FC2ブログ
2005年09月08日

タイドライン・ブルー 第8話

「再会」


前回、チベットの街中でそれぞれ再会を果たしたキール、ティーン、アオイ、ジョゼ。
キールがティーンの名と一緒にアオイの名も呟いたことから、ティーンと一緒にいる女性が事務総長アオイであると知ったジョゼは、いきなり銃をぶっ放し、アオイを人質にとってティーンを救出?

チベットの人たちは、只者じゃないですね。
すぐそばで銃撃戦が繰り広げられても、動揺のかけらもなく、振り向くことすらせず、一心に祈りを捧げてます。
アオイの喉元に刃物をつきつけるジョゼより、チベットの一般市民の方がよっぽど恐いです。

ティーンはアオイとしばらく行動を共にして、多少なりともアオイに対して情がわいたのか、暴力的なやり方にためらいを見せるものの、ジョゼから銃を受け取り、警備兵に銃を向け、その隙にジョゼがアオイを連れて路地裏に逃げ込もうとするのですが、そこでキールが反応。
「どこ行くんだよ? 待てよ!」とジョゼたちに駆け寄ろうとするのですが、そんなキールに動くなと銃で威嚇していた警備兵にイスラのダチョウが突っ込み、誤発。
キールに向かって銃弾が乱射され、アオイもティーンも激しく動揺!!
疎遠な親子関係であってもキールに対して親子の情があったアオイは、反射的に身を持ってキールを庇い、キールは無事でした。
義理とはいえ、母の愛ですね。
が、ここは本当はティーンにその役をやって欲しかったというのが、ティーン×キール派としての正直な気持ちでしょう。
でも、ジョゼに「ここまでだ、行くぞ!」と声をかけられるまで呆然とし、尚且つ、すぐにはその場を離れられず、思いきりキール達を気にしつつジョゼに続いて去っていったティーンにも萌えました。

で、キールとアオイですが、そんなに簡単に和解できるはずもなく、キールもアオイとジョゼ達の間で少しは迷うんですが、結局、「なんだよ、今更! 俺が一番助けて欲しいときは…」と言い残して、(イスラと再会を果たすためにも、ユリシーズとの繋ぎ役である)ジョゼを追うキールに、アオイはかける言葉をかけることすらできず、見送ることしかできませんでした。
切ない。

一方のユリシーズはパリに来ていました。
新世界地図を見ていたティーンは、ジョゼからユリシーズがドゥーラビィーラに突入したと聞き、ユリシーズがフランスにいると言い当てます。
それから、言いにくそうに「副長、キールと一緒に…」なんて言うものだから、てっきりジョゼがキールと行動を共にしていたことを気にかけているのかと思ったら、「もう一人、ユリシーズに乗り込んだはずですが…」と続いてガックリ。
キールのことを気にしてたんじゃなかったの?
いやいや、本当はキールのことを聞きたかったんだけど、恥ずかしがり屋さんだから聞けなくて、心根の優しい子だから、その次に気になっていた、自分が助産したイスラと赤ん坊のことを聞いたのね……と思うことにします。
勿論、イスラ達が無事なことを聞いて、ほっとしているティーンも大好きです。

でもって、アオイ。
キールの夢を見ていたのですが、途中でキールの姿がティーンに変わり、ティーンの姿で「なんだよ、今更! 俺が一番助けて欲しいときは…」と言われてしまいます!
事務総長の立場として、肝心な時にキールを助けられなかったことをずっと後悔してたんですね。
それに、短い間とはいえ、気にかけていたティーンにまで去っていかれて、アオイにとっては二重にショックだったんでしょうね。
そんなアオイのもとにチェンレーシ様がやってきて、「あなたの心配している人は無事でいます」と言ってくれます。
ほっとしたアオイは、チェンレーシ様に「家族もなく、ほんのささやかな楽しみを味わうこともない、ただ自分の役割を果たすだけの人生が寂しくないか?」と問います。
チェンレーシ様は自分の役割を果たすことができれば自分の人生など取るに足らないものだと言いますが、アオイは、自分自身も今まではそう思って、ヤエツ崩壊時に、混乱した状況で個人的感情で動くことによって規律が崩壊することを恐れ、事務総長としてキールを自分のヘリに乗せて助けることをしなかったのですが、本当はそうではなかったと語ります。
7歳のキールを引き取った時からずっと抱きしめたいと思っていたものの、一度でも抱きしめてしまったら自分は母親になってしまい、不器用な自分は母親と事務総長という二つの立場を両立できるほど器用じゃない。
それでも、キールのことが心配でたまらず、仕事など誰かに任せてあの子を助けに行きたい。

そう言って泣き崩れるアオイに、「もうあの子は、あなたを必要としていない。それでも息子は、必ず帰ってくる」と何かに憑かれたように語るチェンレーシ様。
早くキールと和解できるといいね、アオイさん。
親子愛には弱いので、うるっと来てしまいました。

ジョゼ&ティーンに戻って。
浮きドックを手に入れてユリシーズに戻ろうと話していた二人の前に、キールが現われます。
ジョゼはキールの相手をしている暇はないと冷たく言い放ちますが、イスラの元へ絶対に戻りたいキールは、いち早く海に飛び込んで、浮きドックの元へ。
ジョゼ&ティーンを追って警備兵達も向かってきており、仕方なくキールの後に続くジョゼ。
でもティーンは水が苦手なので、なかなか海に飛び込めません。
それでもすぐそこまで兵が迫ってきて、背に腹は変えられず、勇気を振り絞って海に飛び込むのですが、ティーンは泳げないんですね。
幼少時、母と共に海に不時着したシャトルは発火し、いち早くキールがシャトルからなるべく離れるよう海に放り出され、残ったティーンは炎と押し寄せる水、その後のシャトルの爆発がトラウマになっているに違いありません。
そんなティーンを助けたのはキール!!

萌・えっ!!

双子愛双子愛双子愛っ(以下エンドレス)!!
この調子で、人工呼吸までしてくれたら最高!

…なーんて期待に胸を膨らませつつ、このまま双子を見続けたかったのですが、ここで里山艦長の出番です。
アオイからグールドはフランスにいるはずだと言われた里山は、フランス周辺に兵力を集めることに。
でも、何故アオイがグールドがフランスにいると分かるのか、疑問に思っているようですね。
グールドはグールドでユリシーズを修理しなければ戦えないと判断し、急速潜行。

場面は変わって、船の中で目が覚めるティーン。
(ちっ! キールがティーンに人工呼吸するのを今か今かと待ち望んでいたのに、そのシーンがなかった!!)
でも、あどけなく眠ってる姿とか、キールが自分を助けてくれたとジョゼから聞いて驚く可愛いティーンが見れたし、いっか♪
ジョゼは銃の手入れをしつつ、これからユリシーズを修理するためにも、この浮きドックをフランスに向かわせるため、武力行使も厭わないつもりのようです。
が、二人の話を聞いていたキールは、「そんなもん(銃)出さなくたって、頼みゃあいーじゃん。行ってくれって!」とポジティブに提案。
でもって、 キールからイスラ(ユリシーズ)はどこだと聞かれて、思いっきりたじろいで答えるティーンが可愛すぎ!!
突然、キールに声をかけられて、心の準備が出来てなかったんだね。
ジョゼは話し合いなど無駄で、無防備に乗組員の前に出ようものなら、即座に殺されるか、新国連軍に引き渡されて、どっちにしろ殺される運命だから先手を打ってこの船を自分達の支配下に置くしかないと言い放つのですが、キールはとりあえず頼むだけ頼んでみようと言い、「やれるものならやってみろ。ただし、我々のことは絶対に話すな」とお許しが出ると、あっという間に行っちゃいました。
素早いキールに呆れつつ、「船が混乱したほうが我々には好都合だ」と呟くジョゼに、「もし、拷問でも受けて、キールが我々の存在を喋ったら」なんて建前を言いつつ、今すぐ、無謀なキールの行動を止めたくて仕方ないティーンvv
でも、ジョゼはイスラへ繋がる唯一の道である自分をキールが売ることは絶対にないと言い切り、焦ったティーンは「しかし、本当に殺されるかもしれません!」と本音を漏らします。
そりゃあ、ティーンは大好きなキールにもしものことがあったらと気が気じゃないですよね。
そんなティーンに「仕方ないな」と呟くジョゼは、一応、キールを見殺しにするつもりはないみたいで、もしものときのフォローも考えてはいるようです。

で、キール。
美味しそうな匂いに釣られて食堂に入り、「めっちゃ怪しい」と早々に掴まってしまいます。
船員の子供に『日干し』と『海に放り込む』どっちか選べと言われて、「どっちもヤダ!」と答えたら、「じゃあどっちもだ♪」と楽しそうに言われて、本当に吊るされてしまい、泣きながら「下ろしてくれー。フランスまで一緒に行ってくださーい。潜水艦、直してよぉー!」と頼むのですが、全然取り合ってもらえません。
馬鹿ですね。
でも、そんなお馬鹿なところが好きです。

ティーンはジョゼに何か言いたそうなんですが、言えないまま、ジョゼの後について外へ。

キールは、チベットの賭博屋で合った男と再会するのですが、助けてもらえると思ったのも束の間、再び吊るされそうになって、半泣きのままED。
今回からまたしてもEDの絵が変わりました。
キールが変な顔なのはいつものことなのですが、なんか変な顔のティーン、いたー!!
しかも、キールに押し倒されてるような格好です! なんですか、これ!?
それにそれにっ、キールからの攻撃を避けつつ、反撃しようとして拳を振り上げて、ひどく躊躇うとこも萌えっ!
ティーンってほんっとうにキールのことが大好きなんだねvv
次回も、ティーン×キールでウハウハ出来そうな予感です。


タイドライン・ブルー<1>



OP Blue treasure 栗林みな実



ED 鈴木達央 VOICE
スポンサーサイト



Posted at 23:05:30 | タイドライン・ブルー | コメント:2 | トラックバック:8

コメント一覧


初めまして厘音さん、飛鳥猫と申します。

元々タイドライン・ブルーのティーン×キールに
関する何かがあるかなぁ、と思い
検索して辿り着いたのですが…(^^;)
TLBの他にもアクエリオンやガラスの仮面・
ガンダムSEED-Dも見ている私としては、
とても楽しく読ませて頂いてます!!

萌えCPも私が「萌え」なものばかりで
驚きつつも嬉しく思っています(^^)
何よりいち早くティーン×キールに
萌えてる方がいたことが驚きです!

TLBの感想を心待ちにしてます~
さっき9話を見たのでうずうずしてます。。。

では、失礼します。


2005/09/15 05:14:58 | URL | 飛鳥猫


飛鳥猫さん、はじめまして。

あんなにティーン×キールなアニメなのに、ティーン×キール好きさんが意外に少ないので、お仲間ということでとても嬉しいですvv
9話はまだ見てませんが、今回もティーン×キール萌え出来るところはないかと期待しつつ、仕事から戻り次第見てみたいと思います。
ティーンがキールのことをとても大事に思っていることは明らかだし、キールもなんだかんだでティーンのことを嫌いになりきってはいないようなので、今後、和解→ラブラブとなることを激しく期待。

また、他作品も共通の萌えが多いようで、そちらも嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

2005/09/15 08:02:54 | URL | 厘音

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • タイドライン・ブルー 第8話のトラックバックURLはこちら
  • http://rincolu.blog15.fc2.com/tb.php/106-b6f6af1e
タイドライン・ブルー : #8 再会 ぶぉ 録画に失敗して、終わりの5分?10分?が取れてない・・・(´ヘ`;) キールが宙吊りにされて、わめいたあとの展開&予告が不明です・・・。さて、アオイのキールへの教育方針をさ

2005/09/08 23:50:43 | 蛙・鳴・蝉・噪

再会 抱きしめたら母親になってしまう!!

2005/09/09 00:31:28 | tune the rainbow

タイドライン・ブルー第8話「再会」感想  今週も、チベットでのお話。 えと・・・前回は、チベットの人達がお祈りで一斉に地面にひれ伏した時、キールとジョゼは、アオイ、ティーンと再会したんでしたね。 立っていた

2005/09/09 01:36:26 | 少年カルコグラフィー

タイドライン・ブルー・第8話 「再会」 チベットにて、ティーン、アオイと再会してしまったキール。ジョゼは、その

2005/09/09 05:19:04 | たこの感想文

タイドライン・ブルー #8「再会」 最近、ティーン&アオイと遭遇してしまった全国のタイドラインブルーファンの皆様さっそくヤビツから脱出できた人間はこの感想に避難してきたんだ。アストロはこちら→アストロ球団 第三球(前編) 「監督だろうがひょっとこだろうがホンジュラスだろうが猫の首に鈴をつけ.

2005/09/09 08:40:06 | CODY スピリッツ!

『タイドライン・ブルー』第八話 兵士に追われる一行。その制服脱ぎゃ多少は紛れるんでないの?今週もダチョウは健在でした。チベットの偉いオネエさんにあげちゃえよ。故障中の潜水艦は出番無し。土師孝也も出番無し。来週は地図があるってのがバレちゃうのかな?

2005/09/09 13:59:06 | 時間の無駄と言わないで

T.B.L 第8話 チベットで出会うティーンとキール。いきなりの出会いに戸惑うが・・・ジョゼのすばやい判断でアオイを人質に・・・・アオイの護衛は何をやっているのか・・・・・この2人は一体軍ではどのくらいの強さなのだろう?アオイについているくらいなのだから・・・・・・っていろ

2005/09/09 19:51:06 | アニメアニマ

タイドライン・ブルー 「再会」 戦闘編に変わり、もう一つの目玉である人物(心情)編の内容でした。“役割”が、ある意味キーワードになっていたと思います。アオイの事務総長としての立場、母親としての立場。

2005/09/17 20:02:39 | 有閑市民のすすめ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる