連ですが、「梅の木になりなさい」から始まって、自然に関する問答まがいのテスト、風の演技、火の演技といった試練がマヤと亜弓さんの二人に待っていました。
火の演技はまだ課題に取組んでいる途中ですが、見せる演技という点において、やっぱり亜弓さんが優勢。
でも、見栄えのする梅の木を演じた亜弓さんに対して、時間が経過すればするほど本物らしくなったり、一切の無駄を排して風を表現した亜弓さんに対して、風そのものになりきったり、亜弓さんとは違った意味でマヤもすごい。
なにより、紅天女を目の前にして緊張している亜弓さんにとって、紅天女になれることを夢見るように喜んでいるマヤは脅威でしょう。
火の演技も楽しみです。

で、速見×マヤですが、真澄さんを見つめるマヤの目の潤み方がまるごと恋する乙女で「よしっ!」と思ったのも束の間、ラスト、自ら墓穴を掘ってる真澄さんにがっくり。
せっかく紫織さんが落ち込んで、自ら身を引いてくれそうになってるのに、わざわざ自分で選んだ花束を持って見舞いにいって気を持たせるなんて、真澄さんの馬鹿×2!!
断り以外の見合いの返事なんて聞きたくないです!!

次回は速見×マヤ祭りですね。
梅の谷で身を寄せ合って夜を明かす二人に、今から興奮を隠せません。


ガラスの仮面 第42巻 美内すずえ



OP zero 幾田 愛子

Posted at 17:34:25 | ガラスの仮面 | コメント:2 | トラックバック:2

2006年02月23日

ノエイン もうひとりの君へ 第19話

「オモイデ」

キチガイ・アトリ、復活の予感!?

今回は珍しくカラス×ハルカが少なく、ユウ×ハルカが多かったので、ユウ×ハルカ好きとして嬉しかったことと、記憶喪失になって可愛く変身したアトリの様子の変化にハラハラさせられたこと、それが個人的にメインでした。
郡山さんの過去も明らかになり、初めて郡山さんのことを格好良いと思ったのも大きいかな?

さて、前回、ハルカが見たくて仕方なかった8mmビデオの中身ですが、2年前に亡くなったおばあちゃんと幼い頃のハルカが映ったものでした。
そのビデオを見て、東京に住んでいた頃、仲良かった友達のことを思い出したハルカ。
偶然、その子が母親と一緒に函館に来ていて、街で見かけたのですが、その子はハルカのことを覚えてなくてショック。
でも、ハルカ自身もビデオを見るまでおばあちゃんのことを忘れていて、これからもどんどん大好きだったおばあちゃんの記憶を失っていくのかなと悲しい気持ちになっていたところを、「僕はハルカと初めて会った時のことを覚えてる!!」と、すっかりカメラ少年と化したユウが嬉しいことを言ってくれましたvv
ハルカも引っ越してきたばかりで不安だったときに優しくしてくれたユウのことはしっかり覚えていて、アイ達が待っている家に二人して手を繋いで帰るユウ×ハルカに萌え!!
初々しくて可愛いですvv

今回、ラクリマでクイナの逆襲があり、ラクリマ時空界を危険にさらしてでも龍のトルクであるハルカをラクリマに連れてこようと、逆算固定が実行されましたが、トビに止められても消えようとしているハルカに抱きつき、一緒にラクリマに飛ばされたユウ萌え。
今回は、カラスの方が一歩遅くて、ハルカを助けてあげられませんでした。
ハルカと一緒に飛ばされたユウが、カラスのいない間にどれだけハルカの心をがしっと掴めるかが、ユウ×ハルカ好きとしては気になるところです。

で、アトリ。
思いっきりアトリのことを怪しんでいるコサギの攻撃を一度とはいえかわしたり、トビ達に見えないところで凶悪な顔をしてみたり、ハルカとユウが攫われた時にはとうとう狂ったように笑い出したり、これはもう、可愛いアトリとはおさらばと覚悟を決めなくてはいけないのでしょうか?
イっちゃってるアトリも面白くて好きでしたが、ラブリーアトリにすっかりメロメロになっていたので、元に戻ってしまうのは切ないです。せ、せめてミホには変わらず懐いていてもらいたい!

そして郡山さん。
昔は警察官だったみたいですね。
犯人を尾行している途中で、自分自身は腹を刺され、同僚は殺されたわけですが、犯人側の方が力関係が上で、事実をもみ消されたという重たい過去を持っていたようです。
絶臨から見捨てられ落ち込んでいる内田さんに、自分はもう諦めないと、後ろ盾を失っても自分の信じた道を貫こうとはっぱをかけるところが格好良かった。
でもって、篠原。
相変わらず金と権力にモノを言わせて好き勝手し放題で、ムカつきます。
ハルカパパって、あれからどうしたんだろう?


OP OP Idea eufonius



ED 夜明けの足音 solua



TVアニメ「ノエイン」オリジナルサウンドトラック Vol.1



ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻

Posted at 17:45:31 | ノエイン もうひとりの君へ | コメント:2 | トラックバック:30

2006年02月23日

地獄少女 第20話

「地獄少女 対 地獄少年」

ゴスロリあいちゃん萌え!!
地獄少年、ありがとう!!


今回はギャグ回?
地獄少女VS地獄少年というからには、地獄少年もそこそこやるかと思ったら、ダメダメでした。
戦いの最中、あいちゃんに他のことを考えられてるくらいなめられてて、流石に不憫に思えるくらいの弱々ぶり。
そもそも、いかにもインチキくさい超能力タレント・エスパー☆ワタナベを、生中継の番組収録中に倒すというくだらないことをノリノリでやるところからして、「こいつ、駄目だ」とは思っていましたが、ネットで自分より話題のあいちゃんと対決するために、エスパー☆ワタナベの自分への憎しみを利用っていうのもまた馬鹿げてます。
そんなに目立ちたいか、地獄少年ジル!!

でも、あいちゃんにゴスロリコスさせてくれたのはでかした!!
実際に地獄から蘇った体験があるらしいジルは、エスパー☆ワタナベと違って本当に超能力を持っていたようですが、瞬時に衣装替えをさせる能力まであるのは素敵ですね。
あのゴスロリ衣装は、あらかじめジルが購入していたものなのかな?
ゴスロリがジルの趣味なのは間違いないと思います。

エスパー☆ワタナベは地獄少年ジル以上のお馬鹿でしたが、ほとんどその場のノリで糸を引いちゃって本当に良かったのでしょうか?
地獄通信へのアクセスに関してもスタッフのお膳立てに促されて、意味も分からずアクセスしたって感じですし、確かにインチキ超能力タレントではありましたが、変なことに巻き込まれて本当に災難でしたね。
でも、頭が足りなさそうだから、事の重大さを理解出来ず、生前は大して苦しまないかも。

でもって、あいちゃんと地獄組。
地獄組がついに、あいちゃんに柴田親子のことを尋ねましたが、あいちゃん曰く、未に覚えがないらしい。
それが本当だとしたら、完全にあいちゃんとつぐみのアクセスはあい→つぐみの一方通行なんですね。
地獄組がやけにあいちゃんのおばあちゃんを警戒しているっぽいんですが、やっぱおばあちゃんってあいちゃんの監視役?
今回は作画にやや難がありましたが、ゴスロリあいちゃんだけでなく、笛吹きあいちゃんも拝めて萌えは充実してました。

地獄に流されたジルがもう一度地獄から戻ってこられるかどうかはどうでもいいのですが、もし戻ってこられるとしたら、もっとあいちゃんを手こずらせるくらいに強くなって帰ってきてもらいたいもんです。
今のまま戻ってこられてもショボ過ぎます。


地獄少女 2

Posted at 17:41:03 | 地獄少女 | コメント:4 | トラックバック:20

2006年02月22日

ガンパレード・オーケストラ 第19話

「恋する惑星」

青の章ってラブコメのまま平和に終わるのかな?

そう思えるくらい、今回も戦闘とは無縁の平和な話でした。
でも、ただでさえキャラが多い上、話数も少ないのに半端な戦闘をされるよりは、愉快な日常をきっちり描いてくれた方が面白い。

それにしても、青の章は揃いも揃ってキャラが濃いいですね。

やっと糸目石塚の家に辿り着けた熱血永野。
電波な不思議少女みずほに恋するルパンな佐久間と、幼い頃、佐久間からプロポーズされたことをずっと覚えて、信じていた健気な幼馴染アズサの三角関係。
アズサを応援するフリフリ里美とモンチッチ友美。
ラブポエマー由加里のラブポエム祭り。
佐久間の恋を応援してるようで、ただ単に面白がっているようにしか思えない人間キラー田島・坊主武田・チビ松尾。
松尾→田島のホモフラグ。
校医綾子にストーカーする熱血お馬鹿体育会系教師大迫。

電波なみずほより、健気なアズサが可愛いと思った私は、なんだかんだでみずほに振られた(?)佐久間がアズサの気持ちに気付いて良い雰囲気になってほっとしました。
あと、フリフリ里美とタメを貼るくらい、眼鏡由加里のラブポエマーっぷりに惚れました。


OP Faze to love 橋本みゆき



ED ふたりが忘れない 美郷あき



ガンパレード・オーケストラ白の章 青森ペンギン伝説 (限定版)特典 第108警護師団 部隊章 刺繍ワッペン付き


ガンパレード・オーケストラ 緑の章 ~狼と彼の少年~ (限定版) 特典 部隊章 刺繍ワッペン付き

Posted at 21:19:07 | ガンパレード・オーケストラ | コメント:4 | トラックバック:15

2006年02月22日

クラスターエッジ 第20話

「さまよえる人造兵」

フォン、黙ってちゃ駄目じゃん!!

今回はクロムに探してもらえないクロム団によるクロム団のためのお話でした。

クロムもクロム団のことは気になっているようなのですが(←ベリル様にそれとな~く相談してみるクロム萌え!)、どこにいるかも分からないし、どうやって探せばいいのかも分からないので保留中。
クロム団のほうは、当てがないながらもいろんなところを旅してクロムのことを探してくれてるのになぁ~。
クロム→クロム団より、クロム団→クロムの方が愛があるようですね。

さて、そのクロム団ですが、今回コミュニケーションを取ったのは、昔、人造兵に命を救われた老人と、後輩に優しくないロードの仕掛けた罠によって事故に巻き込まれたフォン。
まず、老人の方ですが、最初、小屋に身を潜めていたクロム団達を匿い、食事までさせてくれたことは感謝×2なのですが、クロム団を助ける!と豪語していたわりに、村人に家族のことを出されるとあっさりクロム団を裏切るヘタレでした。
口先だけの老人にぶーたれる2号&3号に対して、「人間にとって家族とはそれほど大事なものなんだろう」と考え、老人を責めない1号がとっても大人で惚れました。
カールス命で現在ベリル様に飼いならされ中のクロムより隊長らしいと思います。

でもって、事故って川に落ちたところをクロム団に助けられたフォン。
ヌードうんぬんはともかく、クロム団に自分がクロムと友達であることを伝えるという重要な役目を果たしてくれました。
今までなんの手がかりもなかったクロム団に、クロムがクラスターEAにいることを知らせた役割は大きいです。
思慮深い1号によって、クロムの考えが分かるまではと、自分達がクロムの知り合いであることを伝えませんでしたが、フォンもなんとなくクロム団がクロムの知り合いだと察した模様。
が!
駄目じゃん、フォン。
いくら、そのことを伝えたらクロムが自分達の元から去っていくかもしれず、そうなると寂しいからって、そういう大事なことはちゃんと伝えてあげないと!!
純粋で良い子ちゃんばっかのクロム団が大好きな私としては、一刻も早くクロムとクロム団を引き合わせてあげたいです。

それにしてもクロム団。
人間は飲み物飲む時、小指を立てるもんだって、いったい誰に教わったんだ!?
カールスが小指立ててたのかな?


クラスターエッジ(2)


OP FLY HIGH  surface

ED 君という名の光 Cluster’S

クラスターエッジ キャラクターコレクション

Posted at 20:17:15 | クラスターエッジ | コメント:0 | トラックバック:20

2006年02月22日

欲しいものリスト。

3月末が有効期限のamazonギフト券が500円分あるので、買いたいものをいくつかリストアップしてみました。
「本+CD Amazonギフト券還元プログラム」キャンペーンのおかげで、毎月500円のギフト券が手に入るのが嬉しい。
↑「資格取得大好き! ベストセラー本にはちょっとでも興味があればとりあえず手を出しておこう!」な弟が私名義でばんばん本を買ってくれるので、ぶっちゃけ、私自身は1円も使わない月でもギフト券が手に入ります。
アフィリエイトの紹介料も入るので、持つべきものは通販に協力してくれる兄弟ですね。
妹もショップ特典とか発売日当日入手に拘らない商品なら協力してくれるし。


そしてこの宇宙にきらめく君の詩


最近、乙女ゲーにハマっているのですが、可愛くて大好きなあづみ冬留さんの絵と豪華声優人に惹かれて買う気満々!
ただ、メーカー特典とは別にショップ特典(ミニドラマCD)があるようなので、アニメイトで予約特典をゲットするか、amazonの割引きを取るかで迷い中。
金欠ですしね。
公式ページで情報を見る限りでは鈴村健一さんのアッシュと保志総一郎さんのペルモと鈴木千尋さんのミケールが私の萌え対象TOP3です。
ちなみに、主人公のルミナも萌え対象。可愛い女の子は大好きですvv


Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM) [アダルト]


現在、「Fate/Stay night」を初プレイ中。
セイバールートを終え、凛ルートをプレイ中なのですが、主人公の短慮さによってお気に入りキャラまで被害が出ることを除けば文句なしに面白いので、ファンゲームでありながら評価の高いホロウにはすごく興味があります。
まずは「Fate/stay night」をタイガースタンプ含めて完全攻略して、それが終わったら本格的に購入を検討、かな。
Fateはアニメ(凛ルート)より断然ゲームの方が面白いですね。
特に、頻繁に夢に出てくるサーヴァントの過去話には泣かされる。
まだ途中までしかプレイしていない私が言うのもなんですが、アニメ見て面白い!と思った方にはぜひゲームもプレイしてもらいたいです。
来月、DVD版が発売されるので、CD-ROM版が手に入らなければそっちって手もあるし。


鋼の錬金術師(13) 初回限定特装版 荒川 弘


12巻は4コママンガ目当てで初回限定版を迷わず購入しましたが、今回はコスト削減で通常版にしようか迷い中。
どっちにしても購入は決定済。
映画効果でハイエド本を読むことが増えてましたが、アルエドもエンエドもロイエドも大好きですvv
アニメ版のエドはお色気担当ですが、原作のエドは男前で素敵ですね!


遥かなる時空の中で 11 水野 十子


とっくに発売されていたのに気付いていませんでした(爆)。
古本屋巡りをして中古で買うか、通販で定価で買うか迷い中。
最終的に手に入れることは決定済みなので、あとは新品にこだわるべきか否かですね。

DEATH BOX 小畑 健
ファン垂涎の7大アイテムSPECIAL BOX!!
・月・L・ミサ ジオラマフィギュア
・死神スカルオブジェ
・死神眼球ペンダント
・カラー原画レプリカ(6点)
・モノクロ原画レプリカ(6点)
・別バージョンケース入り小畑健画集『blanc et noir』
・オリジナルデザインステッカー

予約限定なのですが、さて、どうするべきか。
小畑神の原画は本気の本気で涎モノなのですが、何しろ高い! 高過ぎる!
本物のファンか否か、試されてる気がします。
正直、フィギュアは置き場所に困るからいらないので、フィギュアをつけずにもちっと安い値段に設定して欲しかったです。
5月のS.C.C.でDEATH BOXの金額以上のデスノ本購入は決定済みなので、ここは我慢、かな(←年3回(夏コミ・冬コミ・S.C.C.)とはいえ、イベントに幾たび、本に5万前後つぎ込む馬鹿は私です)。
とりあえず、もう少しだけ悩んでみます。


PlayStation2専用 MEMORY CARD アイリスブルー


先日購入したマイネ2は妹のメモリカードを使わせてもらいましたが、その時、既に容量いっぱい!
なんとか頼み込んでデータの一部を消してもらい、マイネ2はプレイ出来ましたが、これ以上、私のためにデータを消してもらうことは無理。
今後、「萌え日記」の神楽眠さんから「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」「ラスト・エスコート ~深夜の黒蝶物語~」「金色のコルダ」を貸してもらえる予定なので、自分用に購入せざるを得ないようです。
しかも、ハードゲーマーな妹は私がメモリカードを購入したら、私以上にそのメモリカードを使う気満々! 私が1に対して10以上使うつもりのようですが、勿論、一部代金を支払ってくれる気持ちは皆無。
確かに本体貸してもらってるけど……私が購入し、2~3回しか使ってないタブレット(1万5千円)を3年以上経った今でも何度請求しても返してくれずに私物化してたり、やっぱり私が購入したサブ用のノート型PC(20万↑)を購入1ヵ月後に性能の低いPCに困っていたのを不憫に思って貸してあげたところ、1年半くらい経って自分自身で新PCを買うまで「貸した方が悪い! 一度、良いのを使ったら、性能低い自分のPCに戻れるわけないじゃん!!」と一日たりとも返してくれない上、1円だってその見返りをくれない妹に比べたら、妹のOKが出ている時間だけ借りてる私なんて全然可愛いものじゃないかと。
恐い子!

明日は「幻想水滸伝V」の発売日ですね。
1・2は大好きだったのですが(←特に2が好きで、未だに気が向いたらプレイしてますvv 外伝1・2もしましたが、こっちは金欠の時に売っぱらってしまいました)、人気のない3・4は未プレイ。
今回のVは面白いのか否か、まずは評価待ちですね。お気に入りのルックが登場し、思う存分連れまわすことが出来るならプレイしてみたいのですが……。

他に気になるのは「遙かなる時空の中で3 運命の迷宮 プレミアムBOX(限定版)」
今回は遥か初の現代モノらしいですね。
妹が遥か3の虜なので、待ってたら妹が購入するかゲーム好き仲間の職場の人から借りるかして我が家にやってくるのは間違いなさそうです。

Posted at 18:13:11 | 雑記 | コメント:8 | トラックバック:0

2006年02月22日

ガラスの仮面 第45話

「都会の星」

一週間遅れになってしまいましたが、ようやく見られたので感想いきます。

作画に難があったのが残念ですが、今回は真澄さんの過去話でした。
2歳のとき、父親を亡くし、生きていくために母親が速水英介の家に住込み家政婦として働くことになり、一緒についてきた真澄さん。
独身だった英介は親戚達から自分達の子供を養子として引き取れとうるさく言われていたようです。
断る理由として半端じゃなく広い池を、鯉を傷付けずに泥さらいしきれれば考えてやると条件を出し、幼い子供達3人が早々に根をあげて泣き出したところ、たまたま植木屋の側にいた真澄さんに目がいった英介が、気まぐれで同じ命令をしてみたのが運の尽き。
自分の手を煩わせず、肥料として池の泥が欲しいと言っていた植木屋に泥さらいをさせ望みを叶えた真澄さんに目を付けた英介は真澄さんのことを調べ、自分の跡を継がせるに足る人物と見込み、真澄さんを手に入れるために真澄さんの母と結婚。

その後、妬みの恐ろしさとか、人間の表の顔・裏の顔を身を持って勉強させられた真澄さんでしたが、ある日、誘拐され、電話で助けを呼んだときに見捨てられたのが決定的!
その時は死にかけになりながらも、運もあって自分自身の力で生き延びることに成功しましたが、英介への憎しみは最早、消すことのできないものとなり、その上、中学生時代に火事があった時に、紅天女の打掛を守るために母が死んだのに、母より紅天女を大事に思っている英介に怒りが頂点に達した真澄さんは、英介からすべてを奪ってやろうと決意。
勿論、英介はオタクの域を遥かに超える凄まじさの紅天女狂で、紅天女コレクターなので、紅天女を自分のものにするのが一番の夢です。
何十年もストーカー行為を続け、紅天女グッズを集めるだけでなく、紅天女を上演するために会社まで興すなんてとっくの昔にファンを通り越してますよ。

そんなわけで冷血仕事虫と化した真澄さんですが、血も繋がっていないのに英介と似たもの親子だったようで、マヤと知り合うや否や、英介並みのマヤの追っかけとなりましたとさ♪って話でした。
恋い慕う対象から嫌われるところまで一緒ってところが、なんとも切ないですが。

過去話以外では、真澄さんの留守中に真澄さんの家にやってきた紫織さんが、幼い頃の真澄さんの写真を見て、あるときを境に一度も笑顔を見せない真澄さんに強い違和感を覚えたこと。
英介から早く婚約しろと急かされながらも、紅天女を上演するまではそんな気分になれないと、正式な婚約から逃げてる真澄さん。
真澄さんが紫のバラの人であることの決定的証拠を掴み、自分が最も慕っていた人と、自分が最も憎んでいた人が同じだったことにショックを受けるマヤってのがありました。

とはいえ、「こんなのってひどい!」とか言っているマヤですが、一度、真澄さんのことを紫のバラの人として意識すると、やめられないとまらない。
紫のバラの人への思慕>>真澄さんへの憎しみのマヤなので、今後の本格的な恋愛ドラマが楽しみですvv
まずは、紫のバラの人=真澄さんと気付いたからこそ思い当たる、今までの真澄さんの態度の裏に隠されたものに早く気付いてもらいたいですね。


ガラスの仮面 第42巻 美内すずえ



OP zero 幾田 愛子

Posted at 17:49:41 | ガラスの仮面 | コメント:0 | トラックバック:1

2006年02月20日

マイネリーベII ~誇りと正義と愛~ プレイ日記3

本日、amazonから攻略本が届いたので一気にプレイしました!
週末、クリアまでの総プレイ時間の長いFate一本に絞っていたためか、マイネのお気軽さが爽快でした。

とりあえず、一人でクリア出来なかったオルフェとエドの真EDとキリルEDを無事クリアして、EDリスト完全攻略。
ギャラリーもNO.16のエドのイラスト以外はコンプ。
没落イベントもヴィルヘルミーネとオーガスタは見ることが出来ました。
オーガスタパパも逮捕シーンは、かなり笑えた。
でも、今回に限って言えば女友達3人組に恨みがないので、ちょっと可哀想だったかな。
とか言いつつ、マリーンの家の没落も見る気満々なんですけど!

で、本日クリアしたEDの中では、キリルEDが良かったです!
『チョコの人』なイメージの強かったキリルですが、ところがどっこいすごく格好良い!!
種割れカミユたん(←違!)も助けてあげられたし、逃避行萌えだし、面白かったです。


マイネリーベII ~誇りと正義と愛~

Posted at 22:58:02 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0

2006年02月19日

Fate/stay night プレイ日記3

第1部「Fate」クリアしました!!
後半、一気にプレイしたのでヘロヘロです。
ストーリーが面白いので、ついつい「あと少し…あと少し…」とか呟きながら読み進めてしまうのですが、昨日も気がつくと深夜4時半までプレイしてしまい、昼の12時まで爆睡。
全3部ですが、セイバールートである第1部をクリアするだけで疲労困憊。とにかく長い。でも面白いから止まらない。

凛>桜>イリヤ>セイバーの順で好きな私ですが、こうしてセイバールートを突き進んでいくと、セイバーの可愛さにメロメロでした。
こと女の子関係において、あまりにも主人公に都合よすぎて、特にセイバーへの魔力供給のやり方に関しては「何、この夢のような展開……(呆れ)」って感じだったのですが、この手の作品において、それはお約束なんだろうということで納得。
でも、あれですね、いくら主人公がプレイヤーの分身だからって、私自身が主人公のことを好きでもなんでもないので、お気に入りの女の子を寝取られるのは面白くありませんね。
しかも、先の展開が気になって仕方ないのに延々Hシーンを流されると、「いいから、さっさと終われ! セイバーが穢れる!!」とか思ってしまいました。セイバーも凛も文句なしに可愛いんですけど、この展開は認めたくないとゆーかなんとゆーか……。複雑。

でもっ、ストーリーは文句なしに面白かったです。
ほのぼのしたり、切なかったり、痛かったり、すごく心に訴えてくる作品だな、と。
話に引きこむ吸引力がすごい。
バトルシーンもすごく迫力ありました。
かなりグロかったりするので、そういうの駄目な人にはオススメできませんが、間違いなく良作です。

次は第2部攻略に向けて頑張ります!


Fate/Stay night DVD版

Posted at 14:10:01 | ゲーム | コメント:10 | トラックバック:0

2006年02月18日

BLOOD+ 第19話

「折れたココロ」

偽リーザ、ハジになんてことを(怒)!!

デヴィッド達の宿泊しているホテルにチェックインしたものの、調査中のカレラと行き違った小夜達。
……なのですが、面白いように偽リーザさんに精神的に揺さぶられてる小夜。
レストランでの食事中、シャワールーム、熱を出して寝込んでいるリクの側。
本当に場所を選びません。

何故、翼手と戦うのか。
それは本当に自分の意思か。
小夜が戦うたびに、周囲の人間まで戦いに巻き込んでいるのではないか。
何を思い出したのか。
赤い盾のメンバーは本当のことを話していない。
騙されているのではないか。

今まで散々へたれてきた小夜なので、絶対、また弱くなるだろうなと思ってはいましたが、そのとおりでした。
でも、本物のリーザを殺して成り代わったことを白状した偽リーザに、ハジが圧倒的な力の差を持って重傷を負わされたのは納得いきません!
なんでそんなに一方的なの!?
ハジが血塗れで倒れちゃたじゃないですか(←傷付いたハジに色気があると思ったのは内緒)!
偽リーザめ(怒)!!

で、ただでさえ偽リーザによって追い詰められていた小夜ですが、小夜の最終的な標的であるディーバが小夜の血を分けた妹であること、赤の盾のメンバーもハジもそのことを知っていて黙っていたことを知らされたことが決定打だったようです。
ディーバと小夜にはなんらかの関係があると思ってましたが、まさか本物の姉妹だったとは!!

「うそつき」という書置きを残して消えた小夜。
勿論、ハジはついていってますよね?

今回はデヴィッドがカイに死んで欲しくないと(ジュリアさんに)カミングアウトしたことが萌えポイントでした。
でもって、OPにも出てきてるフードの吸血鬼トリオっていったい何者!?
小夜を狙ってるようですが、シュバリエとも敵対してる感じ。
「デブキャラは食べないと力が出ない(ルイス)」は名言でした。

次回は久々にソロモン登場ですvv
ソロモン自身は小夜のことを気に入ってるようですけど、「兄さん」がディーバのために小夜を抹殺したいようなので、そっちに従うんでしょうね。


BLOOD+(2)



BLOOD+(1) 桂 明日香

Posted at 18:55:44 | BLOOD+ | コメント:6 | トラックバック:68

2006年02月17日

かりん 第13話

「めざめちゃって 恥ずかしい」

果林、自覚キター!!

2週間ぶりの「かりん」ですが、健太へ噛み付くのは未遂に終わりました。
健太自身は、心の準備は出来ていないものの、噛まれること自体に嫌悪感は抱いてなさそうでしたが、自分が健太に噛み付こうとしていたことを知った果林は健太に嫌われたと勘違い。
それでも健太のために文緒だけは守りきろうとした果林ですが、問題続きでバイトを首になった文緒の血を吸う直前だったところを邪魔された煉は大激怒。
ヘンリーパパに思いっきり殴られて大きなたんこぶをこさえたもんだから、余計に苛ついたようです。

だがしかし!
杏樹から、煉もまた多くの男性同様、文緒の天然テンプにかかって正気を失っていると鋭い指摘をされ、実際、そのとおりだったようです。
まあ、そんなこと素直に認める煉じゃありませんけどね。
ヘンリーやカレラからも馬鹿にされちゃったし、しばらく家に帰ってこなさそう。
とりあえず、他のストレス抱えた女性の血をたっぷり吸って、機嫌を直してください。

文緒を助けることに成功した果林ですが、健太に噛み付こうとした事実を取り消すことは出来ず、もう友達に戻れないと泣き明かしたあと、意を決して健太に謝りに行くことに!!
でも、やっぱり健太は優しいですね。
果林の事情をちゃんと聞いてあげて、自分の首でよかったらいつでも差し出すとまで言ってくれて、ひとことも果林を責めるようなことは言いませんでした。
そして、ついに果林が健太への恋心を自覚!!
自分が増血鬼だということを気にしている果林なので、すぐに告白、なんてことにはならないと思いますが、どう考えたって両思いにしか見えない二人なので、早く幸せになってもらいたいです。


OP scarlet BRACE;d



ED もうひとつのバースディ Fm.θ



かりん(7) 影崎 由那



かりん 増血記〈6〉 甲斐 透

Posted at 22:57:51 | かりん | コメント:0 | トラックバック:13

2006年02月17日

BLACK CAT 第17話

「船出する猫」

眠り姫クリードにバスタオルくらいかけてあげて!!

早々に掃除屋同盟にクロノナンバーズだということがバレたグリンことリン=シャオリー。
原作ではもっと性格悪そうで信用ならない男だった気がするんですが、アニメでは可愛い奴でした。
最初こそ(表面上はどうあれ)掃除屋を馬鹿にしてましたが、星の使徒の刺客として町に訪れた怪物を、見返りもなく退治し、人々を守る掃除屋達を見て見直したよう。
しかも、黒猫時代のトレインに憧れていたようで、トレインをしきりにクロノスに戻るよう勧誘してました。
勿論、自ら掃除屋になる道を選んだトレインが、首を縦に振ることはありませんでしたけどね。
今回のシャオリーのトレインに対する求愛行動(←激しく違!)をトレイン狂の変態クリードが知ったら、間違いなく抹殺されるでしょうね。

そのクリードですが、ドクターの実験によって道(タオ)とナノテクの融合により、更なる力を得るため眠りについていました。
が!
ドクターはともかく、女性であるエキドナさんもいる部屋で堂々と全裸なのはいかがなもんかと!!
いくらコードを繋いでいるからといって、バスタオルくらい上からかけてあげてください。
つっても、エキドナさんもクリードのヌードを嬉々として見つめていましたけどね。
しかも、クリードが眠っている隙に、トレインを抹殺しようとしましたよ!
エキドナさんが置き土産に置いてった爆弾によって、トレイン率いる掃除屋同盟の乗った船は爆破されましたが、次回予告を見る限り、トレイン達は無事そう。
エキドナさんとしては、トレインを殺すことによってクリードを脱ホモさせたいんでしょうけど、そう簡単にはいかなそうですね。

今回は久々にセフィリアさんが登場しました。
ちらっとでしたが、やっぱり麗しい。
クロノナンバーズって全然強そうに見えないんですが、セフィリアさんの強さは本物。
大好きです!


ドラマCDシリーズ「BLACK CAT 3」



BLACK CAT Vol.3

Posted at 22:01:01 | BLACK CAT | コメント:2 | トラックバック:15

2006年02月17日

舞-乙HiME 第19話

「宿命の17歳(^^;)」

舞衣、まだ?

今回はアスワドメインでした。
砂漠で死にかけていたところを助けられたマシロは、そこでアリカと再会。
アリカもマシロと同じように助けられていたようですね。
今は結構、元気になっていましたが、見つかった時には生き人形状態になっていたようです。
まあ、親友のエルスちゃんの死や、自分の出自のこと、セルゲイのこと、ニナとの敵対のこと、あまりにいろんなことが一気に起こりましたからね。

アリカとマシロですが、本物の王女問題で関係悪化かと思いましたが、アリカ側は自分が真の王女だったなんて信じたくないようで、変なことにはなりませんでした。
アリカはマシロに対して、今まで同様、友好的だし、マシロも今回のことがあったからといってアリカを恨んではいないよう。
アリカとマシロが仲違いしなくて良かったです。

アスワドの頭領、ミドリですが、マシロと違って民からの信頼厚く、人気者のようです。
でも、アスワドの人間は、昔の戦争が原因で肉体が蝕まれる病気を遺伝的にもらうようになったらしく、皆して短命で、なんとか命を永らえている者も、サイボーグ化したり科学の力に頼ったり不完全な状態とのこと。
ミドリは17歳の時、発病し、身体は既にその時、死んだようなもので、永遠の17歳だとか。
……どう見ても20代に見えるけど、気にしない(笑)。

で、今回、分かったこと。

15年前、レナを殺したのはラド。
でも、ラドはレナを手厚く葬るつもりが、ジョン・スミスによって遺体を奪われ守れなかったため、レナに対して負い目がある。
ジョン・スミスがレナの遺体を回収したのは、かつて乙女だったものが、子を生み、生涯を終えると、その亡骸はジェムを生成する母体となるから。
レナは二三に代わる、新たな真祖となる予定らしい。
その時以来、アスワドとシュバルツは完全に袂を分かっている。

オトメって、オトメをやめて子を生んで死んでも、戦いの道具として使われるんですね。
嫌過ぎる!!

アリカは前々回のこと、そして今回ミドリから聞いた話から、ますますオトメの力に嫌悪を覚えたようで、ミドリから自分ためにオトメの力を使って欲しいと頼まれたのですが、強く拒否。
とうとう「オトメになんてなりたくない!!」発言まで。

その『オトメ』を、どうやらナギは実験のために量産しようとしてるらしいです。
やがては、なりたくない人もオトメにさせられるらしいですが、とりあえずは、まずは志願者募集とのことで、最初、ニナに志願者を集めるよう命令がくだされたところを、セルゲイが代わりにその役を務めると申し出ました。
最初にオトメになるのは、やっぱり、シズルを助けたくて仕方ないトモエかな?

今回の癒しは、シホのマキマキと、シズルのヒッチハイク(失敗)ですね。
特にシズル(+ナオ)は、ヒッチハイクどころが、猥褻罪で捕まっちゃいましたよ(笑)。


舞-乙HiME 2



OP Crystal Energy 栗林みな実

Posted at 20:28:20 | 舞-乙HiME | コメント:0 | トラックバック:50

2006年02月17日

Fate/stay night プレイ日記2

昨日はブログ更新後、マイネ2をプレイしようとしたところ、ゲーム機を使わせてくれている妹がちょうどアニメ・テニプリを見始めたところでプレイさせてもらえなかったので、急遽、Fateの続きをプレイすることにしました。

昨日プレイしたのは聖杯戦争のルールを聞き終え、エセ神父のいる教会から出たところから、凛が居候を決め込むまで!
無邪気で残酷なイリヤに萌え萌えしつつ、セイバーVSバーサーカーにハラハラして、高飛車凛にうっとりしてました。意地悪な笑みが超絶ラブリーvv
生真面目な私服セイバーも萌え!
5話までアニメを観ているので、今のところ、だいたいのストーリーは分かっているのですが、セイバーだけでなく、凛まで居候することにはびっくりです!!

羨ましすぎる、士郎!
もっと喜べ、士郎!
でも、桜はどうするんだ!?

アニメ6話で登場するらしい美人のライダーも気になるし、この週末はFateを一気に進めたいです。


Fate/Stay night DVD版

Posted at 17:52:00 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0

2006年02月17日

今日からマ王!レビュー休止

突然ですが「今日からマ王!」の感想をしばらく休止させていただきます。
理由は、最近、ゲームに夢中のため、何週間分も未視聴のまま溜めているからです。
落ち着いたらまたレビュー再開する予定ですが、このまま打ち切りにする可能性もあり。

楽しみにしていてくださった方、本当に申し訳ありません。


ドラマCD 裏 明日はマのつく風が吹く!<本家すぺしゃる Ver.>

Posted at 17:49:46 | 今日からマ王! | コメント:2 | トラックバック:0

2006年02月16日

IGPX 第17話

「白い雪」

アンドレの時代がやってきた!!

今回は俄かに表舞台に立つことになったアンドレが面白かったです。

ホワイトスノー戦は、なんてゆーかもう、ムカつくとしか。
自分の思い通りにいかないとすぐ苛立つタケシにも苛々しましたが、それ以上に、チーム・サトミのマシンに互いを攻撃しあうような細工をほどこしておいて、インタビューではさもチーム・サトミを心配しているふうを装うホワイトスノーメンバーには怒り以外の感情を抱けません。
こいつらのせいで、可愛いエイミーが負傷し、しばらくレースに参加できないだなんて!!
タケシが怪我したんならここまでムカつきませんでしたが、怪我をしたのがエイミーなので、本当に今回のことは許せませんでした。

が!!
エイミーがレースに出られなくなったことで、エイミーの代わりとして、元ロケットジョージであるアンドレがレースに出場!
これは素直に面白い。
本当は棄権しようとしてたところを、「チームサトミの良いところは無謀なところ」と言って、皆を奮い立たせてくれたヒマワリGJ!

それにしても、ブランクもさることながら、年を取り、現役より50kgも太ると、勘を取り戻すのも大変ですね。
練習に励むものの、なかなか思うようにいかなかったり、スーツ姿が格好悪かったり、インタビューで熱くなったり、ノリノリだったりするアンドレ萌え。

アンドレが久々にレースに参加することによって、タケシとリズのピリピリした感じが随分和らいでいたのも良かった。
今回はカニンガム率いるヴェルシュタイン戦ですが、ぜひとも「その時やれること、より以上の結果」を出してもらいたいです。


IGPX



IGPX 1



OP Go For It! GRAN RODEO



ED Believe yourself  exige

Posted at 20:46:48 | IGPX | コメント:2 | トラックバック:9

2006年02月16日

灼眼のシャナ 第19話

「戦いの中で」

一美ちゃんが告った!!
ヴィルヘルミナ、おかえり、であります!!


マッドサイエンティストとの闘いは、フレイムヘイズであるシャナ・マージョリー・カムシンとサポートとしての悠二・啓作・栄太によって勝利をおさめました。
一美ちゃんの協力は、教授が仕掛けていた術により、戦闘中は役に立ちませんでしたが、戦闘後、歪んだ町を矯正するのに大いに役立ちました!

フレイムヘイズと共にある者同士、悠二と啓作が一気に親しくなったことや、マー姐の胸が相変わらずすごいことになってることもありましたが、やっぱり今回のメインは悠二・シャナ・一美ちゃんの三角関係ですね。

まず、一美ちゃん。
シャナがフレイムヘイズで、悠二がトーチであることを知っているのに好きだってことに驚いたりもしてましたが、悠二がカムシン相手に怒っていたことから、自分のことをとても大切に思ってくれていることを知って、恋心が一気に高まったに違いありません。
当初の予定通り、悠二に「好きです」と告白しました!
悠二がトーチであり、既に死んでいる人間であることを知って尚、悠二は人間だと言い切る強さに拍手!
悠二の心をぐっと引きつけたことは間違いありません。
おめでとう、一美ちゃん!!

一方のシャナ。
こちらは本当に切ない。
いつもなら、戦闘のときは一緒についてきてくれる悠二が、今日に限って自分と共に来てくれず、一美ちゃんと共に残り、いつもならすぐ近くで聞こえる声も遠く、果ては、悠二が自分と一緒に町の外に来てはくれないだろうと確信してしまいました。
悠二と一美ちゃんの前から逃げ出したシャナは、最後の最後で戦うメイドさん、ヴィルヘルミナと再会を果たしましたが、心の揺れはしばらくおさまりそうにありません。

そして、悠二。
ようやく、前回のシャナがいつもと様子が違うことに気付いたようですが、今は、突然、自分達の世界に巻き込まれてしまった一美ちゃんのほうが気になるようです。
しかも、心配していたら、逆に「坂井君は人間です。私が知ってます。だって、こんなに暖かい。身体も心も。私はそんな坂井君が好きなんです。私は坂井君が好きです」と言ってもらえて、泣いちゃいました。
告白云々より、既に死んだ身である自分のことを『人間』って言ってもらえたこと。それが一番、嬉しかったんでしょうね。


灼眼のシャナ 特典イラスト集"焔″付き



灼眼のシャナ 1



OP 緋色(ひしょく)の空(初回限定盤)  川田まみ(I've)



ED 紅の静寂 石田燿子

Posted at 19:49:13 | 灼眼のシャナ | コメント:0 | トラックバック:52

2006年02月16日

Fate/stay night プレイ日記



Fate/Stay night DVD版


13日(月)から、友人に頼んでなんとか入手できた「Fate/stay night」を始めました!

といっても、今はマイネ2のフルコンプを目指して集中的に頑張っているので、Fateにかける時間はそんなに取れないのですが、最愛の凛が主役のプロローグからして、早くもFateの世界にどっぷりハマりました。
アニメも観てますが、ゲームの方が描写が丁寧で良いですねvv
皆が、ゲームが良い!って言ってる気持ち、分かります。

まだ、やっと士郎がエセ神父のところで聖杯戦争に参加することを決めたばかりですが、今後、苛烈を極めるであろう聖杯戦争の闘いの行方もさることながら、可愛い女の子達との絡みも気になります。
ちなみに、今のところ男キャラでは柳洞一成>アーチャー>ランサーの順で好きで、主人公は好き順位に入っていません(←ダメじゃん!)。
嫌いってわけでもないのですが、士郎は可もなく不可もなくってところでしょうか?
現時点では限りなく頼りなくて、頼りないマスターを持ったために本来の力を発揮できない真面目で従順で可憐なセイバーが可哀想なんですけど。
その点、凛とアーチャーの主従コンビは見た目に華があるし、性格も好みで大好きです。

女の子はアニメで5話まで見た限り(←最近、ゲームに夢中で6話を観る時間が取れないでいます)、凛>桜>イリヤ>セイバーの順で好きです。
女王様タイプの凛はツンツン具合が可愛くて、デレな部分が見たくて仕方なくさせてくれるし、桜はすぐにでもお嫁に迎えたいタイプであることは勿論、きっかけひとつでSHUFFLE!の楓並みに暴走しそうな匂いがぷんぷんしてそこに惹かれるし、ロリ好きとしてイリヤもはずせないし、セイバーはやっぱり基本ですよね。純粋なところが可愛くて仕方ありません!
いっそのこと、バッドエンドでいいので一成EDとかないのかな? 敢えてネタバレとか見ないでいるんですけど、なんか、本当にありそうな気がしてきた……。


Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM)



Fate/stay night 1



Fate / stay night OPテーマソング「disillusion」 タイナカサチ



Fate / stay night EDテーマソング「あなたがいた森」 樹海

Posted at 18:07:10 | ゲーム | コメント:4 | トラックバック:0

2006年02月16日

ノエイン もうひとりの君へ 第18話

「ワルイユメ」

クイナが不憫でしのびない!!

ツンデレ・コサギが素直になってカラスの元に留まることに決めたことで、自動的に振られたことになるクイナ!!
今回は、シャングリラへ行くための希望である、ノエインにまでけんもほろろに振られました。
「オマエ、ヨウズミ。オマエ、ツカエナイ。オマエ、イラナイ」
みたいな感じのことをストレートに言われて、心はずたずたです。
顔は濃いけど、デリケートっぽいですからね。
それでも、シャングリラを諦めきれなくて、単独カラスの元に行くわけですが……。

一方のカラス&コサギ。
コサギはすっかりカラスのストーカーと化しました。
ターゲットであるカラスにバレバレの尾行をするのは、カラスに意識してもらいたいからでしょうか?
カラスに見つかっても「お前を見ている」なんてはっきり言っちゃうところが可愛い。
とはいえ、カラスに逃げられたと思ったら、今度はラクリマからやってきたクイナが裏切り者と知り、倒すつもりが逆に気絶させられてしまいました。
クイナは勿論、攻撃は加減して、振られたというのに、コサギの寿命を少しでも長くしてあげるために、コードみたいなものも残していってくれましたが……。
前回、いきなりコサギにプロポーズまがいのことをしたクイナですが、本当にコサギのことを好きだったんですね。
だがしかし!
恋敵でもあるカラスには容赦なく、カラスVSクイナは激しくバトルしてました。

で、今回のハルカ。
ノエインからの干渉で、皆に忘れられたり、ユウから本当にこの世界は存在するのか聞かれたり、嫌な夢を見せられ不安な気持ちにさせられて、偶然、棚から出てきた幼い頃のハルカが映っていると思われる8ミリビデオが見たくて仕方なくなり、友達に相談。
結局、イサミの兄の友達から借りることになったようです。
ってか、アイの結婚式をビデオに撮ったユウですが、ハルカメインで撮ったに違いないユウ萌え。
ハルカを見つめる目が優しいですvv
函館市街にノエインとシャングリラの遊撃船がやってきたり、ハルカがクイナに連れ去られようとしても、ハルカを自分の力で助けることは出来ないのですが、それでも必死でクイナからハルカを守ろうとしたことは褒めてあげたいです。
最終的にハルカを守る、一番良い役目は、当然のごとくカラスが持ってっちゃいましたけどね。
改めてノエインに切り捨てられたクイナのその後と、ノエインの「機は十分熟している」ってセリフが気になります。
ハルカの龍のトルクとしての力は日に日に増していってるし、これからどうなるのかな?


OP OP Idea eufonius



ED 夜明けの足音 solua



TVアニメ「ノエイン」オリジナルサウンドトラック Vol.1



ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻

Posted at 17:46:00 | ノエイン もうひとりの君へ | コメント:2 | トラックバック:31

2006年02月15日

地獄少女 第19話

「花嫁人形」

す、救われない……。

今回は、有名な人形師の家に嫁いだ孤児の少女・祈里が、自分に何一つ自由を与えず人形扱いする継母を恐れ、恨みを晴らす話でした。
そんなに嫁ぎ先が嫌ならとっとと離婚して孤児院に逃げ戻ればいいんじゃないのと思ったりもしましたが、孤児院の人はみんな良い人で、だからこそ、自分が孤児院に戻れば、長年、人形師に援助を受けることで助かってきた仲間達に迷惑がかかると、一番、簡単な方法を取れなかったわけですね。
で、祈里にとっての「非常口」が「地獄少女」だったと。

それにしても、人形師の婆さんの壊れっぷりはすごかったです!
死に装束が似合う、若く死んだ目をしている少女への執着がすさまじい。
祈里への虐待もすごかったですが、一番、すごかったのは、あいからのお仕置きシーンで、自分は神だと言い切ったとこ!
大爆笑でした。

にしても、今回の依頼人・祈里は本当に救われませんね。
人形師の婆さんほどではありませんが、祈里に対する扱いがどこか冷たかった旦那さん。
祈里は旦那さんのことを優しい人だと信じていたようですが、血は争えず、旦那さんも婆さんと同じタイプの人間だったようで、婆さんへの恨みを晴らした後も、旦那さんから人形扱いを続けられそうな感じです。
おまけに、キチガイ婆さんはあっさりあいちゃんに乗り換えたらしく、地獄行きの舟の上で祈里人形を捨て、あいちゃんの人形を作り続けたい発言。
確かにあいちゃんは綺麗で可憐だけど、祈里のこれからを思うと、祈里が不憫でなりません。


地獄少女 2

Posted at 21:56:07 | 地獄少女 | コメント:2 | トラックバック:27

2006年02月15日

ガンパレード・オーケストラ 第18話

「夏への扉」

なんかよく分からないけど、面白い!!

白の章、緑の章とイマイチだったG.P.Oですが、青の章は今までとは何かが違うようです!
こんなのんびりした島で幻獣との交戦があるのかは果てしなく疑問ですが、日常パートが面白い!

なかでも、やっぱり一押しはピンクのフリフリの彼女ですね!
自分で自分のことを「か弱い乙女」とか言いながら、がたいはデカいし、友達の女の子をお姫様だっこしてランニングしたりして最高!
体操服のフリフリも強烈でしたが、ど派手なピンクのフリフリネグリジェ姿は更に強烈でした。

それと、永野英太郎につきまとっていた麦藁帽子のおじいさん!
この人も面白い!!
にぎにぎしてる手がエロ過ぎです!
脱がす相手は男(永野)なので、色気もけったくれもありませんが。
とりあえず、このおじいさんの影響で『ぎょさん』に興味が出てきました。
半額セールの300円なら、試してみてもいいかな(笑)。

あとは、リスの「シマシマ」と、その飼い主で、いきなり「ロケットに乗って遠くの星へ行って、この星には戻らないの」とか言い出す不思議娘、蔵野みずほ。
「来ないで」って言われて「(ズキューン!←心臓を打ち抜かれた音)可愛いvv」となった佐久間は間違いなくMですね。

次回も楽しみです。


OP Faze to love 橋本みゆき



ED ふたりが忘れない 美郷あき



ガンパレード・オーケストラ白の章 青森ペンギン伝説 (限定版)特典 第108警護師団 部隊章 刺繍ワッペン付き


ガンパレード・オーケストラ 緑の章 ~狼と彼の少年~ (限定版) 特典 部隊章 刺繍ワッペン付き

Posted at 21:11:13 | ガンパレード・オーケストラ | コメント:0 | トラックバック:15

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。