スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2009年05月18日

花咲ける青少年 第7話

「誰が為の想い」

あんまり心配させるな。

ルマティ暗殺の命を受けた、ルマティの兄・ソマンド付きの元近衛士官のノエイ。
実直真面目で王家に対する忠誠は相当なものでしたが、だからこそ、最後の最後でルマティを暗殺をためらい、そればかりか、ルマティ暗殺部隊の仲間が痺れを切らしてルマティを殺そうとしたところを庇って負傷。
意識が朦朧とする中、面差しや雰囲気の似た花鹿をルマティと錯覚して謝罪。
その後、屋敷で治療を受け意識を取り戻すも、すべては自分が仕組んだこととして、決して黒幕の正体を明かそうとはしませんでした。
温厚で真面目そうなクインザの弟も心から慕っているようですが、ノエイは本来、とてもまっすぐな人柄みたいですね。

一方、ノエイがいくら口を割らず庇おうとしても、今回の事件の黒幕がソマンドであることは分かる人には分かることで、ルマティ至上主義のクインザはご立腹。
ソマンドがその気なら、自分も敬愛するルマティを王位につけるために手段は選ばない気になったようで、切れ者なだけに、今後、暴走しそうで恐いです。

クインザは王位はルマティにこそふさわしいと思っていますが、当の本人はあくまで王になるのは兄・ソマンドで、自分はその補佐をしたいと夢見てきたわけで、確証こそ得ていないものの、自分の命を狙ったのがソマンドであることを頭では分かっているルマティもつらいですね。
葛藤から暴言を吐いたりもしてましたが、花鹿に頬をぶたれて諭されたり、すべての罪を一身に背負う覚悟のノエイの姿を見たりして、結局、剣の鞘で肩をぶつことと、二度とラギネイの地を踏むことは許さないということで今回の罪を赦す温情を与えました。
その後、花鹿すら拒絶して一人涙したルマティですが、ここが正念場。
つらいことから目をそらさずに成長してもらいたいです。

今回はルマティ暗殺に関する話がメインだったので出番の少なかった立人ですが、花鹿が無事に屋敷に戻ってきた時、寅之助があまり怒らないであげて欲しいと頼んでましたが、実際には力強く抱きしめて、「あんまり心配させるな」と口にしたのが印象的。
顔には出してませんでしたが、相当心配していたんでしょうね。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:49:35 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:8

2009年05月12日

花咲ける青少年 第6話

「純心」

デレ進行中。

良い雰囲気になったかと思ったら、突然何者かに襲われた花鹿とルマティ。
狙いはルマティのようですが、とりあえず、その場はなんとか逃げ延びて、その一帯を縄張りとしているストリートキッズのリーダー葉原に匿われることになりました。
相変わらず不遜な態度のルマティですが、花鹿とのやりとりを見ていると、ラギネイの第二王子としてそれが普通な扱いをされてきたからそういう態度を取っているだけで、悪気はなさそう。
花鹿の友達論を興味津々で聞いているのが可愛いですvv
「私はお前と友達になりたいと思ってるぞ」と言われて頬を染めたり、完璧にデレ進行中ですね。
兄弟のように仲良く語らう天然二人が微笑ましい。

しかし、花鹿とルマティが失踪したことを知った屋敷の方ではそうもいってられないようで。
ラギネイの王子であるルマティも、バーンズワースの一人娘である花鹿も、何かあったら責任は重大。
総力挙げての捜索になりましたが、立人が脅しをかけてルマティの侍従クインザから強引に引き出した情報によると、ルマティはラギネイの一部の不穏分子に命を狙われているらしい。
しかも、クインザの警戒心を見るに、敵に心当たりがあって、なおかつ、簡単には口に出せない相手っぽい。

と思ってたら、案の定、ルマティを狙っていたのは、ルマティが心の底から敬愛し、力になろう!と心に決めている第一王子ソマンドの近衛士官ノエイでした。
周囲が王位継承権争いを煽ってソマンドをけしかけたのでしょうが、これはブラコンルマティにはきつい。
次回予告でちゃんと部屋に戻っていることから今回の襲撃で命を奪われることにはならないでしょうが、この問題は根深そうです。

そして、ルマティを第二の夫候補と見破った立人がどんな心境で、どんな態度を取るのかも見所ですね。


花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

Posted at 17:43:36 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:8

2009年05月07日

花咲ける青少年 第5話

「出会い~再会」

ルマティ登場!

立人の叔父主催のパーティに招かれた花鹿。
自分のお目付け役としてではなく、倣家の当主として一族からの信頼の厚い姿を見て、自分の知らない立人に戸惑うことになりました。
立人、ちょっとは意識してもらって良かったね。
でもまあ、女性を知るために、(多分)叔父公認で叔父の妻ブリジットと関係を持っていた過去があったことはちょっとマイナスでしたけど。

未だ立人に未練があるらしいブリジットの策略が元で、偶然、その場に居合わせたラギネイの第二王子・マハティと出会った花鹿は、早速興味を持ったようです。
王子らしい傲慢さで花鹿のことを女呼ばわりしていたマハティも、花鹿と話している間に少しずつ打ち解けてきたようで、ついには自分の聖布を花鹿にあげるまでに。
しかも、自分があげた聖布をかぶって見せる花鹿にドキっとしたようで、今後が楽しみです。
花鹿とルマティがじゃれあう姿が好きなので。

それにしても、今回も花鹿のボディーガードを仕損じて立人に駄目出しされた寅之助。
彼が格好良く活躍する日はいかに!?

花咲ける青少年 1 愛蔵版 樹 なつみ

Posted at 17:52:58 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:4

2009年04月28日

花咲ける青少年 第4話

「長き夜の明ける日」

私は彼を愛してる!

今回はユージィンの心の闇が明らかになる回。
ユージィンが生に執着しない理由は、彼の出生にありました。

美しかった祖母はユージィンの父・オーギュストを自分の息子と認めず、若くして死んだ顔の造作の美しい弟のアランばかり溺愛。
そして、そんな彼女の心ない言葉がオーギュストを病ませ、いつかアランを使って、アラン以上に美しいものを作ってやる、なんて醜い復讐心を生み、その犠牲者は非常に心が繊細だったユージィンの母・クリスティン。
死んだアランの精子で身籠されたクリスティンは、死人の子を身籠るという恐怖に耐え切れず自殺。
幼い頃、その事実を知ったユージィンは、自分に母より長く生きる資格はないと思い、ずっと20歳の誕生日を迎える前に死のうと決めてたんですね。
クリスティンを愛しながらも、祖母とアランへの復讐心を捨てることが出来なかったオーギュストですが、もし醜い復讐を遂げるのをやめていたら、クリスティンもいつかは心を開いてくれたのではないかと思わずにはいられません。
ユージィンが罪悪感にかられて苦しむこともなかったでしょうに……。

自殺しようとしていたユージィンを救ったのは、やはり花鹿でした。
花鹿が鏡に映るユージィンを銃で撃つことで一度死に、新たに生まれたユージィンは憑き物が落ちたようにスッキリしたようで、立人も驚く程。
そして、花鹿もまた、ユージィンへの気持ちが「愛してる」だと確信を持ったみたいですね。
ただし、一晩を共にして、すごく安心してぐっすり眠れたくらいですから、恋とは別物みたいですけど。
立人も一喜一憂で忙しいなぁ~。

次回は新たな夫候補、ルマティ登場。
楽しみです♪

花咲ける青少年 1 愛蔵版 樹 なつみ

Posted at 17:48:00 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:8

2009年04月22日

花咲ける青少年 第3話

「眠れぬ夜」

全力を挙げて阻止してやる!

危険人物ユージィンの魔の手から花鹿を守ろうと、花鹿を部屋に閉じ込める立人。
とはいえ、花鹿が大人しくしているはずもなく、立人の事が気に食わないユージィンもまた嫌がらせに余念がなく……。
自分の美貌の使いどころを熟知しているユージィンは、さくっと花鹿のところで働いているメイドを篭絡し、それに乗った花鹿が屋敷を脱出。
ますますユージィンに対して怒り心頭になった立人はというと、「全力を挙げて阻止してやる!」の宣言どおり、金と権力をこれでもかってくらい使って花鹿捜索。
ムスターファ相手にも感情もろだしになったことがあったようですが、本当に立人とユージィンって相性悪いですね。
でも、そんな感情的な立人も好きです。
これからも苦労が絶えることはなさそうですが、頑張れ!

一方、花鹿とユージィンはというと、ちょっとだけユージィンが花鹿に心を許し始めたところもあったのですが、ユージィンのことを疎む兄が迎えにやってきて、パリに行ってしまいました。
花鹿の夫として絶対に認めたくはないでしょうが、ユージィンに対する「好き」がどんなものか突き止めたいと思う花鹿の意思を尊重して、立人が花鹿の背中を押してあげたことで、花鹿もまたユージィンを追ってパリに行くことにしたわけですが、ひと悶着はまぬがれないでしょうね。

それにしても、今回初登場のカール。
花鹿と接触前とはいえ、ちょこっとだけしか出番がなくて残念でした。

花咲ける青少年 1 愛蔵版 樹 なつみ

Posted at 18:09:05 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:6

2009年04月15日

花咲ける青少年 第2話

「廻り愛」

早速犬猿の仲な二人♪

花鹿の父・ハリーの前では冷静ぶっていた立人でしたが、やっぱり心中穏やかではありませんでしたね。
夫探しゲームを受けはしたものの、本当は夫なんてピンとこず、ずっと立人と一緒にいられればいいのに、なんて天然で抱き付いてくる花鹿の罪な態度もあり、成長していく花鹿をいつしか自分ひとりの眠り姫だと思っていたのに、そんな花鹿が他の男を選ぶのを見ていろというのかと早くも苦悩する立人。
しかも、あっという間に花鹿が第一の夫候補と思われるユージィンに興味を持ってしまいました!
といっても、最愛の白豹・ムスターファの魂がユージィンに入り込んでいるに違いない!と思ったからの猛プッシュで、今のところ恋愛感情とは無縁みたいですが……。

にしても、初対面の相手にいきなり「あなたはムスターファだよ! 思い出して!」とか、普通の感性の人なら新手の宗教勧誘か、頭がイカれてるとしか思えないと思うんですが、本当に花鹿は突き抜けてますね。
ユージィンは花鹿がバーンズワースの一人娘だと知ってたから邪険には扱いませんでしたが、下手すると通報されそう。

そんなこんなしている内に、立人がユージィンがこれまでに3人もの女性を自殺に追い込んでいる危険人物だと知って、実際、花鹿の目の前でその修羅場が繰り広げられて、立人とユージィンの対立。
花鹿は流れに身をまかせているだけのユージィンを初対面の時の立人と似ていると評しましたが、立人とユージィンは一見、正反対に見えますが、案外同属嫌悪なのかも。
一般人で常識人代表・寅之助も、今回も良い味出してます。
これからもよけいな一言を言っては立人に意地悪されて下さい♪

次回は早くもヘタレ代表カール登場。
夫云々は別として、実は立人と同じくらい大好きだったりするので楽しみですvv
花鹿の恋愛相手としては、やっぱり立人一押しですけど!

花咲ける青少年 1 愛蔵版 樹 なつみ

Posted at 18:08:45 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:6

2009年04月08日

花咲ける青少年 第1話

「イノセントガール」

美青年アニメが始まった!

1話なのに作画が悲しいことになってましたが、花咲ける青少年、始まりました♪
原作ファンとしては、これからに期待したいところです。
せっかく良い声優使ってるんだし、美青年アニメに相応しく画も頑張ってもらいたい!

主人公は天然タラシの花鹿。
巨大財閥の一人娘ですが、幼少時、誘拐事件で母が死んでしまったことから、ずっと離島で最愛の白豹ムスターファと暮らしていたのでかなりの変わり者。
でも、そこが可愛い。

ボディーガードの寅之助も童顔で可愛いんですが、初回にして、完全に倣立人に良い所すべてを持っていかれてましたね。
そういう私も森川さんの立人があまりにもハマり役でニヤニヤしてしまいました。
「お前が呼べば、いつなりと」とか、私もこんな美形に言われてみたいもんです。

日本の学校に転校するも、すぐに父親・ハリーに呼び出された花鹿は、そこで夫探し&夫選びゲームの提案を受け入れることになるのですが、その御目付役として見返りは十分払うからとハリーは立人を指名。
倣家の当主としてそれを受け入れる立人ですが、立人の気持ちを知っておきながら花鹿を他の男を選ぶのを側で見てるよう命じるなんて人が悪いですね(苦笑)。
立人頑張れ!

次回、登場するのはお色気担当ユージィン。
花鹿の夫に相応しいかどうかはともかく、彼のことも好きなので楽しみですvv

花咲ける青少年 1 愛蔵版 樹 なつみ

Posted at 07:59:13 | 花咲ける青少年 | コメント:4 | トラックバック:8

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

応援中







Ray Official site

プロフィール

厘音

  • Author:厘音
  • アニメ大好きな腐女子です。
    可愛い女の子大好きなので百合・ノーマルもおいしくいただけますvv
    最近は乙女ゲー&BLゲーに夢中。

    リンクフリー!
    TB・コメント大歓迎!
    基本的にすべてのTB・コメントに返信させていただいております。
    ただし、管理人が不適切とみなしたものに関しては、見つけ次第削除させていただきますので、ご了承ください。

    ※現在、一部ブログ様からのTBが反映されない状態となっております。
    ご迷惑おかけして、申し訳ありません。


カテゴリー

Blog Pet



うらないモンキーなび



BlogPeople検索窓

BlogPeople検索

ブログ内検索

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

素敵ブログ様

相互リンク募集中。


このブログを登録 by BlogPeople

クリア済みゲーム

<PS2>
◆乙女
マイネリーベ~優美なる記憶~
マイネリーベⅡ~誇りと正義と愛~
そしてこの宇宙にきらめく君の詩
緋色の欠片
緋色の欠片~あの空の下で~
翡翠の雫~緋色の欠片2~
蒼黒の楔~緋色の欠片3~
水の旋律
水の旋律2~緋の記憶~
アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
星色のおくりもの
遙かなる時空の中で3
幕末恋華・新選組
幕末恋華・花柳剣士伝
マーメイドプリズム
オレンジハニー
蜜 × 蜜ドロップス~LOVE × LOVE HONEY LIFE~
エーデルブルーメ
プリンセスナイトメア
ふしぎ遊戯 朱雀異聞
ひめひび ~Princess Days~
薄桜鬼 ~新選組奇譚~
薄桜鬼 随想録
カヌチ 白き翼の章
カヌチ 黒き翼の章
Real Rode
乙女的恋革命★ラブレボ!!
under the moon~クレセント~
ワンドオブフォーチュン

◆BL(ボーイズ含む)
学園ヘヴン
学園ヘヴン おかわりっ!
花帰葬
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-
咎狗の血 True Blood
銀のエクリプス

◆その他
アカイイト
アオイシロ
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩
うたわれるもの~散りゆく者への子守唄~
幻想水滸伝シリーズ
サクラ大戦シリーズ
School Days L×H
Memories Off Duet
kanon
Fate/stay night[レアルタ・ヌア]


<PSP>
◆一般
英雄伝説 空の軌跡FC
英雄伝説 空の軌跡SC
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd

<PC>
◆乙女・全年齢
アラビアンズ・ロスト
ハートの国のアリス
クローバーの国のアリス
クリムゾン・エンパイア
プリンセスナイトメア
あさき、ゆめみし
GARNET CRADLE
蒼天の彼方

◆乙女・大人
星の王女シリーズ
王宮夜想曲
Love Drops ~みらくる同居物語~
月ノ光太陽ノ影
月ノ光太陽ノ影-Another Moon-
バトラーズ~召しませお嬢様~
バトラーズ~召しませお嬢様~ナイトモード
Under the moon
Under the Moon ~つきいろ絵本~
step ~二人の関係は一歩ずつ~
仁義なき乙女
仁義なき乙女 恋恋三昧
いじわる My Master
すみれの蕾
プリティ☆ウィッチ☆アカデミー

◆BL・全年齢(ボーイズ含む)
セラフィム・スパイラル プラスエディション
Daylight-朝に光の冠を-

◆BL・大人
学園へヴン
咎狗の血
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
メサイア
MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
Lamento -BEYOND THE VOID-
Laughter Land
コイビト遊戯
マギア・ミスティカ
紅色天井艶妖綺譚
比翼は愛薊の彼方へ~未了の因~
比翼は愛薊の彼方へ~久遠の想~
比翼は愛薊の彼方へ~連理の夢~
sweet pool

◆美少女・大人
Fate/syay night
Fate/hollow ataraxia
ななついろ☆ドロップス

◆同人・シェア
Lagrima-ラグリマ-
イノセントリア
イノセントリアラストラス
LIP!
神様を殺す102の方式
みらくるのーとん
みらくるのーとん只今増量中!!
みらくるのーとん願いを打ち込んで!
ラッキードッグ1
メルクリウスの青い砂
メルクリウスの青い砂 MIND FRAGMENTS
渡り鳥の門は遠く
The Goddess Of Tears ~Daybreak~
The second reproduction~
彩花~誓い~
Qualia~クオリア~
ラティリカ
冬のお伽ばなし
終雪
漆黒の月

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。